《別海•21世紀枠》野球部メンバー2024年⚡️センバツ

別海高校 野球部 メンバー 特集

別海(北海道•21世紀枠) 野球部メンバー 2024年
🌸新着:個人成績ランキング(投手•打者)はコチラから

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
→センバツ2024年 登録メンバーは別途UPDATE

【2023年 秋季北海道大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 堺暖貴   右/右 2年 北海道・別海町立別海中央中
02 中道航太郎 右/右 2年 北海道・別海町立野付中⭐️
03 立藏諄介  右/左 1年 北海道・札幌市立簾舞中
04 千田涼太  右/右 2年 北海道・別海町立別海中央中
05 鎌田侑寿紀 右/右 1年 北海道・別海町立中春別中
06 影山航大  右/右 2年 北海道・中標津町立計根別学園中
07 川上大翔  左/右 1年 北海道・札幌市立中の島中
08 寺澤佑翔  右/右 2年 北海道・別海町立別海中央中
09 波岡昊輝  右/両 1年 北海道・札幌市立新琴似北中
10 篠原有来  左/右 2年 北海道・別海町立中春別中
11 金澤悠庵  右/右 2年 北海道・別海町立別海中央中
12 橋本流星  右/右 2年 北海道・別海町立別海中央中
13 安達伶音  右/右 1年 北海道・羅臼町立知床未来中
14 林伸悟   右/右 2年 北海道・別海町立中西別中
15 関口光樹  右/右 1年 北海道・別海町立中西別中
16 大野春喜  右/左 1年 北海道・別海町立上春別中

00 野球部監督:島影隆啓(プロフィール・経歴)
⭐️特集ページ: 秋季北海道大会の日程•結果
⭐️本日の高校野球:全国各地 試合予定•結果



[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:初出場。選考委員会の選考理由「別海は北海道東部の別海町に位置。最低気温が0度未満の冬日が年に半分以上あり、日照時間が短いが、農業や漁業に従事する町民の支援を受け、手作りの練習設備を利用する姿などが高校野球の理念にふさわしいと評価。マネジャーを含めて部員19人ながら昨秋は全道大会初勝利を挙げると、準々決勝は延長タイブレークを制して4強入り。最東端の甲子園出場校」


🌸主な戦歴など北海道4強|釧根支部予選では、初戦・釧路明輝に6-2、続く準々決勝・釧路工業に6-1、代表決定戦・釧路江南に5-1で勝利。全道大会では、初戦・苫小牧中央に4x-3(9回サヨナラ)、続く準々決勝・知内に4-3(10回TB)で勝利するも、準決勝で北海に1-6で敗戦。


🌸主な投手陣等チーム防御率:1.5(6位★)、平均失点数:2.7点(20位)、平均失策数:0.8つ(13位)。大黒柱のエース堺暖貴(2年)が躍進の原動力だ。昨秋北海道大会では全6試合に登板して、防御率1.66。初戦・苫小牧中央戦では9回3失点と力投したほか、続く準々決勝・知内戦では延長10回を被安打5・四死球1・奪三振11・失点3と好投し、4強入りに貢献。ルーティンは「スパイクは左から履く」こと。【秋公式戦データ(投球回数順)】堺暖貴(2年)は計48回2/3を投げて、防御率1.66(30位)、奪三振31(28位)、1回あたりの奪三振数0.64(60位)。[個人ランキング]


🌸主な攻撃陣等チーム打率:.237(32位)、平均得点:4.3点(31位)、総本塁打:1本(25位)、平均盗塁数:1.5個(17位)。北海道4強入りを”ドラマチック”に決めたキャプテンの7番中道航太郎捕手(2年・父は漁師)に注目だ。秋公式戦では打率.333・打点10(チーム1位)・本塁打1本をマークし、全道大会の初戦・苫小牧中央戦(4x-3)ではサヨナラ2ラン本塁打(札幌ドームでの高校生第1号)、続く準々決勝・知内戦(4-3 延長10回TB)では10回表に走者一掃となる3点2塁打を放つなど、驚異的な勝負強さを発揮した。打線は、打率.320の1番波岡昊輝(1年)、打率.273の2番影山航大(2年)がチャンスメイク。中軸の3番千田涼太(2年・実家は千田牧場)と4番立藏諄介(1年)は打率2割前半と低調も、ともにチーム最多3盗塁を決めるなど足がある。このあと5番エース堺暖貴(2年)と6番鎌田侑寿紀(1年)がつなぎ、ドラマチックな男・7番中道航太郎(2年)を迎える。[個人ランキング]



[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸史上”最東端”の出場校1990年夏の中標津高校を超える「最東端」の甲子園出場。野球部員は19人(選手16人)。7人が牛にかかわる家で育つ。冬場には酪農で使うビニールハウスを活用した練習場でトレーニングに励む。別海中央中学で全国大会に出場した選手が地元に残り、春・夏・秋の3季を通じて”史上初の4強入り”。別海町には中学校が8校あるが、単独野球部があるのは1校のみ。野球部には中学校で野球経験のない部員が2名いる。


🌸牛の数は人口の約8倍:読み方は「別海:べつかい」。町名は、西別川の河口が大きく曲がっていることから、アイヌ語の「川の折れ曲がっている」を意味する「ペッ・カイエ」に由来。2022年の平均気温は6.8度、最低気温マイナス23度。牛の数は人口(約1万4000人)の約8倍。創立1950年の公立校で、全校生徒257人(酪農や農業の学科がある)。主な卒業生は、平成ノブシコブシの徳井健太。


🌸監督はコンビニ副店長:島影隆啓監督(41)が、外部指導者に就任した2016年当時の部員は4人。監督業のほかに、コンビニのセイコーマート(しまかげ中春別店)で副店長を務め、午前3時から店内調理のおにぎりなどを作るのが日課。なお、21世紀枠の選考委員会において、盛んな酪農や漁業が厳しい状況に置かれる中「野球部の快進撃が町に元気を与えているのは言うまでもない。野球部は町民の希望であり、誇り」とプレゼンされた。個人成績ランキングから追加UPDATE予定



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【別海(21世紀枠)|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=1、C=4 (優勝候補アンケート)
・部員数   :19人(32位) (部員数ランキング)
・試合数   :6戦5勝1敗 (戦歴:北海道)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.237(32位) [平均.330点]
・総得点   :26点(32位) [平均69.1点]
・平均得点  :4.3点(31位) [平均6.9点]
・総本塁打  :1本(25位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.2本(24位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :9個(26位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :1.5個(17位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:1.50(6位) [平均1.93]
・総失点   :16点(8位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.7点(20位) [平均2.4点]
・総失策数  :5つ(5位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :0.8つ(13位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 2023年秋季北海道大会

別海 1-6 北海 (札) ※準決勝
別海   |000|000|010|=1
北海   |200|000|04x|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、別海が背番号1堺暖貴(2年)、北海が背番号10新屋敷寿也(2年)。1回裏、北海は4番大石広那(2年)の2塁打で2点を先制。8回表、別海は7番中道航太郎(2年)が安打で出塁し、続く8番寺澤佑翔(2年)が四球を選んで、無死1・2塁。ここで北海は2人目の背番号11松田収司(1年)に交代。ここで
別海は代打・安達伶音(1年)が四球を選んで、無死満塁。このあと1死満塁から2番影山航大(2年)の内野ゴロで1点を返す。8回裏、北海は四球・野選で2者を出すと、その後に4番大石広那(2年)のスクイズで1点、押出四球で1点を追加し、1-4。このあと別海は2人目の背番号3立藏諄介(1年)に交代。ここで北海は8番吉井天星(1年)の安打で2点を奪い、1-6とリード。北海が6-1で勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】北海は背番号10新屋敷寿也(2年)が7回を被安打3・四死球2・奪三振3・失点1と好投し、その後は背番号11松田収司(1年)が好救援。一方、別海は背番号1堺暖貴(2年)が8回途中までを投げ、被安打5・四死球6・奪三振3・計143球を力投。ここまで快進撃を続けてきた別海は、ベスト4で姿を消した。


別海 4-3 知内(10) (札) ※準々決勝
別海   |100|000|000|3 =4
知内   |000|001|000|2 =3
=====================================
⭐️試合経過⭐️別海が4-3(延長10回TB)で知内に勝利。タイブレーク10回表、別海は6番鎌田侑寿紀(1年)の安打で無死満塁のチャンスを作ると、7番中道航太郎(2年)が走者一掃となる2塁打を放って3点を奪って4-1。10回裏、知内は犠牲フライなどから2点を奪うも及ばず。投げては、別海のエース堺暖貴(2年)が10回を投げ抜き、被安打5・四死球1・奪三振11・失点3・計134球と力投し、ベスト4入りを決めた。


🌸別海の戦歴|秋季北海道大会2023年
・準決勝 :別海 1-6 q北海 ⚫︎
・準々決勝:別海 4-3 q知内(10) 

・2回戦 :別海 4x-3 苫小牧中央
 ——釧根支部予選大会——–
・代表決定:別海 5-1 釧路江南
・準決勝 :別海 6-1 釧路工業 

・準々決勝:別海 6-2 釧路明輝 



[出場校一覧] 全32チーム紹介ページ

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

北海道1枠】
🌸優勝:北海    (北海道1位) →3年ぶり14回目
          ※補欠校:東海大札幌
東北3(従来+1)
🌸優勝:青森山田  (青森1位) →8年ぶり3回目
🌸準優:八学光星  (青森2位) →5年ぶり11回目
🌸4強:学法石川  (福島3位) →33年ぶり4回目
          ※補欠校:一関学院鶴岡東
関東東京:関東4•東京1•比較1枠】
関東
🌸優勝:作新学院  (栃木1位) →2年連続12回目
🌸準優:山梨学院  (山梨1位) →3年連続7回目
🌸4強:健大高崎  (群馬1位) →2年連続7回目
🌸4強:常総学院  (茨城1位) →3年ぶり11回目
🌸8強:中央学院  (千葉1位) →6年ぶり2回目
          ※補欠校(関東):桐光学園花咲徳栄
東京
🌸優勝:関東第一  (東京1位) →8年ぶり7回目
          ※補欠校(東京):創価
北信越3(=2枠+明治神宮大会1枠)
🌸優勝:星稜    (石川1位) →2年ぶり16回目
🌸準優:敦賀気比  (福井3位) →4年連続11回目
🌸4強:航空石川  (石川2位) →4年ぶり3回目
           ※補欠校:北陸帝京長岡
東海3(従来+1)
🌸優勝:豊川    (愛知2位) →10年ぶり2回目
🌸準優:愛工大名電 (愛知1位) →12年ぶり10回目
🌸4強:宇治山田商 (三重1位) →16年ぶり2回目
          ※宇商が2番目、名電が3番目として選出
          ※補欠校:藤枝明誠県立岐阜商業
近畿6枠】
🌸優勝:大阪桐蔭  (大阪1位) →5年連続15回目
🌸準優:京都外大西 (京都1位) →18年ぶり7回目
🌸4強:京都国際  (京都2位) →3年ぶり2回目

🌸4強:耐久    (和歌1位) →初出場
🌸8強:報徳学園  (兵庫1位) →2年連続23回目

🌸8強:近江    (滋賀1位) →2年ぶり7回目
          ※補欠校:履正社須磨翔風
中国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:広陵    (広島1位) →3年連続27回目
🌸準優:創志学園  (岡山1位) →7年ぶり4回目
          ※補欠校:宇部鴻城高川学園
四国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:高知    (高知1位) →3年連続21回目
🌸準優:阿南光   (徳島3位) →32年ぶり2回目
          ※補欠校:鳴門明徳義塾
九州4枠】
🌸優勝:熊本国府  (熊本1位) →初出場
🌸準優:明豊    (大分1位) →3年ぶり6回目
🌸4強:神村学園  (鹿児1位) →9年ぶり6回目
🌸4強:東海大福岡 (福岡1位) →7年ぶり3回目
          ※補欠校:大分舞鶴延岡学園
21世紀枠2枠】
🌸別海 (北海道=4強) →初出場
🌸田辺 (和歌山=準優勝、近畿=初戦) →76年ぶり3回目
          ※補欠校:鶴丸仙台一



[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井   
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次