《東北高校•宮城》野球部メンバー2022年⚡️

東北高校 野球部 2022年

東北高校 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季東北大会2022年ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 ハッブス大起 右/右 2年 小針
02 日隈翔弥  右/右 2年 宮内
03 山田翔琶  左/左 2年 郡山
04 金子和志  右/両 2年 境野
05 佐藤響   右/右 2年 根白石
06 平沢快留  右/左 2年 塚越
07 伊達一也  右/左 2年 生駒
08 渡邊成汰  左/左 2年 古川
09 佐藤玲磨  右/右 2年 寺岡
10 秋本羚冴  左/左 2年 大館東
11 根岸聖也  右/左 2年 邑楽南
12 大竹響   右/右 2年 矢吹
13 井島亮太  右/左 2年 本荘東
14 鳥塚晴翔  右/右 1年 田島
15 小野洋一郎 右/左 2年 塩釜第二
16 布川碧   右/左 1年 八木山
17 池田悠紀  右/右 1年 中原
18 進藤愛輝  右/右 1年 協和
19 渡邉桜成  右/左 1年 船引
20 塚本優真  右/右 2年 東

⚡️特集ページ:東北大会の日程・結果



[戦歴] 秋季東北大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:東北大会の日程・結果

仙台育英(宮2) 6-3 東北(宮1)(県) ※決勝戦
仙台育英|020|200|200|=6
東北  |000|201|000|=3 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️仙台育英が6-3で東北に勝利し優勝、明治神宮大会への出場を決めた。東北地区のセンバツ出場枠は「3枠(例年+1)」。仙台育英は、計11安打。2回表に3番住石孝雄(2年)の2塁打で2点を先制すると、4回表には4番齋藤陽(2年)の3塁打で2点を追加。1点差に迫られた7回表には、無死満塁から8番髙橋煌稀(2年)の安打で2点を奪い、6-3と突き放した。投げては、背番号10湯田統真(2年)が4回を失点2、背番号18田中優飛(2年)が1回2/3を失点1、最後は今大会でも抜群の安定感をみせた背番号1髙橋煌稀(2年)が3回1/3を被安打1・失点0の好投で試合を締めた。敗れた東北は、背番号11根岸聖也(2年)が4回を被安打5・四死球6・失点4、背番号1ハッブス大起(2年)が2回2/3を被安打4・四死球4・失点2、その後は安定感が光る背番号10秋本羚冴(2年)と背番号18進藤愛輝(1年)が継投。投手陣は、あわせて被安打11・与四死球11を記録。攻撃陣は計7安打を放ち、4回裏に2死満塁から代打•布川碧(1年)の安打で2点、6回裏に7番伊達一也(2年)の2塁打で1点と、計3点にとどまった。


聖光学院(福1) 2-6 東北(宮1)(県) ※準決勝
聖光学院|100|100|000|=2
東北  |020|000|04x|=6

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東北が6-2で聖光学院に勝利し決勝進出、センバツ出場(東北出場枠=3)へ大きく前進した。攻撃陣は計10安打、2回裏に4番佐藤玲磨(2年)と6番大竹響(2年・背番号12)によるソロ本塁打2本で2-1と逆転。同点で迎えた8回裏に、1番金子和志(2年)が勝ち越しとなる2ラン本塁打を放ち、4-2。さらに、5番渡邊成汰(2年)と6番大竹響(2年)の連続タイムリーで6-2と引き離した。投手陣は、背番号18進藤愛輝(1年)が先発し、2回表からは背番号1ハッブス大起(2年)が6回を被安打5・四死球0・奪三振1・失点1と好投、最後は背番号10の左腕•秋本羚冴(2年)が2回を無失点に抑え込んだ。敗れた聖光学院は、今大会好投を続けた背番号10の左腕•安齋叶悟(2年)が7回2/3を被安打8・四死球3・奪三振4と力投し、8回途中からは背番号1星名竜真(2年)が継投。攻撃陣は計8安打、序盤に4番三好元気(2年)と6番宮一柊之介(2年)の安打であげた2点にとどまり、5回以降はヒット2本に抑えられた。4強で姿を消した聖光学院は、初戦・利府戦は計17安打で逆転勝利、準々決勝・由利戦は延長11回の末にスクイズでサヨナラ勝利と、次世代のナインも粘り強く泥臭い野球を魅せた。



[戦歴] 秋季東北大会2022年(2/2)

山形中央(山1) 2-4 東北(宮1)(県) ※準々決勝
山形中央|000|002|000|=2
東北  |000|000|04x|=4

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東北が4-2で山形中央に逆転勝利。東北は、7回までヒット2本に抑えられ、2点を追いかけて迎えた8回裏、7番伊達一也(2年)が2塁打で出塁し、その後2つの四球から2死満塁のチャンスを作ると、2番鳥塚晴翔(1年)の内野安打で1点、3番山田翔琶(2年)の内野安打に悪送球が絡んで2点を奪い、3-2と逆転。さらに4番佐藤玲磨(2年)の安打で1点を追加し4-2とした。投手陣は、背番号1ハッブス大起(2年)が6回を被安打5・四死球2・奪三振7・失点2・計88球と力投し、背番号10秋本羚冴(2年)が3回を被安打2・四死球1の好投で、逆転劇への流れを作った。敗れた山形中央は、背番号1武田陸玖(2年)が9回を被安打6・四死球3・奪三振10と好投するも、最後は逆転を許した。抜群の緩急と制球力、センスの光るフィールディング・牽制も冴えるなど、鮮やかな印象を刻んだ好左腕だった。攻撃陣は計7安打、6回表に4番渡邉聖翔(2年)の安打で1点、5番戸村良和(2年)のスクイズで1点を奪うも、その後は得点を奪えなかった。


八工大一(青3) 2-3x 東北高校(宮1)(き) ※初戦
八工大一|101|000|000|=2
東北・・|001|000|011|=3x 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東北が3x-2(9回サヨナラ)で八工大一に勝利。9回裏、先頭から2者が失策で出塁し、犠打で送って1死2・3塁のチャンスを作ると、7番伊達一也(2年)がサヨナラ打を放って決着。攻撃陣は計7安打、中でも1番金子和志(2年)は8回裏に同点となる3塁打を放つなど、4打数2安打2打点と活躍。投手陣は、背番号1ハッブス大起(2年)が3回2失点も、その後を託された背番号10秋本羚冴(2年)が6回を被安打4・四死球1・奪三振3・失点0と好投し逆転劇を引き寄せた。敗れた八工大一は、背番号1齋藤駿(2年)が完投して被安打7・四死球1・奪三振7の好投を見せるも、守備陣が失策4。攻撃陣は計8安打を放つも2得点にとどまった。



[戦歴] 秋季宮城県大会2022年

⭐️特集ページ:宮城大会の日程・結果

東北高校の戦歴|秋季宮城大会2022年】
・決勝戦 :東北 02-1 仙台育英
・準決勝 :東北 07-1 利府
・準々決勝:東北 14-0 仙台第二(5)
・3回戦 :東北 02-0 佐沼
・2回戦 :東北 03-0 古川工業
・1回戦 :東北 10-0 宮城県農業(5)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路