《社高校・やしろ》野球部メンバー2022年⚡️夏の甲子園

社(やしろ) 野球部メンバー 2022年

社高校(やしろ・兵庫) 野球部 夏の甲子園2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

【兵庫大会の成績】スポーツ紙の評価:A=0、B=4、C=1。打率:.274(48位) 、平均得点:6.6点(39位) 、総本塁打:3本(13位) 、平均盗塁数:2.3個(16位) 、平均犠打数:3.1個(16位) 、平均失点数:1点(8位) 、平均失策数:0.6個(15位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 芝本琳平  右/右 3年 兵庫•加古川
02 笠井康生  右/左 3年 兵庫•飾磨中部
03 勝股優太  右/右 3年 兵庫•玉津
04 後藤剣士朗 右/左 3年 兵庫•大社 ⭐️
05 岡本遥輝  右/左 3年 兵庫•西脇南
06 福谷宇楽  右/右 3年 兵庫•津名
07 大西悠斗  右/左 3年 兵庫•社
08 北浦一将  右/右 3年 兵庫•鳥帽子
09 七條和也  右/左 3年 兵庫•浜の宮
10 堀田柊   右/右 3年 兵庫•宝塚第一
11 年綱皓   左/左 2年 兵庫•豊富
12 山本壮馬  右/右 3年 兵庫•善防
13 谷口翔英  右/右 3年 兵庫•加美
14 隈翼    右/右 2年 兵庫•伊川谷
15 藤井竜之介 右/右 2年 兵庫•西脇
16 山本彪真  左/左 2年 兵庫•平岡南
17 坪井翔太郎 右/右 3年 兵庫•社
18 吉田和哉  右/右 3年 兵庫•西脇東




[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:兵庫の県立高校で、読み方は「やしろ=社」。創部74年目で夏は初出場。センバツは2004年に1度出場経験がある。チームは、昨秋は県優勝、進んだ秋季近畿大会では1回戦で近江と対戦し10-11で惜敗。今春は県3位。OBには近本光司(阪神)、辰己涼介(楽天)ら。


②ポイント:初進出した決勝・神戸国際大附(前年優勝校)との一戦は、延長14回TB(3時間29分)の死闘となり、6-3で競り勝った。日々の数えきれないほどの守備練習が身を結び、再三のピンチをしのいだ。まず9回裏2死2塁ではエース芝本琳平(3年)による牽制死で、12回裏には一塁強襲ゴロをファースト勝股優太(3年)とエース芝本(3年)による間一髪の神業連携で、14回裏には無死満塁でサードライナーを併殺。耐えて守って、初の聖地への切符を掴みとった。


③ポイント:大会屈指の2枚看板に注目だ。最速147キロのエース芝本琳平(3年)と、安定感抜群の背番号10堀田柊(3年)が軸となり、計5投手が揃う。高い投手力と堅守が持ち味で、全7試合で失点はわずか7点、1試合平均失点は1点(出場校8位)。初戦の2回戦・飾磨工戦は5-3で勝利すると、その後の3〜5回戦まではいずれも「完封&コールド」で勝ち上がった。


④ポイント:準々決勝では、報徳学園を破った明石商業と対戦し(2-0)、背番号10堀田柊(3年)がわずか被安打1で完封。準決勝・長田戦(5-1)は、エース芝本琳平(3年)が初先発して7回2/3を奪三振8・失点1と好投。決勝は、背番号10堀田柊(3年)が先発して8回2/3を2失点、その後エース芝本琳平(3年)が5回1/3を1失点と好投した。


⑤ポイント:攻撃陣は、チーム打率.274(48位)、全7試合で46得点、3試合でコールド勝利。1試合平均で盗塁数は2.3個(16位)、犠打数は3.1個(16位)と堅実な攻めを見せる。打者では、3番福谷宇楽(3年)に注目だ。打率.520・チーム最多12打点の好成績を残し、準々決勝・明石商業戦では3回に決勝点となる2ラン、決勝・神戸国際大附戦では延長14回表に勝ち越し打を記録。ショートでは堅守を誇り、チームのシンボルとも言える好プレイヤーだ。



[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月14日(日) 2回戦 [9日目]
10:30 二松学舎 7-5 社(やしろ)
==========================
⭐️試合結果⭐️二松学舎が7-5で社に勝利。エース辻大雅(3年)が7回を被安打4・四死球3・奪三振4・失点2・計117球と好投。最後は、背番号18重川創思(2年)が2点差に迫られるも抑え込んだ。攻撃陣は計13安打で7得点。3回裏に、背番号14中川龍斗(2年)の2点3塁打で先制すると、4番瀬谷大夢(3年)の安打で1点、背番号15片井海斗(1年)のソロ本塁打で1点を追加し、計4点を奪って主導権を握った。1年生の4番片井海斗(1年)は4打数2安打2打点(ソロ弾含む)と活躍が光った。敗れた社は、序盤に持ち前の堅守が崩れて流れを譲った。投手陣は、背番号10堀田柊(3年)が4回2/3を、その後は背番号1芝本琳平(3年)が登板。攻撃陣は、7回表に7番勝股優太(3年)の2ランで反撃開始。8回表には、2番後藤剣士朗主将(3年)の3塁打で1点、3番福谷宇楽(3年)の犠牲フライで1点。9回表には、9番山本彪真(2年)の安打で1点を奪って2点差に迫り、なお2死満塁のチャンスを作るも後続が続かなかった。地元兵庫代表には、大きな声援が贈られた。


8月9日(火) 1回戦 [4日目]
15:30 県立岐阜商業 1-10 社(やしろ)
==========================
⭐️試合結果⭐️地元・社が10-1で県立岐阜商業に勝利。背番号10堀田柊(3年)が9回を被安打6・四死球0・奪三振5・計111球で完投。攻撃陣は計13安打。3番福谷宇楽(3年)は5打数2安打3打点、ショートの守備では唸らせるような好守が光った。このほか、1番大西悠斗(3年)が4打数4安打2打点、4番笠井康生(3年)が4打数3安打1打点と活躍。敗れた県立岐阜商業は、新型コロナ影響で主力が大幅に離脱。急造で作り上げたメンバーで試合に臨んだ。投手陣は、背番号11山口恵悟(2年)、背番号15小林希(2年)、背番号13古賀暖人(3年)、背番号10池田諒真(1年)、背番号16森厳徳(1年)の5人が登板。失策は4つ。攻撃陣は6安打も、8回に髙井咲來(2年)が2塁打で出塁し、その後内野ゴロの間に1点をもぎ取った。仲間を思い、葛藤を抱えながらナインは戦い続けた。



[チーム成績] 夏の兵庫大会 

【社(やしろ)|夏の兵庫大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=0、B=4、C=1
⭐️部員数:65人(37位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.274(48位) [平均.355点]
・総得点  :46点(20位) [平均44.3点]
・平均得点 :6.6点(39位) [平均7.9点]
・総本塁打 :3本(13位) [平均2.8本]
・平均本塁打:0.4本(22位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :16個(11位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:2.3個(16位) [平均1.8個]
・総犠打数 :22個(5位) [平均14.8個]
・平均犠打数:3.1個(16位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :7点(15位) [平均10点]
・平均失点数:1点(8位) [平均1.8点]
・総失策数 :4個(21位) [平均4.4個]
・平均失策数:0.6個(15位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:7試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値



[チーム戦歴] 夏の兵庫大会 

⚡️特集ページ:兵庫大会の日程・結果

【決勝スコア:社 6-3 神戸国際大附 (14TB)】
・・・|010|010|000|000|13 =6
神戸国際|002|000|000|000|10 =3 

【社の戦歴|夏の兵庫大会2022年】
・決勝  :社 06-3 神戸国際大附(14)
・準決勝 :社 05-1 長田
・準々決勝:社 02-0 明石商業
・5回戦 :社 08-0 科学技術(7)
・4回戦 :社 08-0 尼崎西(7)
・3回戦 :社 12-0 篠山産(7)
・2回戦 :社 05-3 飾磨工

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南



[過去戦歴] 秋季近畿大会2021年

近江高校(滋賀③) 11-10 社高校(兵庫①) ※1回戦
近江・・|300|040|013|=11
・・・|000|150|040|=10

=========================
⭐️試合経過⭐️先発は近江が背番号9星野、背番号1山田はライト&4番でスタメン出場。対する社の先発は、背番号10堀田。試合は1回表、近江は3つの四球から2死満塁とし、6番川元ひなたの安打で2点を先制。7番星野が四球を選んで2死満塁とし、8番大橋は押出死球で1点を追加し、3-0。ここで社は先発堀田からエース芝本に交代し後続を断つ。3回表、近江は5番岡崎・6番川元・7番星野の3連打で1死満塁も、8番大橋が併殺に倒れて無得点。4回裏、社は3番福谷が2塁打で出塁し犠打で送ると、投手暴投から1点を返す(3-1)。さらに2死1・2塁の場面で、近江は先発星野から背番号10外義に交代。社は8番坪井が死球となり2死満塁のチャンスを作るも、代打友藤が見逃し三振で追加点ならず。5回表、近江は再び2死満塁のチャンス(この試合3回目)を作ると、9番福西の安打で2点を追加し、5-1。さらに1番横田が死球で2死満塁とすると、2番中瀬の安打でさらに2点を加えて7-1。5回裏、社は四球と3番福谷の2塁打などから2死2・3塁とすると、5番勝股の安打で2点、6番芝本の安打で1点を奪い、7-4。さらに7番岡本が2塁打で続き、2死2・3塁。ここで近江は3人目の背番号18副島に交代。さらに社は相手バッテリーミス2つから2点を奪い、7-6と1点差に迫る。6回表、社は3人目として背番号10吉田に交代。8回表、近江は1番横田が2塁打で出塁し、3番小竹が3塁打で返して1点を追加し、8-6。8回裏、社は先頭から2者が四球を選び、無死1・2塁。ここで近江は4番手として背番号6横田に交代。社は2番大西の安打で無死満塁のチャンスとし、3番福谷(この日3打数3安打)の犠牲フライで8-7と1点差。さらに5番勝股のタイムリーで1点を奪い、8-8と同点に追いつく。さらに6番打者のエース芝本が2点2塁打を放ち、10-8と勝ち越し。9回表、2点を追いかける近江の攻撃。社はここでエース芝本が再びマウンドへ。近江は先頭から2者連続死球で無死1・2塁のチャンス。その後2者が倒れたのち、1番横田が四球を選んで2死満塁。ここで2番中瀬が走者一層となる2塁打を放ち、11-10と逆転。9回裏、近江は4番手の背番号6横田が社打線を3者凡退に切って取り、ゲームセット。


⭐️試合総評⭐️両チーム21安打&21四死球の乱打戦は、8回裏に2点のリードを奪われた近江が9回表に2死満塁から2番中瀬樹の走者一層となる2塁打で11-10と逆転。9回裏には公式戦初マウンドとなる4人目の背番号6横田悟(1年)が3者凡退に抑えた。近江の投手陣は星野・外義・副島・横田の4人が登板し、被安打9・四死球11を記録。右肘の故障で投げられないエース山田をカバーした。敗れた社は一時最大6点差を追いつき、8回裏には芝本の勝ち越し打でリードを奪うなど粘りを見せるも、9回表にエース芝本が先頭から2者に死球を与えるなど踏ん張りきれなかった。



[過去戦歴] 秋季兵庫大会2021年

【社高校の戦歴|秋季兵庫大会2021年
・決勝戦 :社 05-2 神戸学院大附属
・準決勝 :社 04-1 東洋大姫路
・準々決勝:社 07-1 市川
・3回戦 :社 11-0 県伊丹(6)
・2回戦 :社 02-0 神港学園

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号