《クラーク記念国際》野球部メンバー2022年⚡️北海道大会

クラーク記念国際 野球部 2022年

クラーク記念国際 野球部 2022年 特集!

【2022年春季北海道大会 ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 山中麟翔  左/左 3年 札幌栄南
02 麻原草太  右/右 2年 札幌厚別南
03 辻田旭輝  右/右 3年 江別大麻
04 小野陽翔  右/左 3年 青森・つがる森田
05 越智飛王  右/右 3年 石狩花川
06 新岡歩輝  右/右 2年 青森・つがる市立木造
07 藤野侑真  右/右 3年 東京・青梅市立西
08 新岡真輝  右/右 3年 青森・つがる市立木造
09 金原颯   左/左 3年 宮城・大崎市立松山
10 白取太郎  左/左 3年 恵庭恵明
11 藤井彩斗  右/右 3年 岩見沢栗沢
12 能登屋瑛介 右/右 3年 東京・台東区立駒形
13 酒井一星  右/右 3年 石狩花川北
14 髙橋大河  右/右 3年 宮城・仙台市立沖野
15 乾健太   右/右 3年 綾瀬綾北
16 吉田暁登  右/左 2年 柏崎鏡が沖
17 坂本劣陽  右/左 2年 つがる車力
18 田中聖人  右/右 2年 札幌北辰
19 中村光琉  右/左 2年 滝川江陵
20 安部政信  右/右 2年 江南宮田
21 高木馴平  右/左 2年 岩見沢東光
22 児玉旭陽  左/左 1年 仙台折立
23 髙橋歩希  右/左 1年 足利北
24 豊沢羅貴  右/右 1年 鯵ヶ沢
25 山田陽紫  右/右 1年 羽村第二

⚡️特集ページ:北海道大会の日程・結果


【センバツ2022年 ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 山中麟翔  左/左 2年 札幌市立栄南
02 麻原草太  右/右 1年 札幌市立厚別南
03 辻田旭輝  右/右 2年 江別市立大麻
04 藤野侑真  右/右 2年 東京・青梅市立西
05 越智飛王  右/右 2年 石狩市立花川
06 新岡歩輝  右/右 1年 青森・つがる市立木造
07 白取太郎  左/左 2年 恵庭市立恵明
08 新岡真輝  右/右 2年 青森・つがる市立木造
09 金原颯   左/左 2年 宮城・大崎市立松山
10 小野陽翔  右/左 2年 青森・つがる市立森田
11 中村光琉  右/左 1年 滝川市立江陵中
12 能登屋瑛介 右/右 2年 東京・台東区立駒形
13 髙橋大河  右/右 2年 宮城・仙台市立沖野
14 酒井一星  右/右 2年 石狩市立花川北
15 田中聖人  右/右 1年 札幌市立北辰
16 坂本劣陽  右/左 1年 つがる市立車力
17 吉田暁登  右/左 1年 柏崎市立鏡が沖
18 安部政信  右/右 1年 江南市立宮田




[センバツ2022年] チーム特集

⭐️秋季大会の主な戦歴:北海道大会は初優勝。地区大会3試合はいずれも無失点。全道大会では決勝までの5試合でわずか6失点と投手陣に安定感がある。全道大会初戦=駒大苫小牧に4-1、2回戦=北海に6-2、準々決勝=立命館慶祥に5-1、準決勝=東海大札幌に5-1、決勝は旭川実業に3-1と強豪校を次々と撃破し優勝。初出場した明治神宮大会では、初戦で九州国際大付属に1-5で敗れた。【戦歴:北海道大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️チーム紹介サマリー:“出場校2位”のチーム防御率1.11″を持つ山中麟翔・辻田旭輝のWエース”に注目だ。最速138キロの左腕山中麟翔(2年)は7試合36回を投げて防御率1.00(出場選手3位)、与死四球9(出場選手3位)。背番号3の右腕辻田旭輝(2年)は、6試合33回を投げて防御率1.09(出場選手7位)、1イニング中の奪三振数1.42個(出場選手1位)と高い制球力を誇る。攻撃陣は、好打者の山中・辻田に加えて、6人兄弟で兄2人も同校野球部出身の2番金原颯(2年)が打率.481、ムードメーカーの6番越智飛王(2年)が打率.481・打点11と好成績を残す。秋は背番号10の藤野侑真(2年・寮長)は、打率.313・打点13(チーム1位)・本塁打2本(準々決勝で2ラン)と勝負強い。また、打率.393のセンター新岡真輝(2年・兄)と打率.406のショート新岡歩輝(1年・弟)は、津軽海峡を渡ってきた青森出身の兄弟で、センターラインを任される。



[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0。打率:.364(5位)、平均得点:8点(11位)、本塁打:2本(16位)、平均盗塁数:1.9個(12位)、防御率:1.11点(2位)、平均失点数:1.2(1位)、平均失策数:0.8(13位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:北海道大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️投手力:チーム防御率1.11点(出場校2位)の好成績を持つ”左右Wエース” に注目だ。最速138キロの左腕・山中麟翔(りんと・2年)は、7試合36回を投げて防御率1.00(出場選手3位)、奪三振33、与死四球9(出場選手3位)と制球力が高い。全道大会では駒大苫小牧戦(4-1)と北海戦(6-2)では完投した。2枚看板の背番号3の右腕・辻田旭輝(あさひ・2年)は、6試合33回を投げて防御率1.09(出場選手7位)、奪三振47、1イニング中の奪三振数1.42個(出場選手1位)、与死四球11と好投し、躍進の原動力に。ともに打撃面でも高いセンスを持ち、投打で中核を担うキーマンだ。


⭐️攻撃力:チーム打率.364(5位)と攻撃力も高い。全道大会全5試合中3試合で2桁安打を記録し、犠打(計18)で堅実に送るほか、盗塁(1試合あたり1.9個)など足を絡めた機動力もある。ムードメーカーの6番越智飛王(2年)は打率.481、打点11と好調だ。6人兄弟で兄2人も同校野球部出身の2番金原颯(2年)は打率.481、1年生の4番麻原草太(1年)は、長打力もあり捕手としては好リードをみせる。監督含め野球部全員が暮らす寮の寮長を務め、秋は背番号10の藤野侑真(2年)は、打率.313・打点13(チーム1位)・本塁打2本(準々決勝で2ラン)。また、中堅手の新岡真輝(まなき・2年)と遊撃手の新岡歩輝(あゆき・1年)は、津軽海峡を渡って青森(つがる木造中学)から進学した兄弟で。実家は農家を営み、「輝」は”輝いて欲しい”という意味合いが込められているという。


⭐️クラークの歴史:1992年創立の広域通信制高校。本部は北海道深川市だが、日本全国に約50の拠点を持ち、全生徒数は約1万人。冒険家で知られる三浦雄一郎さんが校長。佐々木監督は、監督・部長として駒大岩見沢(現在廃校)を春夏12回の甲子園出場に導き、センバツ4強入りを含め通算9勝。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):左腕エース山中麟翔(2年)は防御率=1.00(3位)、与四死球数=9個(3位)。右腕エース辻田旭輝(2年)は防御率=1.09(7位)、奪三振数(1回あたり)=1.42個(1位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング



[戦歴] センバツ2022年

クラーク 2-3x 九国大付(10) ※1回戦
クラーク|101|000|000|00=2
九国大付|020|000|000|10=3x

======試合のみどころ============
北海道王者と九州王者が、聖地で再び激突する。明治神宮大会では5-1で九国大付が勝利。クラークの“山中麟翔(2年)辻田旭輝(2年)のWエース”が、九国大付の超強力打線に再び立ち向かう。攻撃陣は、6番越智飛王(2年)や野球部寮長の藤野侑真(2年)らのキーマンがバットで投手陣を援護したい。対する九国大付は、本塁打5本・打点25を挙げた4番佐倉俠史朗(1年)、主将&捕手&投手を務める5番野田海人(2年)、抜群の安定感を持つ左腕エース香西一希(2年)などタレントが揃う。強力打線の”チームの顔”、恐怖の1番黒田義信(2年)の第1打席にも注目だ。なお、3月18日は野田海人(2年)の”17歳の誕生日”。
======試合結果・総評レポート========
九国大付が3x-2(延長10回)でクラークに勝利。明治神宮大会の再戦を再び勝利した。両チーム無失策&投手戦となった試合は、延長10回裏、2番中上息吹(2年)・3番小田原義(2年)が連打で出塁すると、1年生の4番佐倉俠史朗(1年)の犠牲フライで決着。攻撃陣はヒット7本。左腕エース香西一希(2年)は、延長10回を一人で投げ抜き、被安打4・死四球0・奪三振3・103球と好投した。敗れたクラークは、山中麟翔(2年)辻田旭輝(2年)のWエースが登板。特に辻田は、8回1/3をロングリリーフして、被安打7・死四球1・奪三振11と好投が光った。山中・辻田コンビは、相手打線で注目の佐倉(1年)・野田海人主将(2年)にはヒットを1本も許さなかった。攻撃陣は、1回表に山中の2塁打で1点、3回に藤野侑真(2年)の内野ゴロで1点を奪うも、4回以降はノーヒットに終わった。



[チーム成績] 秋の公式戦データ集

【秋の戦歴:北海道大会(優勝)明治神宮(初戦)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.364(5位) [平均.328]
・得点   :72点(11位) [平均69.2点]
・平均得点 :8点(11位) [平均7.1点]
・本塁打  :2本(16位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.2本(20位) [平均0.4本]
・盗塁数  :17個(14位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:1.9個(12位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :11(2位) [平均25.6]
・平均失点数:1.2(1位) [平均2.8]
・防御率  :1.11点(2位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.1点(1位) [平均0.3点]
・失策数  :7(13位) [平均8.1]
・平均失策数:0.8(13位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:9戦8勝1敗
※部員数:28人(31位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 秋の公式戦 上位ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
山中麟翔 3年 防御率=3位:1.00(計7試合/計36回)
・山中麟翔 3年 奪三振数=23位:33個(計7試合/計36回)
・山中麟翔 3年 奪三振数(1回あたり)=13位:0.92個
・山中麟翔 3年 与四死球数=3位:9個(計7試合/計36回)
・山中麟翔 3年 与四死球(1回あたり)=13位:0.25個
辻田旭輝 3年 防御率=7位:1.09(計6試合/計33回)
・辻田旭輝 3年 奪三振数=14位:47個(計6試合/計33回)
・辻田旭輝 3年 奪三振数(1回あたり)=1位:1.42個
・辻田旭輝 3年 与四死球数=7位:11個(計6試合/計33回)
・辻田旭輝 3年 与四死球(1回あたり)=21位:0.33個
・藤野侑真 3年 打点=20位:13点(9試合)
・藤野侑真 3年 本塁打数=16位:2本(9試合)
・越智飛王 3年 打率=16位:481(27打数13安打)
・金原颯  3年 打率=16位:481(27打数13安打)
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 明治神宮大会2021年

⚡️特集ページ:明治神宮大会の日程・結果

九国大付(九州) 5-1 クラーク(北海道) ※初戦
九国大付|003|010|001|=5
クラーク|000|100|000|=1

==============================
⭐️試合総評⭐️九国大付が5-1でクラークに勝利、1時間42分の引き締まった投手戦を制した。制球力抜群のエース香西一希が9回完投し、被安打5・与死四球0・奪三振3・失点1(計92球)と好投。強力打線のチームは、計10安打を記録。まず3回表に、ヒットと失策から1死1・2塁のチャンスを作ると、2番中上の3塁打で2点、3番大島の安打で1点。その後、5回表に押出四球から1点、9回表に1年生の4番佐倉の安打で1点を奪い、5-1とした。この試合、2番中上息吹は5打数3安打2打点(3塁打1本、2塁打2本=全て長打)と活躍が光った。敗れたクラークは、背番号3辻田旭輝と背番号1山中麟翔のWエースが継投し、計5失点も力を魅せた。先発した辻田は4回2/3を被安打6・与死四球3・失点4と力投。その後、エース山中が4回1/3を被安打4・四球1・失点1と好投した。攻撃陣は、計5安打に押さえ込まれ、得点は4回裏に4番藤野の内野ゴロによる1点にとどまった。

[戦歴] 秋季北海道大会2021年

【クラークの戦歴|秋季北海道大会2021年】
・決勝戦  :クラーク 3-1 旭川実業
・準決勝  :クラーク 5-1 東海大札幌

・準々決勝 :クラーク 5-1 立命館慶祥
・2回戦  :クラーク 6-2 北海 
・1回戦  :クラーク 4-1 駒大苫小牧
—–地区大会——————————
・代表決定戦:クラーク 15-0 滝川工業(5)
・2回戦  :クラーク 04-0 深川西
・1回戦  :クラーク 29-0 岩見沢西(5)



[詳細] 秋季北海道大会2021年

◆決勝戦:クラーク 3-1 旭川実業 ※10/12(火)
クラーク|100|001|100|=3
旭川実業|000|001|000|=1

——————————————
⭐️試合結果⭐️クラークが3-1で旭川実業に勝利し初優勝!センバツの北海道出場枠は「1」となり、来春センバツ出場が有力に。先発した背番号3の辻田旭輝が6回裏に一度マウンドから降りるも、9回裏途中から再登板。6回1/3を投げて被安打4・四球2・奪三振8と好投。中盤は、エース山中麟翔が投げ、2回2/3を被安打2・四球1・奪三振3と力投した。攻撃陣は、1年生の4番麻原草太、6番越智飛王、1番のキャプテン白取太郎が打点1を記録。出塁した走者を確実に犠打で進め、盗塁3を決めるなど機動力も光った。今大会、クラークは駒大苫小牧や北海などの強豪を撃破し、堂々の優勝。初戦・駒大苫小牧戦と2回戦・北海戦ではエース山中が2試合連続完投、準決勝・決勝では背番号3を背負う辻田旭輝が好投し、地区大会3試合はいずれも無失点、全道大会全5試合で6失点(1試合2点以上許さず)と投手陣が力を見せた。攻撃陣は、越智飛王(19年7月に同校の父母会長も務めていた父が他界)や新岡兄弟のほか、1年生の4番麻原や準々決勝で2ランを放った9番藤野(寮長)などの活躍が光った。一方の敗れた旭川実業は、エース佐々木聖和(せな)が8回を投げて被安打9・四球2・奪三振6と粘投するも、攻撃陣が6安打に抑えられた。決勝までの3試合はいずれも1点差ゲームの接戦を制するなど粘りの野球を見せた。


◆準決勝:東海大札幌 1-5 クラーク ※10/10(日)
東海大札幌|100|000|000|=1
クラーク|000|013|10x|=5

——————————————
⭐️試合結果⭐️クラークが5-1で東海大札幌に勝利し、決勝進出。クラークは先発した背番号3の辻田旭輝が9回を一人で投げ抜き(計142球)、被安打7・四死球2・奪三振11の好投でチームを勝利に導いた。打っては7番の越智飛王が、5回に同点につながる2塁打、6回には2点2塁打を放つなど、4打数2安打2打点と活躍した。一方の東海大札幌は7安打を放つも1回表に相手のバッテリーミスで奪った1点にとどまった。


◆準々決勝:クラーク 5-1 立命館慶祥 ※10/4(月)
クラーク|002|101|010|=5
立命館慶祥|000|001|000|=1

——————————————
⭐️試合結果⭐️クラークが5-1で立命館慶祥に勝利。注目投手のエース山中麟翔は、5回を投げて被安打1・四死球1・奪三振4で無失点と好投。その後、6回から背番号6 新岡に継投(1失点)、7回途中から背番号3 辻田が相手打線を無失点に抑えた。攻撃では、3回表に9番藤野(寮長を務める)の2ラン本塁打で2点を先制。その後、4回表に相手失策から1点、6回表に6番新岡の安打で1点、8回表に7番越智の安打で1点を奪い、合計5得点。一方の立命館のエース杉本は、9回を一人で投げ抜き被安打9・四死球1・奪三振1と力投を見せた。一方、守備では失策3、攻撃陣は4安打に押さえ込まれた。



北海道 高校球児の進路・進学先

【北海道】
北海 旭川大高 旭川実業 北照 クラーク
苫小牧中央 駒大苫小牧 札幌大谷 札幌日大
札幌第一 札幌光星 札幌創成 白樺学園 知内
東海大札幌 江陵 武修館 北星学園 北海道栄
北海道科学大学 札幌国際情報 北見北斗
とわの森三愛 札幌山の手 札幌龍谷 遠軽
釧路江南 旭川北 稚内大谷 鵡川 立命館慶祥
帯広農業 札幌新陽 札幌丘珠 北見柏陽
帯広緑陽 函館大学付属有斗 小樽水産
帯広北 旭川龍谷 旭川永嶺 富良野 別海
大野農業 小樽双葉