《光高校(山口)》野球部メンバー2022年⚡️

光高校(山口) 野球部メンバー2022年

光高校(山口) 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季中国大会2022年ベンチ入りメンバー】
==守備・名前・学年・投打・出身中学==
01 升田早人 右/右 2年 岐陽
02 福原将斗 右/左 1年 島田
03 奥村拓真 右/左 2年 岐陽
04 林大遥  右/右 2年 末武
05 丸次亮弥 右/右 2年 下松
06 田中春樹 右/右 2年 柳井
07 岡本一颯 右/右 2年 玖珂
08 谷川忠幸 左/左 1年 秋月
09 藤井啓輔 右/右 2年 岐陽
10 松中怜或 右/右 2年 下松
11 水津将太 左/左 2年 岐陽
12 井手遥斗 右/右 2年 島田
13 大谷優輝 左/左 2年 浅江
14 小川侠弥 右/左 2年 田布施
15 安本泰央 右/左 2年 柳井
16 広政聡汰 左/左 2年 末武
17 菊本瑛大 右/右 2年 室積

17 田原拓実 右/右 2年 島田 ※新規
18 藤本翔也 右/左 1年 光井

⚡️特集ページ:中国大会の日程・結果



[戦歴] 秋季中国大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:中国大会の日程・結果

光(山3) 0-13 広陵(広1)(し) ※決勝
光   |000|0⓪0|000|=0
広陵  |001|0⑩1|10x|=13

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が13-0で光に勝利し、優勝。中国代表として明治神宮大会へ出場する。攻撃陣は、計13安打で13得点。1点リードして迎えた5回裏、1番田上夏衣(2年)のソロ本塁打で1点、4番小林隼翔(2年)の2塁打で1点、5番只石貫太(1年)の安打で2点、6番中尾湊(2年)の安打で1点、押出四球で1点、1番田上夏衣(2年)の満塁ランニング本塁打(記録:3塁打と失策)で4点を奪い、この回一挙10点を挙げて試合を優位に進めた。投手陣は、背番号11倉重聡(2年)が6回を被安打2・四死球1・奪三振4と好投し、その後は背番号17岡山勇斗(2年)・背番号10横川倖(2年)が継投。一方、今大会で快進撃を続けてきた光は、攻撃陣が3安打に抑えられて得点は奪えず。全試合で先発完投してきた背番号1升田早人(2年)は、この試合も9回を一人で投げ抜き、被安打13・四死球6・奪三振1・失点13・計151球と力投。守備陣の乱れもあって5回裏には大量10点を奪われるも、序盤と終盤では持ち前の制球力と粘り強いピッチングで試合を作った。


高川学園(山1) 1-2 光(山3)(し) ※準決勝
高川学園|000|000|100|=1
光   |000|100|01x|=2 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️光が2-1で高川学園に勝利。背番号1升田早人(2年・マスダハヤト)が9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球1・奪三振5・失点1・計113球の好投でチームを決勝に導いた。守備陣も失策0で力投するエースを盛り立てた。攻撃陣は計8安打。4回裏に3番奥村拓真(2年)が安打で出塁すると、犠打と内野ゴロから2死3塁とし、ここで6番田中春樹(2年)がタイムリーを放ち、まず1点を先制。同点で迎えた8回裏、1死から2番谷川忠幸(1年)、3番奥村拓真(2年)が連続ヒットで出塁すると、4番藤井啓輔(2年)が決勝点となるタイムリーを放って、2-1とした。敗れた高川学園は、背番号1葛西泰輝(1年)が8回裏途中までを投げ、被安打7・四死球2・奪三振4と好投するも、8回裏に強襲打を浴びて無念の降板。その後は背番号10河野唄志(2年)が登板。攻撃陣は計4安打に抑えられ、得点は7回裏に5番曽我輝(1年)の安打で奪った1点にとどまった。



[戦歴] 秋季中国大会2022年(2/2)

創志学園(岡2) 5-6 光(山3)(み) ※準々決勝
創志学園|400|000|010|=5
光   |011|301|00x|=6 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️光が6-5で創志学園に勝利。エース升田早人(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打9・四死球2・奪三振6・失点5・計103球の好投でチームを4強に導いた。攻撃陣は計12安打。初回に4点を先制されるも、2回裏に3塁打で出塁した5番岡本一颯(2年)を内野ゴロで返してまず1点、3回裏には5番岡本一颯(2年)の犠牲フライでさらに1点を返して、2点差。迎えた4回裏、相手暴投から1点、2番谷川忠幸(1年)の安打で1点、4番藤井啓輔(2年)の安打で1点を奪い、5-4と逆転。さらに6回裏には、4番藤井啓輔(2年)の3塁打で1点を追加し、6-4と引き離した。打者では、3番奥村拓真(2年)が5打数3安打、4番藤井啓輔(2年)が4打数3安打2打点、5番岡本一颯(2年)が3打数2安打1打点と活躍が光った。敗れた創志学園は、背番号11山口瑛太(1年)・背番号10中野光琉(1年)・背番号1小澤比呂(2年)・背番号16石原煌ノ介(2年)・背番号18横田拓海(2年)の5投手が登板。攻撃陣は計9安打を放って初回には4点を先制するも、3回以降はヒット2本に抑えられた。


光(山3) 3-0 浜田(島1)(み) ※初戦
光   |002|000|010|=3
浜田  |000|000|000|=0 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️光が3-0で浜田に勝利。背番号1升田早人(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打2・四死球4・奪三振12・失点0・計126球の好投で、夏の甲子園出場チーム・浜田を完封。攻撃陣は計11安打を記録し、まず3回表にヒットと死球でチャンスを作ると、5番岡本一颯(2年)・6番田中春樹(2年)の連続タイムリーで2点を先制。その後、終盤の8回表には、8番林大遥(2年)の2塁打で1点を追加し、3-0とした。打者では6番田中春樹(2年)が5打数3安打1打点と活躍が光った。敗れた浜田は、背番号1波田瑛介(2年)が7回1/3を登板し、その後は背番号6近堂哲也(2年)に継投。攻撃陣はわずか2安打に抑えられ、得点が奪えなかった。



[戦歴] 秋季山口県大会2022年

⭐️特集ページ:山口大会の日程・結果

【光高校の戦歴|秋季山口大会2022年】
・3位決定:光 13-1 柳井(5)
・準決勝 :光 2-9 宇部鴻城(7) ●
・準々決勝:光 6-3 豊浦
・代表決定:光 6-2 柳井学園
・2回戦 :光 4-1 防府
  ——新人戦[参考]—————
・決定戦 :光 07-2 岩国
・2回戦 :光 16-1 熊毛南(5)
・1回戦 :光 08-1 柳井(8)

[概要] 秋季中国大会2022年

【2022年 秋季中国大会 主な大会概要】
・抽選:10月21日(金) 組み合わせ抽選会
・日程:10月28日(金)〜11月6日(日) ※土日

・会場:広島県・楽天トラベル
・会場:しまなみ球場・みよし運動公園
・中継:準々決勝からスポーツナビが配信
・選抜:出場枠「中国2•四国3(例年+1)•比較1」
・備考:明治神宮大会(優勝校が出場予定)
————————————————————
・出場チーム一覧 ※◯の数字は各大会順位
————————————————————
岡山(3):おかやま山陽創志学園岡山学芸館
広島(4):広陵広島商業広島新庄神辺旭
鳥取(3):①鳥取城北米子松蔭米子東
島根(3):①浜田   ②三刀屋  ③益田
山口(3):①高川学園宇部鴻城
————————————————————
・今回:センバツ2023年 主な大会スケジュール
・今回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
・前回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州



👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路