《盛岡大附属》野球部メンバー2021年⚡️秋季東北大会

盛岡大附属 野球部メンバー 2021年

盛岡大附属 野球部メンバー 2021年を特集!

⚡️2021年秋季東北大会 登録選手⚡️
==守備・名前・学年・投打・出身中学==
01 武石圭哉   2年 左/左 秋田・森吉
02 吉田耀    2年 右/左 神奈川・玉川
03 佐藤洋輔   2年 右/右 福島・湯本第三
04 大里侑平   2年 右/右 滝沢
05 柴田由庵   2年 右/右 埼玉・上山口
06 伊藤新太   1年 右/左 久慈
07 中沢舟汰   2年 右/右 埼玉・美里
08 船生裕斗   2年 右/右 大阪・今宮
09 今野悟    2年 右/右 神奈川・希望ヶ丘
10 川中翔斗   2年 右/右 宮古花輪
11 小野寺琉希也 2年 右/右 花泉
12 髙橋佳大   2年 右/右 宮城・古川南
13 瀬戸大空   2年 右/右 釜石東
14 高橋亜健   2年 右/右 西南
15 菅野善友   2年 右/左 滝沢南
16 菅原春優斗  2年 右/右 滝沢南
17 須藤大和   1年 左/左 埼玉・松山
18 今村澪朋   2年 右/右 兵庫・成良
19 藤井大稀   2年 右/左 川口
20 立花慎    2年 右/右 飯岡
⚡️特集ページ:東北大会の日程・結果



秋季東北大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:東北大会の日程・結果

盛岡大附(岩②) 4-7 仙台育英(宮①)(仙) ※2回戦
盛岡大附|001|001|101|=4
仙台育英|003|211|000|=7

=========================
⭐️試合経過⭐️先発は盛岡大附が背番号1武石、仙台育英が背番号10小林寛大。3回表、盛岡大附は四球で出た走者を9番大里が2塁打で返して1点を先制。3回裏、仙台育英は9番橋本がヒットで出塁し走者を3塁に進めると、相手投手暴投から1点(同点)、3番岡田大成の安打で1点、4番遠藤の安打で1点を奪い、1-3と逆転。4回表から仙台育英は背番号1斎藤に交代。4回裏、仙台育英は6番尾形・7番山田の連打などで1死2・3塁のチャンスを作ると、9番橋本のスクイズで1点、1番秋元の安打で1点を奪い、1-5。5回裏、盛岡大附属は背番号10川中に投手交代。直後、仙台育英は2番齋藤・3番岡田の連打でチャンスを作ると、4番遠藤の犠牲フライで1点を追加し、1-6。6回表、盛岡大附属は3番船生のソロ本塁打で1点を返し2-6。6回裏、仙台育英は相手失策から1点を追加し2-7。7回表、盛岡大附は2つの四死球から走者を進めると、代打高橋の犠牲フライで1点を返し3-7。7回裏から盛岡大附は3人目の背番号11小野寺に交代。9回表、仙台育英は3人目の背番号11田中に投手交代。盛岡大附は先頭の4番中沢がソロ本塁打を放ち、1点を返すも反撃はここまで。⭐️試合総評⭐️仙台育英が7-4で盛岡大附に勝利。合計9安打・5盗塁を決めるなど(+盗塁死は2つ)、機動力を生かした攻撃で小刻みに得点を重ねた。投手陣は3人が登板し、先発背番号10小林は3回を被安打2・四球1・奪三振2・失点1、エース斎藤が5回を被安打1・四死球3・奪三振7・失点2と好投、背番号11田中が最終回を被安打2・死球1で試合を締めた。敗れた盛岡大附は5安打4得点、持ち前のパワーでソロ本塁打2本を記録するも打線に繋がりが出なかった。

盛岡大附(岩③) 9-2 学法石川(福③)(8C)(石) ※初戦
盛岡大附|010|600|020|=9
学法石川|100|100|000|=2

=========================
⭐️試合経過⭐️先発は盛岡大附が背番号11小野寺、学法石川は背番号1遠藤。1回裏、学法石川はヒットで出塁した2番伊藤を犠打で送ると、4番上野のタイムリーで1点を先制。2回表、盛岡大附はヒットと四球で2死2・3塁とし、1番佐藤の安打で1点を返し同点。4回表、盛岡大附は2つの四死球で走者を出すと、1番佐藤(この日2打点目)の安打で2-1と勝ち越し。さらに3番船生の安打で1点、4番中沢の押出四球で1点、5番柴田の安打で1点を奪い、5-1。なお2死満塁から6番今野の2点タイムリーで7-1。ここで学法石川は背番号10二上に交代。4回裏、学法石川は5番保科が2塁打、6番根本が安打で返して1点を返す。8回表、盛岡大附は7番吉田のタイムリーなどで2点を追加し9-2。7回裏から盛岡大附は背番号10川中に投手交代し試合を締めた。⭐️試合総評⭐️盛岡大附が学法石川に9-2(8C、計12安打)で勝利。同点で迎えた4回表にヒット4本などで一挙6点を奪い主導権を握った。打っては1番佐藤洋輔が先制打と勝ち越し打を記録するなど4打数3安打2打点と活躍。投げては背番号11小野寺が7回を被安打8・四死球0・奪三振1と好投した。敗れた学法石川は、与四死球8と相手にチャンスを与え、10安打を放つも一本が出ずに2得点に終わった。



秋季岩手県大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:岩手県大会の日程・結果

【盛岡大附の戦歴|秋季岩手県大会3位】
・3位決定戦:盛岡大附  8-3 0花巻南
・準決勝  :盛岡大附  6-12 花巻東
・準々決勝 :盛岡大附  12-5 花巻北(7)
・2回戦  :盛岡大附  11-4 一関工業(8)
・1回戦  :盛岡大附  11-0 盛岡市立(5)
—–地区大会————————
・代表決定戦:盛岡大附 3-6 盛岡第三

秋季東北大会2021年 出場校一覧

========================================
・秋季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・秋季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
青森(3枠):①青森山田八工大一  ③東奥義塾
岩手(3枠):①花巻東  ②久慈東   ③盛岡大附属
秋田(3枠):①能代松陽大館桂桜  ③大曲工業
山形(3枠):①酒田南  ②鶴岡東   ③山形中央
宮城(3枠):①仙台育英東北    ③聖和学園
福島(3枠):①聖光学院 ②東日大昌平 ③学法石川



盛岡大附属 夏の甲子園2021年

夏の甲子園2021年 盛岡大附属 野球部 ベンチ入りメンバーを徹底特集!

◆夏の甲子園=4年ぶり11回目|岩手県大会の結果

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=0。打率:.375(12位)、平均得点:10点(5位)、本塁打:7本(2位)、盗塁数:10個(23位)、平均犠打数:2.4(28位)、平均失点:3.4点(45位)、平均失策数:0(1位) ※カッコ内(出場校順位)

◆決勝戦では、春の決勝で0-15で大敗したライバル花巻東に雪辱を果たし、4年ぶり11回目(県最多記録)の夏の甲子園出場。

◆伝統の強打は健在で、岩手大会では”5試合で7本塁打”を記録。チーム打率は.375で、準決勝を含む3試合でコールド勝ちした。

◆プロ注目の3番金子京介(3年)は、”5試合連続本塁打”の新記録を打ち立てた(=17年に同校OBの植田拓が記録した4本塁打”の記録を更新)。決勝の花巻東戦では、初回に高校通算56本目となるソロ本塁打を記録。東京・町田ボーイズの出身で、187センチ・95キロと恵まれた体格をもつ。乃木坂46・齋藤飛鳥の大ファンを公言しており、帽子の裏には名前”齋藤飛鳥”の4文字が書かれている。

◆リードオフマンの松本龍哉(3年)は、チーム最多の高校通算64本塁打を誇る左打者で、関口監督が”攻撃のキーマン”と挙げる男。切れ目のない強力な「わんこそば打線」の先陣を切る。

”1桁背番号(9選手)”の高校通算本塁打は、計280本(8/1時点)。関口監督は「攻撃は過去のチームと比べても、1番2番を争う」と評価。1番渡辺翔真=20本、2番田屋瑛人=5本、3番金子京介=56本、4番南早羽己=7本、5番松本龍哉=64本、6番佐々木一晃=7本、7番平内純兵=35本、8番新井流星=39本、9番小針遼梧=47本。

エース渡辺翔真(3年)は、1年春からベンチ入りし、元々は内外野を守る野手。昨秋から登板機会が増え、今春から背番号1を背負う。学業も優秀で、何度も学年トップになったことがあるという頭脳派(2年時は4期連続で学年1位)だ。埼玉・狭山台(武蔵狭山ボーイズ所属、中3年時は全国準V)出身。



夏の甲子園ベンチ入りメンバー2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 渡辺翔真  3年  右右  狭山台(埼玉)
02 田屋瑛人  3年  右右  見前(岩手) ◎
03 金子京介  3年  右右  和田(東京)
04 南早羽己  3年  右左  大正西(大阪)
05 松本龍哉  3年  右左  大東(福島)
06 佐々木一晃 3年  右左  滝沢二(岩手)
07 平内純兵  3年  右左  三沢二(青森)
08 新井流星  3年  右右  大東西(埼玉)
09 小針遼梧  3年  右右  矢吹(福島)
10 大平一真  3年  右左  勿来一(福島)
11 阿部凜叶  3年  右右  歌津(宮城)
12 大貫鉄生  3年  右右  秋保(宮城)
13 駒田隼大  3年  右左  大社(兵庫)
14 中沢舟汰  2年  右右  美里(埼玉)
15 庄司光汰  3年  右右  住吉台(宮城)
16 蝦名叶多  3年  右右  車力(青森)
17 金田塁   3年  右左  本庄西(埼玉)
18 井口敦   3年  左左  瀬谷(神奈川)
※野球部員数106人、◎:主将




[戦歴]夏の甲子園2021年

◆8/25(水) 近江(滋賀) 7-4 盛岡大附属(岩手) ※3回戦
近江・・・|300|001|120|=7
盛岡大附属|002|000|011|=4

——————————————
⭐️見どころ⭐️盛岡大附属は、初戦=鹿島学園に7-02回戦=沖縄尚学に4-0で勝利。エース渡辺翔真が”2試合連続完封”と聖地で輝きを放つ。沖縄尚学戦では、”8回表2死まで完全試合”投球を繰り広げた。2試合で計18回(計240球)を投げ、被安打6・四死球4・奪三振13と好投。内外野の守備陣も堅守だ。1桁背番号選手の通算本塁打が計280本という打撃陣は、初戦=8安打→2回戦=14安打と上向く。初戦で6番平内が3ラン、2回戦で4番小針と5番新井が共にソロ本塁打を放つなど計3本塁打。チーム最多通算64本の1番松本、”岩手大会5試合連続弾”の3番金子のアーチにも期待がかかる。

⭐️見どころ⭐️近江は、初戦=日大東北に8-22回戦=大阪桐蔭に6-4で勝利。初戦では、6番島滝捕手が2ランを含む5打数3安打4打点と活躍。2回戦の大阪桐蔭戦では、4点差を逆転勝利。5番新野がソロ本塁打&同点タイムリー、途中出場の背番号5 山口蓮太朗が勝ち越し打と、試合ごとに”日替わりヒーロー”が誕生。投打二刀流の山田(2年)とエース岩佐(3年)の継投リレーが基本。鬼の形相で気合十分の山田は、2試合11回を投げて15奪三振・6失点と力投し、ノーゲームを含めて計3試合で239球。エース岩佐は、2試合7回を投げて被安打2・死球2・失点0と安定感がある(2試合で83球)。島滝捕手を中心に1年生ショート横田やライト明石などの堅守も光る。なお、日大東北とのノーゲームでは1番井口がソロ本塁打を記録(幻)した。

⭐️試合結果⭐️近江が7-4で勝利。序盤・中盤・終盤に得点を重ねて、強打の盛岡大附打線の追い上げを振り切った。先発の2年生山田は、6回を投げて被安打7・死球1・奪三振10・失点2と好投(89球)し、上位打線をほぼ完璧に抑え込んだ。7回裏からは守護神のエース岩佐が3回を投げて(60球)、8安打を浴びるも四死球0・奪三振4と力投。”後輩先輩の必勝リレー”で相手打線に一発を許さなかった。攻撃陣は、初回に3番山田・6番明石のタイムリーで3点を先制し、序盤から流れを引き寄せた。6番明石は4打数3安打2打点と活躍、1年生の横田は6回表に追加点となるタイムリーを放ち、攻撃の勢いを再び作り出した。一方の盛岡大附属は、先発した背番号18井口が先頭から2者に四球を出して降板。2番手の背番号10大平は3回途中までを投げて3失点と、序盤にリズムを崩した。攻撃陣は、15安打を放つも4得点止まり(11残塁)。しかし、終盤には伝統の粘りを見せ、8回裏に1点、9回裏にも1番松本から始まる好打順で1点奪うも、主軸が倒れてゲームセット。ここまで2試合を完封したエース渡辺は、6回2/3を投げて被安打8・四死球3・失点4(100球、3試合合計340球)と力投した。今大会の活躍について、関口監督が「MVP」と評価する活躍を見せた。


◆8/22(日) 沖縄尚学(沖縄) 0-4 盛岡大附(岩手) ※2回戦
沖縄尚学|000|000|000|=0
盛岡大附|000|200|02x|=4

——————————————
⭐️見どころ⭐️沖縄尚学は、初戦で阿南光に8-0で勝利(県勢100勝)。エース當山渚が9回を2安打・無死四球・12奪三振で完封(116球)。沖縄大会でも無失点、今夏の連続無失点を30回1/3に伸ばした。打者はボールの見極め力にすぐれ、計13安打8得点。5打数4安打と好調だった2番下地を中心に、スタメン9人中6人が打点を記録。那覇戦でノーヒットノーランを達成した背番号10 美里も控える。一方の盛岡大附は、初戦で鹿島学園に7-0で勝利。6番 平内純兵の特大3ラン本塁打(本人通算36号)で3点を先制。6回裏には失策やスクイズから計4点を追加。エース渡辺は9回を被安打5・四球3・奪三振4の好投で完封(125球)。1番松本はチーム最多通算64本、3番金子は”岩手大会5試合連続弾(通算56本)”と、1桁背番号選手の通算本塁打が計280本という強打が持ち味。

⭐️試合結果⭐️エース渡辺翔真(3年)が、鹿島学園戦に続き2試合連続で完封。”8回表2死まで完全試合”の好投を見せ(達成していれば夏の甲子園史上初)、チームを勝利に導いた。渡辺は9回を1人で投げ抜き、被安打1・与死四球1・奪三振9(115球)と好投し、守備陣は堅守で、攻撃陣はバットで援護した。4回裏に4番小針遼梧の安打と内野ゴロの間に2点を先制。8回裏には、4番小針遼梧と5番新井流星が共にソロ本塁打を放った。4番小針遼梧はソロ本塁打を含めて4打数3安打2打点、1番の松本龍哉は4打数4安打、チームは合計14安打(残塁8)を記録した。一方の沖縄尚学は、エース當山渚が7回2/3を投げて13安打を浴びるも4失点と力投。當山は、沖縄大会では4試合21回1/3を投げて無失点、この甲子園でも初戦・阿南光戦では”完封”と抜群の制球力を見せた。攻撃陣は、8回表2死まで完全試合ペースに押さえ込まれるも、6番大城が初安打を記録。この夏は、初戦を勝利で飾って”沖縄勢 春夏通算100勝目を達成”。101勝目以降の新たな歴史は、後輩に託された。


◆8/16(月) 鹿島学園(茨城) 0-7 盛岡大附(岩手) ※初戦
鹿島学園|000|000|000|=0
盛岡大附|000|304|00x|=7

——————————————
⭐️見どころ⭐️鹿島学園は、右腕エース薮野が大黒柱で、決勝・常総学院戦は4安打2失点で完投した。全6試合45回1/3を投げて、45奪三振(出場投手中3位)・与死四球7・失点4と安定感がある。チームは、日大監督時代に村田修一(元巨人)や長野久義(広島)らを育てたことで知られる鈴木監督が率いる。一方の盛岡大附は、”強打のわんこそば打線”だ。1桁背番号(9人)の通算本塁打は計280本、岩手大会では全5試合で7本塁打(=2位)を記録。プロ注目の3番金子京介は、”5試合連続本塁打”の新記録を打ち立てるなど高校通算56本の大会屈指のスラッガーで、帽子には大ファンの”齋藤飛鳥”(乃木坂46)の名前4文字。1番松本龍哉は、チーム最多通算64本塁打を誇り、関口監督が”攻撃のキーマン”と挙げる男。岩手大会では失策0の堅守にも注目だ。

⭐️試合結果⭐️盛岡大附属が7-0で勝利。4回裏に6番 平内純兵がライトへの特大3ラン本塁打(大会第6号、本人通算36号)を放ち、3点を先制。1桁背番号選手の通算本塁打が計280本という強打の片鱗を見せた。さらに6回裏には、失策で2点・スクイズで1点・タイムリーで1点と、計4点を追加。投げては、エース渡辺が9回を投げ抜き(125球)、被安打5・四球3・奪三振4の好投で完封した。一方の鹿島学園は、エース薮野哲也が6回を被安打5、与死四球4・奪三振5・失点7と力投。点差こそ開いたが、キレの良いスライダーなど持ち味を発揮した。内野の守備陣も得点に絡む失策を記録するも、要所で鍛えられた守りを見せた。また、2番手として登板した2年 大川塁は2回を投げて無失点の好投をみせるなど、下級生の活躍も光った。甲子園での初得点・初勝利は後輩に託される。



[成績]夏の岩手大会2021年

◆スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=0
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.375(12位) [平均.351]
・得点   :50点(13位) [平均43.9点]
・平均得点 :10点(5位) [平均7.9点]
・本塁打  :7本(2位) [平均3本]
・平均本塁打:1.4本(3位) [平均0.5本]
・盗塁数  :10個(23位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:2個(19位) [平均2個]
・犠打数  :12(34位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.4(28位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :17点(42位) [平均10点]
・平均失点 :3.4点(45位) [平均1.8点]
・失策数  :0(1位) [平均3.6]
・平均失策数:0(1位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:106人(6位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均

【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆打者部門=========
・金子京介(3年) :本塁打数 5本:1位(5試合)

・・・・・(0年) :打点 11打点:7位(5試合)
・佐々木一晃(3年):盗塁数 5つ:8位(5試合)
・新井流星(3年) :打率.563:22位(16打数9安打)

[戦歴]夏の岩手県大会2021年

・決勝  :盛岡大附 09-4 花巻東
・準決勝 :盛岡大附 12-4 一関学院(7)
・準々決勝:盛岡大附 07-4 盛岡中央
・3回戦 :盛岡大附 11-1 黒沢尻北(6)
・2回戦 :盛岡大附 11-4 盛岡工業(7)

岩手県球児の進路・進学先 2021年

岩手県
盛岡大付 花巻東 一関学院 大船渡 久慈
黒沢尻工 専大北上 盛岡中央 盛岡第四
岩手 黒沢尻北 一関第一 岩手