《盛岡大附属》野球部メンバー2022年⚡️

盛岡大附 野球部メンバー2022年

盛岡大附属 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季東北大会2022年ベンチ入りメンバー】
==守備・名前・学年・投打・出身中学==
・メンバーは発表され次第、UPDATE

⚡️特集ページ:東北大会の日程・結果

[概要] 秋季東北大会2022年

【2022年 秋季東北大会 主な大会概要】
・抽選:9月30日(金) ※各県3チーム出場
・日程:10月10日(月•祝)〜10月16日(日)
・開催:山形県・楽天トラベル
・開催:荘内銀行•日新製薬スタジアム
・開催:きらやかスタジアム

・中継:準々決勝からスポーツナビが配信
・選抜:センバツ出場枠「東北=3(例年+1)」
・備考:明治神宮大会(優勝校が出場予定)
——————————————————————————
・出場チーム一覧 ※◯の数字は各大会順位
——————————————————————————
青森(3):①青森山田 ②弘前東 ③八工大一
岩手(3):①花巻東 ②専大北上 ③盛岡大附
秋田(3):①能代松陽 ②由利 ③明桜
山形(3):①山形中央 ②鶴岡東 ③山形城北
宮城(3):①東北 ②仙台育英 ③利府
福島(3):①聖光学院 ②学法石川 ③田村
——————————————————————————
・今回:センバツ2023年 主な大会スケジュール
・今回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
・前回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州



[過去] 2022年春季大会メンバー

【春季東北大会2022年ベンチ入りメンバー】
=背番号・名前・投打・学年・出身中学=
01 小野寺琉希也 右/右 3年 花泉
02 三森藍斗   右/右 3年 一関
03 髙橋佳大   右/右 3年 古川南
04 大里侑平   右/右 3年 滝沢
05 佐藤洋輔   右/右 3年 福島・湯本第三
06 菅野善友   右/左 3年 白沢
07 今野悟    右/右 3年 神奈川・希望ヶ丘
08 中沢舟汰   右/右 3年 埼玉・美里(主)
09 船生裕斗   右/右 3年 大阪・今宮
10 川中翔斗   右/右 3年 宮古花輪
11 武石圭哉   左/左 3年 秋田・森吉
12 瀬戸大空   右/右 3年
釜石東
13 今村澪朋   右/右 3年 兵庫・成良
14 櫻庭千晃   右/右 1年 佃
15 高橋亜健   右/右 3年 西南
16 伊藤新太   右/左 2年 久慈
17 諏訪大成   右/両 2年 野木第二
18 柴田由庵   右/右 3年 埼玉・上山口
19 粕谷秋偉   右/左 2年 茨城・美浦
20 吉田耀    右/左 3年 神奈川・玉川


【春季岩手大会2022年ベンチ入りメンバー】
==守備・名前・学年・投打・出身中学==
01 川中翔斗   3年 右/右 花輪
02 吉田耀    3年 右/左 神奈川・玉川
03 佐藤洋輔   3年 右/右 福島・湯本第三
04 大里侑平   3年 右/右 滝沢
05 高橋亜健   3年 右/右 西南
06 伊藤新太   2年 右/左 久慈
07 粕谷秋偉   2年 右/左 茨城・美浦
08 今野悟    3年 右/右 神奈川・希望ヶ丘
09 中沢舟汰   3年 右/右 埼玉・美里(主)
10 小野寺琉希也 3年 右/右 花泉
11 武石圭哉   3年 左/左 秋田・森吉
12 三森藍斗   3年 右/右 一関
13 柴田由庵   3年 右/右 埼玉・上山口
14 藤井大稀   3年 右/左 川口
15 末広陽向   2年 右/右 大阪・城東
16 瀬戸大空   3年 右/右 釜石東
17 佐藤操    3年 左/左 山梨・上野原
18 和田赳太朗  1年 右/右 釜石
19 今村澪朋   3年 右/右 兵庫・成良
20 船生裕斗   3年 右/右 大阪・今宮



[戦歴] 春季東北大会2022年

聖光学院(福①) 9-0 盛岡大附(岩②)(7)(あ) ※1回戦
聖光学院|100|012|500|=9
盛岡大附|000|000|000|=0 

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が9-0(7回コールド)で盛岡大附に勝利。背番号11小松桜吏(2年)が5回途中までを被安打1・死球4・奪三振4と好投し、残るイニングを背番号1佐山未來(3年)が救援した。攻撃陣は計13安打。1回表に4番三好元気(2年)の犠牲フライで1点を先制。5回表に失策から1点を追加。6回表に8番生田目陽(3年)のスクイズで1点、1番赤堀颯(3年)の安打で1点を追加。さらに7回表には、5番山浅龍之介(3年)の安打で1点、6番狩野泰輝(3年)の安打で1点、7番伊藤遥喜(3年)の安打で1点、内野ゴロから1点、9番佐山未來(3年)の安打で1点を追加し、9-0とした。敗れた盛岡大附は、背番号1小野寺琉希也(3年)が7回を投げて被安打13・四球2・奪三振4。攻撃陣は、わずか1安打。1回裏には1死満塁の場面も無得点に終わり、序盤に主導権を握れなかった。

[戦歴] 春季岩手大会2022年

盛岡大附の戦歴|春季岩手大会2022年】
・決勝戦 :盛岡大附 2-21 花巻東
・準決勝 :盛岡大附 5-00 盛岡第三 
・準々決勝:盛岡大附 9-00 福岡(7)
・2回戦 :盛岡大附 6-50 千厩
・1回戦 :盛岡大附 4-10 盛岡商業
  —–盛岡地区———–
・準決勝 :盛岡大附 9-10 盛岡市立
・2回戦 :盛岡大附 07-0 盛岡誠桜(8)
・1回戦 :盛岡大附 10-4 盛岡商業



[過去] 2021年秋季東北大会メンバー

⚡️2021年秋季東北大会 登録メンバー⚡️
==守備・名前・学年・投打・出身中学==
01 武石圭哉   2年 左/左 秋田・森吉
02 吉田耀    2年 右/左 神奈川・玉川
03 佐藤洋輔   2年 右/右 福島・湯本第三
04 大里侑平   2年 右/右 滝沢
05 柴田由庵   2年 右/右 埼玉・上山口
06 伊藤新太   1年 右/左 久慈
07 中沢舟汰   2年 右/右 埼玉・美里
08 船生裕斗   2年 右/右 大阪・今宮
09 今野悟    2年 右/右 神奈川・希望ヶ丘
10 川中翔斗   2年 右/右 宮古花輪
11 小野寺琉希也 2年 右/右 花泉
12 髙橋佳大   2年 右/右 宮城・古川南
13 瀬戸大空   2年 右/右 釜石東
14 高橋亜健   2年 右/右 西南
15 菅野善友   2年 右/左 滝沢南
16 菅原春優斗  2年 右/右 滝沢南
17 須藤大和   1年 左/左 埼玉・松山
18 今村澪朋   2年 右/右 兵庫・成良
19 藤井大稀   2年 右/左 川口
20 立花慎    2年 右/右 飯岡



[戦歴] 秋季東北大会2021年

盛岡大附(岩②) 4-7 仙台育英(宮①)(仙) ※2回戦
盛岡大附|001|001|101|=4
仙台育英|003|211|000|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️仙台育英が7-4で盛岡大附に勝利。合計9安打・5盗塁を決めるなど(+盗塁死は2つ)、機動力を生かした攻撃で小刻みに得点を重ねた。投手陣は3人が登板し、先発背番号10小林は3回を被安打2・四球1・奪三振2・失点1、エース斎藤が5回を被安打1・四死球3・奪三振7・失点2と好投、背番号11田中が最終回を被安打2・死球1で試合を締めた。敗れた盛岡大附は5安打4得点、持ち前のパワーでソロ本塁打2本を記録するも打線に繋がりが出なかった。


盛岡大附(岩③) 9-2 学法石川(福③)(8C)(石) ※初戦
盛岡大附|010|600|020|=9
学法石川|100|100|000|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️盛岡大附が学法石川に9-2(8C、計12安打)で勝利。同点で迎えた4回表にヒット4本などで一挙6点を奪い主導権を握った。打っては1番佐藤洋輔が先制打と勝ち越し打を記録するなど4打数3安打2打点と活躍。投げては背番号11小野寺が7回を被安打8・四死球0・奪三振1と好投した。敗れた学法石川は、与四死球8と相手にチャンスを与え、10安打を放つも一本が出ずに2得点に終わった。

[戦歴] 秋季岩手大会2021年

【盛岡大附の戦歴|秋季岩手県大会3位】
・3位決定戦:盛岡大附  8-3 0花巻南
・準決勝  :盛岡大附  6-12 花巻東
・準々決勝 :盛岡大附  12-5 花巻北(7)
・2回戦  :盛岡大附  11-4 一関工業(8)
・1回戦  :盛岡大附  11-0 盛岡市立(5)
—–地区大会————————
・代表決定戦:盛岡大附 3-6 盛岡第三



[過去] 夏の甲子園メンバー2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 渡辺翔真  3年  右右  狭山台(埼玉)
02 田屋瑛人  3年  右右  見前(岩手) ◎
03 金子京介  3年  右右  和田(東京)
04 南早羽己  3年  右左  大正西(大阪)
05 松本龍哉  3年  右左  大東(福島)
06 佐々木一晃 3年  右左  滝沢二(岩手)
07 平内純兵  3年  右左  三沢二(青森)
08 新井流星  3年  右右  大東西(埼玉)
09 小針遼梧  3年  右右  矢吹(福島)
10 大平一真  3年  右左  勿来一(福島)
11 阿部凜叶  3年  右右  歌津(宮城)
12 大貫鉄生  3年  右右  秋保(宮城)
13 駒田隼大  3年  右左  大社(兵庫)
14 中沢舟汰  2年  右右  美里(埼玉)
15 庄司光汰  3年  右右  住吉台(宮城)
16 蝦名叶多  3年  右右  車力(青森)
17 金田塁   3年  右左  本庄西(埼玉)
18 井口敦   3年  左左  瀬谷(神奈川)
※野球部員数106人、◎:主将




[チーム紹介] 夏の甲子園2021年

◆夏の甲子園=4年ぶり11回目|岩手県大会の結果

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=0。打率:.375(12位)、平均得点:10点(5位)、本塁打:7本(2位)、盗塁数:10個(23位)、平均犠打数:2.4(28位)、平均失点:3.4点(45位)、平均失策数:0(1位) ※カッコ内(出場校順位)


◆決勝戦では、春の決勝で0-15で大敗したライバル花巻東に雪辱を果たし、4年ぶり11回目(県最多記録)の夏の甲子園出場。伝統の強打は健在で、岩手大会では”5試合で7本塁打”を記録。チーム打率は.375で、準決勝を含む3試合でコールド勝ちした。


◆プロ注目の3番金子京介(3年)は、”5試合連続本塁打”の新記録を打ち立てた(=17年に同校OBの植田拓が記録した4本塁打”の記録を更新)。決勝の花巻東戦では、初回に高校通算56本目となるソロ本塁打を記録。東京・町田ボーイズの出身で、187センチ・95キロと恵まれた体格をもつ。乃木坂46・齋藤飛鳥の大ファンを公言しており、帽子の裏には名前”齋藤飛鳥”の4文字が書かれている。


◆リードオフマンの松本龍哉(3年)は、チーム最多の高校通算64本塁打を誇る左打者で、関口監督が”攻撃のキーマン”と挙げる男。切れ目のない強力な「わんこそば打線」の先陣を切る。”1桁背番号(9選手)”の高校通算本塁打は、計280本(8/1時点)。関口監督は「攻撃は過去のチームと比べても、1番2番を争う」と評価。1番渡辺翔真=20本、2番田屋瑛人=5本、3番金子京介=56本、4番南早羽己=7本、5番松本龍哉=64本、6番佐々木一晃=7本、7番平内純兵=35本、8番新井流星=39本、9番小針遼梧=47本。


エース渡辺翔真(3年)は、1年春からベンチ入りし、元々は内外野を守る野手。昨秋から登板機会が増え、今春から背番号1を背負う。学業も優秀で、何度も学年トップになったことがあるという頭脳派(2年時は4期連続で学年1位)だ。埼玉・狭山台(武蔵狭山ボーイズ所属、中3年時は全国準V)出身。



[戦歴] 夏の甲子園2021年

◆8/25(水) 近江(滋賀) 7-4 盛岡大附属(岩手) ※3回戦
近江・・・|300|001|120|=7
盛岡大附属|002|000|011|=4

——————————————
⭐️試合結果⭐️近江が7-4で勝利。序盤・中盤・終盤に得点を重ねて、強打の盛岡大附打線の追い上げを振り切った。先発の2年生山田は、6回を投げて被安打7・死球1・奪三振10・失点2と好投(89球)し、上位打線をほぼ完璧に抑え込んだ。7回裏からは守護神のエース岩佐が3回を投げて(60球)、8安打を浴びるも四死球0・奪三振4と力投。”後輩先輩の必勝リレー”で相手打線に一発を許さなかった。攻撃陣は、初回に3番山田・6番明石のタイムリーで3点を先制し、序盤から流れを引き寄せた。6番明石は4打数3安打2打点と活躍、1年生の横田は6回表に追加点となるタイムリーを放ち、攻撃の勢いを再び作り出した。一方の盛岡大附属は、先発した背番号18井口が先頭から2者に四球を出して降板。2番手の背番号10大平は3回途中までを投げて3失点と、序盤にリズムを崩した。攻撃陣は、15安打を放つも4得点止まり(11残塁)。しかし、終盤には伝統の粘りを見せ、8回裏に1点、9回裏にも1番松本から始まる好打順で1点奪うも、主軸が倒れてゲームセット。ここまで2試合を完封したエース渡辺は、6回2/3を投げて被安打8・四死球3・失点4(100球、3試合合計340球)と力投した。今大会の活躍について、関口監督が「MVP」と評価する活躍を見せた。


◆8/22(日) 沖縄尚学(沖縄) 0-4 盛岡大附(岩手) ※2回戦
沖縄尚学|000|000|000|=0
盛岡大附|000|200|02x|=4

——————————————
⭐️試合結果⭐️エース渡辺翔真(3年)が、鹿島学園戦に続き2試合連続で完封。”8回表2死まで完全試合”の好投を見せ(達成していれば夏の甲子園史上初)、チームを勝利に導いた。渡辺は9回を1人で投げ抜き、被安打1・与死四球1・奪三振9(115球)と好投し、守備陣は堅守で、攻撃陣はバットで援護した。4回裏に4番小針遼梧の安打と内野ゴロの間に2点を先制。8回裏には、4番小針遼梧と5番新井流星が共にソロ本塁打を放った。4番小針遼梧はソロ本塁打を含めて4打数3安打2打点、1番の松本龍哉は4打数4安打、チームは合計14安打(残塁8)を記録した。一方の沖縄尚学は、エース當山渚が7回2/3を投げて13安打を浴びるも4失点と力投。當山は、沖縄大会では4試合21回1/3を投げて無失点、この甲子園でも初戦・阿南光戦では”完封”と抜群の制球力を見せた。攻撃陣は、8回表2死まで完全試合ペースに押さえ込まれるも、6番大城が初安打を記録。この夏は、初戦を勝利で飾って”沖縄勢 春夏通算100勝目を達成”。101勝目以降の新たな歴史は、後輩に託された。


◆8/16(月) 鹿島学園(茨城) 0-7 盛岡大附(岩手) ※初戦
鹿島学園|000|000|000|=0
盛岡大附|000|304|00x|=7

——————————————
⭐️試合結果⭐️盛岡大附属が7-0で勝利。4回裏に6番 平内純兵がライトへの特大3ラン本塁打(大会第6号、本人通算36号)を放ち、3点を先制。1桁背番号選手の通算本塁打が計280本という強打の片鱗を見せた。6回裏には、失策で2点・スクイズで1点・タイムリーで1点と、計4点を追加。投げては、エース渡辺が9回を投げ抜き(125球)、被安打5・四球3・奪三振4の好投で完封した。一方の鹿島学園は、エース薮野哲也が6回を被安打5、与死四球4・奪三振5・失点7と力投。点差こそ開いたが、キレの良いスライダーなど持ち味を発揮した。内野の守備陣も得点に絡む失策を記録するも、要所で鍛えられた守りを見せた。また、2番手として登板した2年 大川塁は2回を投げて無失点の好投をみせるなど、下級生の活躍も光った。甲子園での初得点・初勝利は後輩に託される。



[成績] 夏の岩手大会2021年

◆スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=0
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.375(12位) [平均.351]
・得点   :50点(13位) [平均43.9点]
・平均得点 :10点(5位) [平均7.9点]
・本塁打  :7本(2位) [平均3本]
・平均本塁打:1.4本(3位) [平均0.5本]
・盗塁数  :10個(23位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:2個(19位) [平均2個]
・犠打数  :12(34位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.4(28位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :17点(42位) [平均10点]
・平均失点 :3.4点(45位) [平均1.8点]
・失策数  :0(1位) [平均3.6]
・平均失策数:0(1位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:106人(6位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均


【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆打者部門=========
・金子京介(3年) :本塁打数 5本:1位(5試合)

・・・・・(0年) :打点 11打点:7位(5試合)
・佐々木一晃(3年):盗塁数 5つ:8位(5試合)
・新井流星(3年) :打率.563:22位(16打数9安打)

[戦歴] 夏の岩手大会2021年

・決勝  :盛岡大附 09-4 花巻東
・準決勝 :盛岡大附 12-4 一関学院(7)
・準々決勝:盛岡大附 07-4 盛岡中央
・3回戦 :盛岡大附 11-1 黒沢尻北(6)
・2回戦 :盛岡大附 11-4 盛岡工業(7)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路