【結果・順位】ニューイヤー駅伝2021 区間エントリー(出場チーム一覧)

ニューイヤー駅伝 2021年 

2021年元旦のニューイヤー駅伝は、1月1日(金)9時15分スタート。以下では、出場チーム、区間エントリー選手、速報(結果順位)を特集する。

【速報結果・区間エントリー】
レース速報・順位・結果(公式・更新) 
区間エントリー(PDF) ※12月30日(水)発表
出場チーム記録タイム(PDF)
箱根駅伝2021特集記事(速報)

【ニューイヤー駅伝の概要】
・大会:第65回全日本実業団対抗駅伝
・日程:2021年1月1日(金) 9時15分スタート
・距離:7区間10.0km
・中継:8時30分〜(TBS系列テレビ・ラジオ)
・中継:TBS特別サイトでインターネット中継あり
・ゲスト解説、リポーターほか
 金哲彦・大迫傑・尾方剛・増田明美ほか



速報・結果順位

◆7区 15.5km 伊勢崎市西久保町~群馬県庁
 <ゴール地点>
 1位 富士通 12年ぶり3回目の日本一
 2位 トヨタ自動車 +1分3秒
 3位 旭化成 +1分40秒
 4位 日立物流 +3分41秒
 5位 Honda +3分46秒
 6位 三菱重工 +3分53秒
 7位 JR東日本 +5分2秒
 8位 ヤクルト +6分3秒
 9位 GMOインターネット +6分6秒
 10位 SGホールディングス +6分13秒
 11位 トヨタ自動車九州 +6分18秒
 12位 大阪ガス +6分24秒
 13位 住友電工 +6分34秒
 14位 九電工 +6分35秒
 15位 トヨタ紡績 +6分38秒
 16位 安川電機 +6分44秒
 17位 黒崎播磨 +6分51秒
 18位 コニカミノルタ +8分16秒
 19位 NTT西日本 +8分18秒
 20位 埼玉医科大学 +8分28秒
 21位 トーエネック +8分44秒
 22位 JFEスチール +8分51秒
 23位 サンベルクス +8分53秒
 24位 中国電力 +8分55秒
 25位 愛知製鋼 +8分58秒
 26位 マツダ +9分3秒
 27位 愛三工業 +9分22秒
 28位 中電工 +9分46秒
 29位 中央発條 +9分54秒
 30位 大塚製薬 +13分11秒
 31位 ひらまつ病院 +13分22秒
 32位 戸上電機製作所 +14分20秒
 33位 コモディイイダ +14分47秒
 34位 YKK +16分11秒
 35位 NDソフト +17分1秒
 36位 日本製鐵瀬戸内 +32分55秒(繰り上げ)




◆6区 12.1km 桐生市役所~伊勢崎市西久保町
 <第6中継所>
 1位 富士通
 2位 トヨタ自動車 +40秒
 3位 旭化成 +40秒
 4位 三菱重工 +2分56秒
 5位 JR東日本 +3分17秒
 6位 Honda +3分33秒
 7位 日立物流 +3分34秒
 8位 SGホールディングス +3分36秒
 9位 黒崎播磨 +3分41秒
 10位 GMOインターネット +3分42秒

◆5区 15.8km 太田市役所~桐生市役所
 <第5中継所>
 1位 富士通
 2位 旭化成 +36秒
 3位 トヨタ自動車 +37秒
 4位 三菱重工 +39秒
 5位 Honda +2分17秒
 6位 日立物流 +2分26秒
 7位 ヤクルト +2分39秒
 8位 JR東日本 +2分39秒
 9位 SGホールディングス +2分41秒
 10位 大阪ガス +2分50秒




◆4区 22.4km 伊勢崎市役所~太田市役所
 <第4中継所>
 1位 富士通
 2位 旭化成 +18秒
 3位 三菱重工 +21秒
 4位 トヨタ自動車 +52秒
 5位 GMOインターネット +1分21秒
 6位 SGホールディングス +1分25秒
 7位 日立物流 +1分30秒
 8位 安川電機 +1分54秒
 9位 ヤクルト +1分58秒
 10位 JR東日本 +1分58秒

◆3区 13.6km 前橋市公田町~伊勢崎市役所
 <第3中継所>
 1位 GMOインターネット
 2位 旭化成 +3秒
 3位 富士通 +4秒
 4位 安川電機 +18秒
 5位 日立物流 +24秒
 6位 三菱重工 +25秒
 7位 ヤクルト +30秒
 8位 トヨタ自動車 +32秒
 9位 JR東日本 +34秒
 10位 トヨタ紡績 +40秒




◆2区 8.3km 高崎市役所~前橋市公田町
 <第2中継所>
 1位 日立物流
 2位 ヤクルト +0秒
 3位 三菱重工 +6秒
 4位 トヨタ自動車 +7秒
 5位 九電工 +9秒
 6位 富士通 +12秒
 7位 GMOインターネット +12秒
 8位 NDソフト +16秒
 9位 JR東日本 +21秒
 10位 NTT西日本 +22秒

◆1区 12.3km 群馬県庁~高崎市役所
 <第1中継所>
 1位 富士通
 2位 旭化成 +1秒
 3位 トヨタ自動車 +2秒
 4位 三菱重工 +3秒
 5位 Honda +5秒
 6位 日立物流 +6秒
 7位 YKK +6秒
 8位 サンベルクス +10秒
 9位 ひらまつ病院 +13秒
 10位 安川電機  +13秒



出場チーム・出場回数

<東日本>
・富士通 2年ぶり30回目
・GMOインターネット 2年連続2回目
・Honda 37年連続38回目
・ヤクルト 8年連続41回目
・日立物流 9年連続9回目
・カネボウ 6年連続58回目 ※出場辞退
・JR東日本 3年連続15回目
・コニカミノルタ 36年連続46回目
・サンベルクス 3年ぶり3回目
・埼玉医大グループ 初出場
・NDソフト 4年ぶり2回目
・コモディイイダ 2年連続2回目

<中部>
・トヨタ自動車 32年連続42回目
・トヨタ紡織 24年連続24回目
・愛三工業 20年連続20回目
・トーエネック 9年連続1回目
・愛知製鋼 16年連続37回目
・中央発條 7年連続38回目

<北陸>
・YKK 29年連続31回目




<関西>
・NTT西日本 13年連続56回目
・住友電工 4年連続7回目
・SGホールディングスグループ 26年連続27回目
・大阪ガス 2年連続9回目
・大塚製薬 2年ぶり26回目

<中国>
・マツダ 19年連続56回目
・中国電力 29年連続29回目
・JFEスチール 2年連続4回目
・中電工 25年連続25回目
・日本製鉄瀬戸内 21年ぶり9回目

<九州>
・旭化成 35年連続58回目
・三菱重工 12年連続25回目
・トヨタ自動車九州 12年連続19回目
・九電工 46年連続52回目
・黒崎播磨 10年連続3回目
・安川電機 31年連続43回目
・ひらまつ病院 4年連続4回目
・戸上電機製作所 2年ぶり2回目

スポンサー リンク