【ドラフト候補】日本新薬 福永裕基 三拍子揃った即戦力プレイヤー(天理高校・専修大学出身)

日本新薬 福永裕基 三拍子揃った即戦力プレイヤー(天理高校・専修大学出身)

※ドラフト会議2020年|指名なし(育成含む)

ドラフト候補・日本新薬 福永裕基は、社会人1年目から4番を任される三拍子揃った好逸材として注目される。

50mのタイムは6秒2の俊足を持ち、セカンド・サードを守れる能力が高いことから、プロ球界は「即戦力」として熱い視線を送る。

滋賀県東近江市生まれで、奈良・天理高校時代は1年の秋からサードで活躍。3年時はクリンナップを任されるも、甲子園出場はなし。進んだ専修大学では、2年春からレギュラーとして活躍した。

【選手プロフィール】
日本新薬・福永裕基(ふくなが・ひとき)
ポジション:内野手
出身地:滋賀県東近江市
球歴:竜王ジャガースー天理ー専大
生年月日:1996・9・16
身長/体重:180cm/83kg
投打:右右
50m:6.2秒
遠投:110m

【ドラフト会議2020年 指名結果一覧】

スポンサー リンク