【試合結果】市立和歌山(和歌山) 2-1 東播磨(兵庫) 2020年秋季近畿大会

【試合結果】市立和歌山(和歌山) 2-1 東播磨(兵庫) 2020年秋季近畿大会

2020年の高校野球 秋季近畿大会の1回戦は、市立和歌山が投手戦を制し、2-1で東播磨に勝利。

試合は、市立和歌山の最速152キロ右腕・小園健太と東播磨のエース鈴木悠仁の投げ合いになった。先制したのは東播磨、5回裏に2連打と犠打で1死2・3塁のチャンスを作ると内野ゴロの間に1点。

しかし直後の6回表、市立和歌山の先頭・田中省吾がレフトへソロ本塁打を放ち同点に追いつくと、さらにチャンスを広げ、9番・杉本明弘が2塁打を放ち2-1と勝ち越し、これが決勝点に。

プロ注目・小園健太は113球で5安打完投、11奪三振の好投を見せた。東播磨は兵庫大会と同様にロースコアに持ち込むも、及ばなかった。

10月18日(日)15:00 市和歌山(和1) 2-1 東播磨(兵2)
市和歌山|000|002|000|=2 
東播磨|000|010|000|=1
————————————————-
(市立和歌山)小園―松川
(東播磨)鈴木―田中
・本塁打:田中(市立和歌山)
・2塁打:杉本(市立和歌山)熊谷(東播磨)

スポンサー リンク