《特集》市立和歌山 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

市立和歌山 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 市立和歌山 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季和歌山大会=優勝、近畿大会=4強:県大会の準決勝は宿敵・智辯和歌山に5-4で勝利。決勝は、秋の新人戦決勝で敗れた和歌山東に対して、松川主将が逆転3ランを放つなどし、8-2で5年ぶりの優勝。その後、近畿大会では初戦・東播磨に2-1で勝利し、勝てば選抜当確となる準々決勝では、智辯和歌山に2-0で完封。準決勝は、智辯学園に1-4で敗れた。なお、智辯学園戦はエース小園は先発せず、3番手として登板し4回を投げ、被安打1、与死四球0、6奪三振の無失点を記録。

◆高い投手力でロースコア接戦に:秋の公式戦成績は、打率.281(31位)、平均得点4.8点(30位)、平均本塁打数0.7本(4位)、防御率1.9(13位)、平均失点2.2点(15位)を記録した。攻撃面はやや低調だったが、持ち前の高い投手力でロースコアの接戦に持ち込み、勝ち上がる。スポーツ6紙の評価はAが3つ、Bが3つ。

◆世代No.1右腕の小園健太に熱視線:エース小園健太(2年)は、躍動感と闘志あふれる投球スタイルで、ストレートの最速は152キロを誇る世代最強右腕だ。秋の公式戦は新人戦を含めると、合計11試合に登板し、68回1/3を投げ、被安打44、奪三振80、与死四球13、失点8、防御率は0.79と、圧倒的な成績を残した。近畿大会では3試合に登板し、計22回を21奪三振、失点はわずか1点と、強豪校を完璧に押さえ込んだ。(最速152キロは、2020年7月の大阪桐蔭との練習試合で記録)

◆女房役の松川虎生は超高校級スラッガー:チームを引っ張る松川虎生捕手(2年)は、エース小園と中学時代からバッテリーを組み、大阪・貝塚ヤングで全国制覇を達成。身長178cm・体重96キロの体格を持ち、高校通算32本塁打を誇るプロ注目のスラッガーだ。県大会の智辯和歌山戦では3打数2安打4打点、県大会の決勝では逆転3ラン本塁打を含む4打数2安打4打点と活躍し、打撃面でチーム躍進の原動力となった。

◆高校でも全国制覇を目指すバッテリー:中学時代に全国制覇を果たした小園と松川の2人の帽子のつばには、「最高のバッテリー 勝利」と同じスローガンが刻まれる。なお、小園は、初詣のおみくじで大吉を引き当て「選抜の無事開催」と「日本一」を祈願したという。 

◆控えの本格右腕の米田天翼にも注目:米田天翼(1年・つばさ)は、最速146キロのストレートを持つ本格右腕。3歳上の兄・米田航輝さん(龍谷大学へ進学)も同校出身。2019年春に主将としてセンバツ出場。



市立和歌山 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更なし]

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 小園健太 右右 3年 大阪  貝塚市立第一
02 松川虎生 右右 3年 大阪  阪南市立鳥取東 ◎主将
03 川島碧生 右左 3年 大阪  岸和田市立土生
04 杉本明弘 右右 3年 大阪  貝塚市立第四
05 田中省吾 右右 3年 和歌山 和歌山市立城東
06 河渕巧 右左 3年 和歌山 和歌山市立高積
07 大地悠太・ 右左 2年 和歌山 上富田
08 平林直 右右 3年 和歌山 和歌山市立河西
09 吉見和航 右右 3年 和歌山 橋本市立橋本中央
10 米田天翼 右右 2年 大阪  岸和田市立山直
11 伊藤晃宏 右右 3年 和歌山 和歌山大付
12 亀井新生 右右 3年 和歌山 和歌山市立西脇
13 高瀬功詩 右右 3年 和歌山 和歌山市立紀之川
14 堀畑樹 右左 2年 大阪  岸和田市立土生
15 西岡亮汰 右左 3年 和歌山 海南市立下津第二
16 宮本勇  左左 2年 和歌山 岩出第二
17 鎌田城太郎 右左 3年 大阪  鳥取東
18 井戸敬大  右右 3年 和歌山 紀伊
監督:半田真一  



秋季大会の主な成績・データ

<市立和歌山の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】2年ぶり7回目(夏の甲子園=5回)
【成績】和歌山大会=優勝、近畿大会=4強
【勝敗】6戦5勝1敗
【評価】A=3、B=3、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .281 / 31位 (.332)
【防御率】1.9 / 13位 (2.19)
【失点数】13点 / 7位 (22.3点)
 →平均 2.2点 / 15位 (2.4点)
【得点数】29点 / 32位 (67.4点)
 →平均 4.8点 / 30位 (7.3点)
【本塁打】4本 / 9位 (3.5本)
 →平均 0.7本 / 4位 (0.4本)
【盗塁数】5個 / 30位 (15.9個)
 →平均 0.8個 / 28位 (2個)
【失策数】5個 / 8位 (7.2個)
 →平均 0.8個 / 15位 (0.8個)
【部員数】40人(0人) (22位)
【生徒数】757人 (19位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月26日(金) 2回戦  [第7日目]
14:20 明豊 2-1 市立和歌山  [見所]
明豊・・・|000|100|100|=2
市立和歌山|000|001|000|=1

✍️試合結果コメント
明豊が市立和歌山との投手戦を2-1で勝利。背番号10の太田虎次朗(2年)が6回1/3(90球)を投げて、被安打4・四球3・奪三振7・失点1と好投。その後、背番号11の財原光優(2年)が2回2/3(40球)を、ノーヒットに抑えて試合を締めた。秋は失策1、この2試合は失策0と堅守も光った。攻撃では、この日は3番を任された米田友(2年)のソロ本塁打で先制。追いつかれた直後の7回表には、代打・竹下聖人(1年)が勝ち越し打を放ち、少ないチャンスを確実にものにした。一方の市立和歌山は、先発の米田天翼(1年)が一発を浴びるも4回投げて被安打4と好投。6回裏には、捕手・松川虎生(2年)の2塁打で同点に追いついた。しかし、エース小園健太(2年)は、チームが追いついた直後に1失点を喫し、これが決勝点。小園は5回を投げて、被安打3・四球2・奪三振5だった。

✍️試合のみどころ
市立和歌山のエース小園健太(2年)と、明豊の強力打線の対決に注目が集まる。明豊は、1回戦で21世紀枠・東播磨に10x-9(延長11回サヨナラ)で勝利。足でかき回す東播磨の攻撃に、投手陣が翻弄されたものの、持ち前の粘りと強打で勝ち切った。3番・黒木日向(2年)と4番・米田友(2年)はともに3打点と当たっている。一方の市立和歌山は、1回戦で県立岐阜商業に1x-0(9回サヨナラ)で勝利。エース小園健太(2年)は、9回を1人で投げ抜き(130球)、被安打4・与四球6・奪三振8と評判通りの好投を見せた。ともに接戦をサヨナラで勝利して、2回戦に進んだ。市立和歌山は打線、明豊は投手陣の奮起が期待される。


◆3月23日(火) 1回戦 [第4日目]
09:00 県立岐阜商業 0-1x 市立和歌山  [見所]
県立岐阜商|000|000|000|=0
市立和歌山|000|000|001|=1x

✍️試合結果コメント
市立和歌山が県立岐阜商業に1x-0(9回サヨナラ)で勝利。9回裏、1死1・2塁から7番・亀井新生(2年)がタイムリーを放ち、勝負を決めた。エースの小園健太(2年)は、被安打4・与四球6・奪三振8を記録。9回を1人で投げ抜き、130球を投じて完封勝利。一方の県立岐阜商業は、左右のエース野崎慎裕(2年)と松野匠馬(2年)が好投。少ないチャンスをいかそうと、鍛冶舎監督は勝負どころで幾度も代打を送るも、あと一本が出ずに敗れた。

✍️試合の見どころ
屈指の好カードだ。名門公立高校同士の試合は、1点を争うロースコアの接戦を予想する。市立和歌山は、世代No.1右腕の小園健太(2年)を擁する。11試合68回1/3を投げて、防御率は0.79と抜群の安定感を持つ。一方の県立岐阜商業は、左腕・野崎慎裕(2年)と右腕・松野匠馬(2年)のダブルエース体制で、チーム防御率は1.82(11位)を記録する。今大会は、抽選会が開幕1ヶ月前に実施され、相手チームの研究と対策を行う時間が十分に確保できる。県立岐阜商業は、140キロのマシンの球を15mの距離から打つ練習などに取り組み、全国レベルの好投手への対応に余念がない。センバツ前の準備、そして、ロースコアの接戦となれば、鍛治舎監督と半田真一監督の采配も勝負をわけるポイントとなりそうだ。

✍️注目ポイント(注目選手など)
・市立和歌山の最速152キロ右腕・小園健太(2年)は、合計11試合68回1/3を投げ、奪三振80、与死四球13、失点8、防御率は0.79と、圧倒的な成績を残した。小園と中学時代からバッテリーを組む松川虎生捕手(2年)は、高校通算31本塁打を誇る強打者として、打者としても援護する。

・県立岐阜商業は、左腕・野崎慎裕(2年)と右腕・松野匠馬(2年)の左右両エースに安定感がある。キャプテンの高木翔斗(2年)は、捕手・4番を任されるキーマンで、高校通算本塁打は17本を誇る。また、小柄ながらパワフルな打撃が魅力の広部嵩典(2年)など好打者が揃う。



秋季近畿大会の戦歴・試合結果

◆準決勝
市立和歌山(和1) 1-4 智辯学園(奈2)

 市和歌山|000|001|000|=1 
 智辯学園|310|000|00x|=4
————————————————
(市和歌山)米田、伊藤、小園―松川
(智弁学園)小畠―安藤
・2塁打:三垣、安藤(智弁学園)

————————————————
智辯学園が4-1で市立和歌山に勝利し、決勝進出。先制したのは智辯学園、ヒットと2つの四球から満塁とすると、6番・三垣飛馬が走者一掃の2塁打を放ち、3-0とリードする。さらに2回裏には、4番・山下陽輔のタイムリーで1点を追加し4-0とする。智辯学園は、左腕西村との二枚看板をなす右腕エース・小畠一心が9回を一人で投げ抜き、被安打7・死四球5・失点1と力投した。一方の市立和歌山は、3番手で登板したエース小園健太が4回を投げ、被安打1・与死四球0・奪三振6と好投し、その存在感を強く発揮した。

◆準々決勝
智辯和歌山(和3) 0-2 市立和歌山(和1)

 智辯和歌山|000|000|000|=0 
 市立和歌山|200|000|00x|=2
——————————————————–
(智弁和歌山)中西―石平
(市和歌山)小園―松川
・2塁打:河渕(市和歌山)
——————————————————–
市立和歌山の最速152キロエース小園健太が、智辯和歌山打線を相手に2-0で完封勝利。センバツ出場が有力に。試合は市立和歌山が1回裏、満塁から2つの押出で2点を先制する。初回のこの2点が決勝点となった。市立和歌山の小園は、9回を投げ被安打4・与死四球2・4奪三振の完封。智辯和歌山はこの秋、市立和歌山に公式戦で2度敗退していたが、近畿大会でも市立和歌山が立ちはだかった。智辯和歌山のエース中西聖輝は、被安打6・与四球6・2奪三振。序盤の2点以降は好投をみせたが、打線が小園の前に抑えられた。

◆1回戦
市和歌山(和1) 2-1 東播磨(兵2)

 市和歌山|000|002|000|=2 
 東播磨|000|010|000|=1
————————————————-
(市立和歌山)小園―松川
(東播磨)鈴木―田中
・本塁打:田中(市立和歌山)
・2塁打:杉本(市立和歌山)熊谷(東播磨)
————————————————-
市立和歌山が投手戦を制し、2-1で東播磨に勝利。試合は、市立和歌山の最速152キロ右腕・小園健太と東播磨のエース鈴木悠仁の投げ合いになった。先制したのは東播磨、5回裏に2連打と犠打で1死2・3塁のチャンスを作ると内野ゴロの間に1点。しかし直後の6回表、市立和歌山の先頭・田中省吾がレフトへソロ本塁打を放ち同点に追いつくと、さらにチャンスを広げ、9番・杉本明弘が2塁打を放ち2-1と勝ち越し、これが決勝点に。プロ注目・小園健太は113球で5安打完投、11奪三振の好投を見せた。東播磨は兵庫大会と同様にロースコアに持ち込むも、及ばなかった。



秋季和歌山大会の戦歴・試合結果

【秋季近畿大会=和歌山(3枠)】
 秋季和歌山大会結果

①市立和歌山の戦歴・試合結果
・決勝戦 市立和歌山 8-2 和歌山東
・準決勝 市立和歌山 5-4 智辯和歌山
・準々決勝 市立和歌山 11-2 和歌山南陵(8)

②和歌山東の戦歴・試合結果
・決勝戦 和歌山東 2-8 市立和歌山
・準決勝 和歌山東 12-3 向陽
・準々決勝 和歌山東 6-0 耐久

③智辯和歌山の戦歴・試合結果
・3位決定戦 智辯和歌山 10-4 向陽
・準決勝 智辯和歌山 4-5 市立和歌山
・準々決勝 智辯和歌山 13-0 箕島(7)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手