【更新】DeNA 井納翔一 国内FA権行使を表明(交渉状況・年俸ランク2020年)

DeNA 井納翔一 FA権利の交渉状況(2020年オフ)

横浜DeNAベイスターズ 井納翔一は、2020年11月27日(金)に、国内FA権の行使を表明。

「来年35歳という年で、持っていてもしょうがないという部分もありますし、あとは三原球団代表に宣言残留というところを許可していただいた。球団を出るという決断とか関係なく、使わせていただきたいというところです」とコメント。

球団側は、「FA宣言を表明した上での残留」を認めている。プロ8年で168試合に登板し、通算50勝。2020年シーズンは年俸6100万円(推定)で補償不要の「Cランク」であることから、他球団にとっては魅力的となる。

【FA権の交渉状況・更新中】ランク:C
・国内FA権の行使表明(11/27)→ヤクルト(年俸1億程度の最長3年複数年)と巨人(2年総額2億規模)が交渉へ
→FA権交渉 12球団の最新状況はこちら

井納翔一のプロフィール

出身地:東京都江東区
生年月日:1986年5月1日(34歳)
投打:右投右打
ポジション:投手
経歴:木更津総合 – 上武大学 – NTT東日本
プロ入り:2012年 ドラフト3位
年俸:6,100万円(2020年)



FA宣言に関するスケジュールやルール

【FA宣言に関する2020年スケジュール】
①FA宣言期間は、日本シリーズ終了翌日となる11月26日(木)から土日を除く7日間。②期限は12月4日(金)となり、12月5日(土)に「FA宣言選手」として公示。翌日の12月6日(日)から全球団との交渉が可能となる。

FA宣言選手は球団年俸順位でAランク(1~3位)、Bランク(4~10位)、Cランク(11位以下)にランク分けされ、ランクによって旧球団への補償内容が異なる。

【FA権の年俸A〜Cランクと補償内容】
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要
※年俸ランクは外国人選手を除く
※人的補償選手は、プロテクト28人と外国人選手、ドラフト新人を除く

スポンサー リンク