【進路情報】加藤学園 勝又友則は日本体育大学へ進学「僕の代で甲子園に行きます」と有言実行

加藤学園 勝又友則は日本体育大学へ進学

静岡・加藤学園のキャプテンを務めた勝又友則は、2021年春に日本体育大学に進学する。2020年12月3日、日体大スポーツマネジメント学科のスポーツ推薦入試に合格。今後は、準硬式で野球を続ける予定という。

加藤学園の入学試験の面接では、「僕の代で甲子園に行きます」と面接官に宣言。その面接官は米山監督だったという。有言実行し、夢の舞台・センバツ(夏の甲子園交流試合)に出場を果たした。

新チーム発足後、勝又は米山監督から「しっかり話すことができ、周囲の変化に気づくことができる」と主将に指名された。

夢は「周りの人を幸せにすること」。

学校生活でも心がけることがある。掃除で担当するのは教室の黒板。「(チョークの)粉が一粒も落ちないように」するのがこだわり。「次の日の1限に気持ちよく使えるようにする。すべて“人のため”です」と語る。



勝又友則(加藤学園)プロフィール・出身・経歴

読み方:かつまたとものり
誕生日:2002年6月6日
50mタイム:6.8秒
出身中学:裾野市立東中学校
所属チーム:静岡裾野シニア
趣味:洋楽鑑賞
好きな野球選手:鈴木大地
好きな球団:ロッテ
将来の夢:周りの人を幸せにすること
好きな食べ物:オムライス
苦手な食べ物:レーズン
好きなタレント:吉開一生
ニックネーム:キャップ

スポンサー リンク