【新キャプテン】智弁和歌山・黒川史陽が新主将に、春夏サヨナラ男!努力家を神様は見ている

智弁和歌山の新主将は黒川史陽

智弁和歌山の2018夏以降の新チームが始動した。黒川史陽(2年)が新主将に、遊撃手の西川晋太郎と捕手の東妻純平が副主将になった。1、2年生合わせて24人でのセンバツに向けた戦いが始まる。

黒川主将は「先輩に頼っている部分があったので、一人ひとりが自立したチームにしたい。まずは選抜に出ることだけを考えて、この負けを次に生かしたい」と話した。

智弁和歌山 黒川史陽(2年)、春夏サヨナラ男!

第100回目の甲子園に現れる怪物2年生・智弁和歌山の黒川史陽(ふみや)に注目だ。

この男、チャンスの場面で発揮する「サヨナラ男」。

18夏の和歌山大会決勝戦でサヨナラ打

夏の甲子園出場を決めた和歌山大会の決勝戦では、9回裏、三塁に主将・林を置いた場面で、この黒川が右飛を放ち劇的なサヨナラ勝ちする。

17センバツの創成観戦でサヨナラ打

18春のセンバツ、創成館との準々決勝では、1点をリードされた延長10回、ツーアウト一塁二塁の場面で、黒川が逆転サヨナラタイムリー。試合後、黒川は「野球の神様に打てるよう頼んでおいたので、打てる自信しかなかった」とコメント。

センバツでは、中谷コーチから「ここまでやってきたんだから、野球の神様が見ていてくれるぞ」と声をかけられていたという。その後、東海大相模との準決勝では、2点を追う満塁チャンスの場面、同点のタイムリーを放つ活躍。冬、バッティングを強化しようと、仲間との練習が終わって帰宅してからも、多いときには3時間ほど素振りを続けてきた努力が実を結んだ。

「スポンサーリンク」

中学時代から逸材として注目を集めた男

大阪・泉州阪境ボーイズ時代には「野茂JAPAN」に選ばれ、関西ナンバーワン打者として注目を集めていた。

智弁和歌山に進学すると、1年春からベンチ入り。

中谷コーチは「練習量、野球に取り組む姿勢はぼくが見てきた中でもNO・1」と評価する。

黒川の父・兄も甲子園出場の「野球一家」

奈良県河合町の「野球一家」育ちだ。3人兄弟の2番目で、兄の大雅は日南学園(宮崎)に進み、16年春夏、甲子園に出場。父は、上宮(大阪)で93年春優勝時に主将だった洋行氏。「1番・二塁」だった父は、2回戦の横浜戦で、息子と同じように延長10回に同じ左翼へサヨナラ打を放つ活躍。

黒川史陽のプロフィール・出身

  • くろかわ・ふみや
  • 2001年4月17日、奈良県河合町生まれ
  • 中学時代は「泉州阪堺ボーイズ」で主に三塁手と外野手、3年時に全国大会出場
  • 智弁和歌山では1年春からベンチ入り
  • ボクシングの元世界王者・高山勝成はトレーニング仲間


「スポンサーリンク」

スポンサー リンク