【注目選手】国士舘・中西健登 高校入学から投手転向のエース/手足の長さ見込まれ

【注目選手】国士舘・中西健登 高校入学から投手転向のエース/手足の長さ見込まれ

2020年のセンバツ甲子園に出場する国士舘のエースは、中西健登(3年)。

中学時代までは外野手で、高校入学後に永田監督のすすめで投手へ転向した経歴を持つ。

「手足の長さ」を見込まれたという。

2019年の秋季東京大会では3完封、6試合で5完投。「今は国士舘の時代」by帝京・石橋貴明といわれる、その躍進の原動力となった。

ニックネームは「ナナフシ」



中西健登(国士舘)プロフィール・出身・経歴

読み方:なかにしけんと
誕生日:2002年8月26日
50mタイム:6.4秒
出身中学:世田谷区立緑丘中学校
所属チーム:調布シニア
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:黒田博樹
好きな球団:中日
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:ピザ
苦手な食べ物:きのこ
好きなタレント:日高光啓
ニックネーム:ナナフシ
秋の打率:.348
秋の本塁打:0

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎組み合わせ日程・大会スケジュール
▶︎甲子園周辺ホテル予約 ▶︎チケット情報
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク