【試合結果】日大三 1-6 東海大菅生 決勝 2020年秋季東京都大会

【試合結果】日大三 1-6 東海大菅生 決勝 2020年秋季東京都大会

2020年の高校野球 秋季東京都大会の決勝は、東海大菅生が日大三に6-1で勝利し優勝、センバツ出場が有力に。準優勝した日大三は、関東大会8強との比較審査でセンバツ1枠を争う見通し。

試合は、東海大菅生が先制した。1回裏に4番・堀町のタイムリーで1点、2回裏には、先発の本田のタイムリー2塁打で1点を追加し、2-0。

東海大菅生のエース本田は5回表2死まで日大三打線をノーヒットに抑えるも、日大三は四球で出た走者を8番・安田のタイムリー2塁打で1点を返す。

しかし7回裏、東海大菅生は1死満塁のチャンスを作ると、相手バッテリーミスで1点、内野ゴロ処理のミスの間に2点を追加。さらに5番・小池のタイムリーで1点を追加し、6-1と突き放した。

東海大菅生は、エース本田峻也が7回を投げ被安打1の好投。8回には1年生の鈴木康成、9回には背番号9・千田光一郎が日大三打線を抑えた。大会を通じて盗塁25と機動力で相手を揺さぶる攻撃が光った。

2018年秋は決勝で国士舘に1点差で敗れ、準優勝。その後、2019センバツ選考委員会では関東大会8強の横浜高校が選出された。

当時、選抜落選の知らせを受けた若林監督は選手たちに「やっぱり決勝で勝てなかったことが一番だ。勝たなきゃ甲子園に出られないんだ」と語っていた。今回、秋季東京都大会で優勝を掴み取り、2021年センバツ出場を確かなものとした。

2020年11月15日 決勝戦
日大三 1-6 東海大菅生 (神)
日大三・・|000|010|000|=1
東海大菅生|110|000|40x|=6
(日大三)岡村、宇山ー安田
(東海大菅生)本田、鈴木、千田ー福原
・2塁打:本田(東海大菅生)安田(日大三)

スポンサー リンク