【ドラフト候補】履正社のエース清水大成、最速145キロの注目左腕|ヤクルト寺島に憧れ

履正社のエース清水大成、最速145キロの注目左腕

センバツの悔しさ胸に

センバツ初戦は、優勝候補の星稜と対決。エース奥川恭伸が、履正社打線を3安打完封、毎回の17三振を奪った。初回にMAXの自己最速を1キロ更新する151キロを記録。

清水大成は「ストレートが万全ではなかった。そんな中でも抑えるのがエースで、キレで勝負しようとしたが、抑えてやろうという気持ちが出過ぎたかもしれない。甲子園は最高の舞台。素晴らしかった。夏に戻って来れるよう、球威、コントロール、全てをレベルアップしたい。」と語った。



清水大成の横顔紹介

新チームで履正社の背番号1を背負う男は、清水大成(新3年生)だ。

ドラフト候補にあがる最速145キロ左腕である。

この清水には悔しさが残る試合がある。18年夏の北大阪大会の準決勝・大阪桐蔭戦だ。あの試合、履正社の先発は濱内太陽(キャプテン)が先発し、2番手でマウンドに上がった。しかし、1つのアウトも奪えぬままに降板した。

当時について清水は、「先輩たちの夏でしたし、重圧に耐えられなかった。…あの経験をこのこの秋につなげようと思った」。

悔しさを胸に新チームでは、「どれだけ勝ち進んでいっても、自分たちの野球がしっかりできるように。なんとしてもセンバツに行くという気持ちが全員にある」。



センバツをかけた福知山成美戦で過去最高ピッチング

春のセンバツ出場をかけた秋季近畿大会の準々決勝。

勝てばセンバツ当確という一戦・福知山成美戦(京都1位)で先発した清水大成は、無四球で散発の3安打、自己最多で毎回の12奪三振で自身初の完封というベストピッチを魅せた。

カットボール、スライダーを低めに集め、相手打線に的を絞らせない快投に、

試合後、履正社・岡田監督は、「いつもボールが先行したりするけど、ストライク先行で投げられていたし、球数も少なかった。今まで見た中で一番よかった」と称えた。

清水自身も「何としても甲子園に行きたかったので、試合前から意識していた。変化球も決まっていたし、(投球内容は)ベストだったと思う」と笑顔で振り返った。



憧れは履正社OBのヤクルト寺島

履正社OBのヤクルト・寺島に憧れ「ピンチでも堂々としているところとかを参考にさせてもらっている」と語り、高校時代やプロに入ってからの動画も見て参考にしているという。

清水大成(しみず・たいせい)プロフィール

2001年6月5日、京都・丹波市生まれ。

東小3年から軟式の「東レッドソックス」で始め、氷上中では硬式の「ベースボールネットワーク」でプレー。球種はカットボール、スライダー、カーブ、チェンジアップ。好きな選手はOBでヤクルトの寺島成輝。左投左打。

スポンサー リンク