【進路】清水大成(履正社)は早稲田大学へ進学|高校時代エピソード【夏の甲子園全国制覇投手】

【進路】清水大成(履正社)は早稲田大学へ進学【夏の甲子園全国制覇投手】

夏の甲子園で全国制覇を果たした履正社のエース清水大成は、2020年春に早稲田大学へと進学する。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。

《高校時代のエピソード》

◉2019年の夏の甲子園優勝チーム・履正社のエース左腕として活躍。

◉2018年夏の北大阪大会の準決勝・大阪桐蔭戦(=中川・根尾・藤原など世代)でも登板を経験。濱内太陽(=筑波大学)が先発し、2番手でマウンドに上がるも、1つのアウトも奪えぬままに降板した経験を持つ。

◉高校当時、憧れの投手として、OBのヤクルト・寺島成輝の名前を挙げていた。



《プロフィール/誕生日・出身ほか》

清水大成(しみず・たいせい)
誕生日:2001年6月5日
出身:京都・丹波市
球歴:東小3年から軟式の「東レッドソックス」で始め、氷上中では硬式の「ベースボールネットワーク」でプレー
球種:カットボール、スライダー、カーブ、チェンジアップ。
投打:左投左打

スポンサー リンク