【試合結果】星稜(石川) 4-5 上田西(長野) 準決勝 2020年秋季北信越大会

【試合結果】 星稜(石川) 4-5 上田西(長野) 2020年秋季北信越大会

2020年秋季北信越大会 星稜vs上田西(準決勝)の試合は、上田西が星稜に5-4で勝利。

佐久長聖が接戦を制し、決勝進出。センバツ出場が有力となった。

先制したのは星稜。3回表、1死満塁で主将・中田達也の内野ゴロの間に1点。4回表にも1点を加えて2-0とする。一方の佐久長聖は、4回裏に5番・飛鳥井洸がソロ本塁打を放ち、2-1。星稜は6回表、8番・若狭のこの日2打点目となるタイムリーなどで、3-1と再び突き放す。直後の6回裏、佐久長聖は、5番・飛鳥井洸がこの日2本目となる3ラン本塁打を放ち、4-4の同点に追いついた。

8回表、2死2塁から星稜・野口練のセンター前のあたりを、佐久長聖のセンター笹原が本塁にストライク送球でタッチアウトとし、ピンチをしのぐ。その裏、佐久長聖は先頭の4番・杉浦が2塁打を放つと、この日2本塁打の飛鳥井は敬遠に。その後、星稜が満塁策をとると、勝負の打者となった8番・小川隼弥が、レフト前に運んで5-4と勝ち越し、これが決勝点。

投げては、エース山口謙作が9回を一人で投げ抜き、10安打を放たれながらも4失点と粘った。また、2本塁打の飛鳥井、8回のバックホームでピンチを防いだセンター笠原などの活躍が光った。

10月17日(土) 準決勝 10:00 星稜 4-5 上田西 (市民) 
星稜|001|102|000|=4
上田西|000|103|01x|=5

スポンサー リンク