【選手名簿】星稜 野球部 ベンチ入りメンバー 2020年|秋季北信越大会

星稜 野球部ベンチ入りメンバー

2020年の秋季北信越大会に出場する星稜のベンチ入りメンバーを特集!

秋季石川県大会1位。秋季石川県大会は4年連続20度目の優勝。チーム打率は.416、防御率は1.13と投打に安定した力を持つ。

エース野口練は、県大会3試合21回で23奪三振と力投。甲子園交流試合では、履正社戦で2番手として5回を投げ、2安打1点に抑えた実績を持つ。自己最速は137キロ。中学時代は、福井永平寺リトルシニアで全国大会出場。東海選抜に選出された経験を持つ。名前の「練」は、物事に継続して取り組んでほしいという思いをこめて名付けられた。

1年生右腕のマーガード(U15日本代表・沖縄出身)など投手力も充実。攻撃面では、黒川史陽(智辯和歌山→楽天)の弟・怜遠や、天才ゴルフ少年としても脚光を浴びたスラッガー中田達也(主将)などの好打者が揃う。 中田主将は、高校通算本塁打は11本、中学時代は投手としてMAX136キロを記録するなどの野球センスも持つ。

県大会で4番を任された8番打者・中谷大翔(2年)は、北信越大会・準々決勝の都市大塩尻戦で2ランを放つ活躍。中学時代は金沢リトルシニアで4番、東海地区選抜に選出され台湾の国際大会への出場経験も。守っては、山瀬慎之助(巨人)、内山壮真に続く正捕手として投手陣をリードする。

<背番号・名前・投打・学年>
1 野口練 左左 2年
2 中谷大翔 右右 2年
3 小林青空 右左 2年
4 吉田竣希 右右 2年
5 谷端将伍 右右 2年
6 出村夢太 右左 2年
7 渡辺大亮 右右 2年
8 中田達也 右左 2年
9 吉岡裕希 右右 2年
10 黒川怜遠 左左 2年
11 マーガード真偉輝 右右 1年
12 佐々木優太 右右 1年
13 永井士航 右左 1年
14 若狭遼之助 右右 1年
15 角谷飛雅 右右 1年
16 網谷亮太 右右 2年
17 竹村健太 左左 2年
18 岡野翔陽 右左 2年



秋季北信越大会における試合結果

10月17日(土) 10:00 星稜 4-5 上田西 (市民) ※準決勝
星稜|001|102|000|=4
上田西|000|103|01x|=5
—————————————
佐久長聖が接戦を制し、決勝進出。センバツ出場が有力となった。先制したのは星稜。3回表、1死満塁で主将・中田達也の内野ゴロの間に1点。4回表にも1点を加えて2-0とする。一方の佐久長聖は、4回裏に5番・飛鳥井洸がソロ本塁打を放ち、2-1。星稜は6回表、8番・若狭のこの日2打点目となるタイムリーなどで、3-1と再び突き放す。直後の6回裏、佐久長聖は、5番・飛鳥井洸がこの日2本目となる3ラン本塁打を放ち、4-4の同点に追いつつく。8回表、2死2塁から星稜・野口のセンター前のあたりを、佐久長聖センター笹原が本塁へストライク送球しタッチアウト、ピンチをしのぐ。その裏、佐久長聖は先頭の4番・杉浦が2塁打を放つと、この日2本塁打の飛鳥井は敬遠。その後、星稜が満塁策をとると、勝負の打者となった8番・小川隼弥が、レフト前に運んで5-4と勝ち越し、これが決勝点。投げては、エース山口謙作が9回を一人で投げ抜き、10安打を放たれながらも4失点と粘った。同点弾を含む2本塁打の飛鳥井、8回のバックホームでピンチを防いだセンター笠原などの活躍が光った。
—————————————
(星稜)野口―中谷
(上田西)山口―小川
・本塁打:飛鳥井2(上田西)

10月11日(日) 都市大塩尻 2-9 星稜 (8回コールド)(市民) ※準々決勝
都市大塩尻|100|100|00x|=2
星稜・・・|600|100|11x|=9
—————————————
星稜は1点先制されて迎えた1回裏、満塁チャンスで5番・谷端が2点タイムリーで逆転、6番・黒川が2塁打で2点追加、さらに8番・中谷が2ラン本塁打を放ち、一挙6点をあげて大量リード。投げては、U15日本代表の1年生右腕・マーガードが要所をしめ、9-2(8回コールド)で勝利。都市大塩尻はヒット5本に抑えられた。
—————————————
(都市大塩尻)高木、三沢、今野―松田
(星稜)マーガード―中谷
・本塁打:中谷(星稜)
・三塁打:吉田(星稜)
・二塁打:黒川、出村2

10月10日(土) 星稜 17-0 富山商業 (6回コールド)(市民)※1回戦
星稜・・|142|00⑩|000|=17
富山商業|000|000 |000|=0
—————————————
星稜が15安打17得点で圧勝。6回に打者14人10得点の猛攻で試合を決めた。星稜先発のエース左腕・野口練(2年)は、ストレート自己最速タイの137キロをマーク。90キロ台のスローカーブで緩急を付けて打者翻弄。富山商は4安打に抑えられた。
—————————————
(星稜)野口、網谷、竹村―中谷
(富山商業)岩城―池田
・3塁打:出村、中谷、吉田(星稜)
・2塁打:若狭、谷端、黒川(星稜)寺坪2(富山商業)



石川県出場チームの戦歴・試合結果

【石川(3枠)】秋季石川大会の結果

①星稜の戦歴・試合結果・チーム紹介
秋季石川県大会1位。初戦から決勝の小松大谷戦まで、対戦校を圧倒する力で優勝。エース野口練のほか、1年生右腕のマーガード(U15日本代表・沖縄出身)など投手力も充実。攻撃面では、黒川史陽(智辯和歌山→楽天)の弟・怜遠や、天才ゴルフ少年としても脚光を浴びたスラッガー中田達也などの好打者が揃う。
・決勝戦 星稜 8-1 小松大谷
・準決勝 星稜 6-0 寺井
・準々決勝 星稜 8-1 金沢(8)
・2回戦 星稜 13-3 小松商業
・1回戦 星稜 16-1 金沢伏見・宝達・金大附属(5)

②小松大谷の戦歴・試合結果・チーム紹介
秋季石川県大会2位。北信越大会出場権がかかる準決勝・日本航空石川戦(夏の代替大会優勝校)は、4-2の接戦を制し勝利。決勝戦では、星稜に8-1で敗れ準優勝。
・決勝戦 小松大谷 1-8 星稜
・準決勝 小松大谷 4-2 日本航空石川
・準々決勝 小松大谷 7-0 金沢市立工業(7)
・2回戦 小松大谷 13-1 県立工業(5)
・1回戦 小松大谷 7-3 輪島

③日本航空石川の戦歴・試合結果チーム紹介
秋季石川県大会3位。2020夏の石川独自大会では、決勝戦で宿敵・星稜に勝利し優勝。秋季大会では、準決勝・小松大谷戦で2-4で敗れる。3位決定戦では、寺井に8-1で勝利し、北信越大会の出場権を獲得した。
・3位決定戦 日本航空石川 8-1 寺井(7)
・準決勝 日本航空石川 2-4 小松大谷
・準々決勝 日本航空石川 6-3 大聖寺
・2回戦 日本航空石川 11-0 鵬学園(5)
・1回戦 日本航空石川 8-1 金沢学院 (7)



北信越大会 高校野球 2020年

高校野球 秋季北信越大会は、2020年10月10日(土)〜18日(日)の期間、富山県で開催。

出場校一覧・組み合わせ日程は、以下の通り。大会は無観客試合で開催される。

秋季北信越大会2020年 日程・出場校
・日程:10/10(土) 11(日) 17(土) 18(日)
・開催:富山県(富山のホテル予約はコチラから)
=出場校(全16校)|秋季大会の日程・結果======
長野(3枠)|①佐久長聖 ②上田西 ③都市大塩尻
新潟(3枠)|①加茂暁星 ②新潟明訓 ③関根学園
富山(4枠)|①高岡商業 ②新湊 ③④富山商業富山北部&水橋連合※3・4位なし
石川(3枠)|①星稜 ②小松大谷 ③日本航空石川
福井(3枠)|①敦賀気比 ②福井商業 ③北陸



秋季北信越大会 優勝予想アンケート

※アンケート開始:10月5日(月)

秋季北信越大会 優勝予想アンケート

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

[特集] ドラフト会議 10/26 プロ志望届提出者(更新)
[特集] 秋季大会の優勝校・準優勝校一覧 47都道府県

Q.秋季地区大会の優勝予想アンケート実施中!
北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
プロ志望届(更新) センバツ2021 神宮大会 楽天トラベル

石川県球児の進路・進学先 2020年

星稜 鵬学園 小松大谷 金沢 遊学館 金沢商
金沢龍谷 日本航空石川 北陸学院 小松商業
金沢泉丘 金沢市立工業 金沢北陵 津幡



甲子園交流試合2020 星稜 特集!

星稜 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

「今年は打のチーム」と林監督は語る。捕手に転向した内山壮真が新主将としてチームをまとめる。甲子園経験豊富な荻原吟哉寺西成騎のダブルエースが柱だ。

2019年の秋季大会の主な戦歴・試合結果(石川大会・北信越大会・明治神宮大会)、得点・打率・防御率・本塁打数・エラー数・盗塁数・部員数・スポーツ紙評価(A/B/C)などの成績集も掲載中。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果
 [交流試合 8月15日(土)]
 星稜 1-10 履正社 [石川|大阪]

「プロ志望届」提出者一覧を毎日更新中。2020年春の全国球児の進学先《高校別》を特集!

・47都道府県の独自代替大会(結果)はこちら。センバツ甲子園交流試合(日程・結果)が開催中!



ベンチ入りメンバー

【監督】林和成
<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
1 荻原吟哉 右/右 3年 石川・星稜中
2 内山壮真 右/右 3年 石川・星稜中(主将)
花牟禮優 右/左 3年 大阪・貝塚一中
4 街道陸 右/左 3年 石川・松陽中
5 知田爽汰 右/左 3年 石川・星稜中
6 出村夢太 右/左 2年 石川・星稜中
今井秀輔 右/右 3年 石川・紫錦台中
中田達也 右/左 2年 石川・山中中
9 倉知由幸 右/左 3年 石川・津幡南中
10 林大陸 右/左 3年 石川・星稜中
11 野口練 左/左 2年 福井・丸岡中
12 高木宏望 右/左 3年 石川・星稜中
13 松本笙 右/右 3年 石川・星稜中
14 田岡宏基 右/右 3年 大阪・柏原
15 笠井昴己 右/左 3年 石川・星稜中
16 吉田竣希 右/右 2年 石川・安宅中
17 川村祥矢 右/右 3年 富山・氷見 北部
18 寺西成騎 右/右 3年 石川・根上中
19 安土慶 左/左 3年 富山・氷見 北部
20 平田晏佐斗 右/右 3年 岐阜・日枝 



注目選手(打者・投手)

「今年は打のチーム」と林監督は評する。

・夏の甲子園で準優勝後、新チームは秋の石川大会で5試合計4失点と抜群の安定感で優勝を果たす。その後、北信越大会の決勝・日本航空石川では、22安打19得点の猛攻で圧勝。

捕手に転向した内山壮真が新主将としてナインをまとめる。秋の公式戦打率は、チームトップの5割3分8厘。2本塁打、16打点。好きな選手は古田敦也。夏から5キロ増え75キロ、ベンチプレスは75キロから90キロにUPし、パワーアップした姿で聖地に乗り込む。春時点では、高校通算本塁打数は30本。

甲子園経験豊富な荻原吟哉寺西成騎のダブルエースが柱。好きな選手として桑田真澄をあげる荻原は、最速141キロのストレートと変化球にキレを持つ。寺西は、190センチに迫る長身から、最速146キロの直球が持ち味。林和成監督は「2人で(奥川の)1人分をカバーできる」と語る。

・エース荻原は、秋公式戦で計37回を投げて防御率2.92。44奪三振で9与四死球。春までの目標は、最速141キロの球速を5キロUP。筋トレを強化し、体重は神宮大会時の67キロから73キロにUPさせ、球威を磨く。星稜中時代には、軟式の全国大会で2年夏と3年春に優勝、3年夏に準優勝している。

今井秀輔は、ミスター満塁男。準優勝を果たした夏の甲子園では、仙台育英戦で満塁ホームランを放ち、その名を全国に知らしめた。秋の石川大会決勝・日本航空石川戦でも、初回に満塁ホームランを放つなど、チャンスで一発を持つスラッガー。

花牟禮優は、俊足巧打のリードオフマン。名前の読み方は「はなむれ」。父方の祖父の出身地である鹿児島県に多いという。春時点での高校通算本塁打数は、11本。

知田爽汰は、夏の甲子園の準優勝チームで、2年生ながら3番打者を任された好打者。決勝の履正社戦では、懸命のヘッドスライディングをするも、併殺打で試合終了。ラストバッターとなった選手でもある。

「新ゴジラ」スラッガー中田達也(2年)にも注目。小学生時代には、ゴルフでベストスコア71をたたき出し「天才ゴルフ少年」と呼ばれた異色の経歴を持つ。中部小学生大会北陸地区予選などで優勝した経験も。「低めの打ち方は自信がある」と語る。

智辯和歌山の黒川前主将を兄に持つ、黒川家の末っ子・黒川怜遠(れおん・2年)の躍動にも注目(交流試合ではベンチ外)。

・小柄な左腕・安土慶は、近江・林優樹の投球フォームに似ている。その投球にも大きな注目が集まりそうだ。

林大陸は、林和成監督の長男で、副主将。「監督を全国優勝の監督にしたい」と夢を持つ。



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】神宮初戦敗退、北信越優勝、石川優勝
【評価】A=1、B=4、C=0(スポーツ紙5紙)
【打率】.367
【防御率】1.84★6位
【得点】95点★8位 (9.5点)★10位
【本塁打】9本★8位 (0.9本)★7位
【盗塁数】16 (1.6)
【エラー】5★6位 (0.5)★4位
【部員数】54人/全校生徒1739人★4位
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

スポンサー リンク