【選手名簿】星稜 野球部ベンチ入りメンバー2019 注目選手・特徴/明治神宮大会

星稜 野球部ベンチ入りメンバー2019

▶︎早めのホテル予約(楽天トラベル)

▶︎明治神宮大会メンバーは以下(直前変更を反映)

<チームの特徴:北信越代表・星稜>
▶︎夏の甲子園では準優勝。北信越大会では2年連続9回目の優勝。
▶︎北信越大会の準々決勝から3試合連続2桁得点。チーム打率4割1分1厘をマーク。「打って勝つ」がテーマ。
▶︎夏の甲子園で準優勝したメンバー6人が残る。
▶︎注目選手:
・旧チームの3番・知田爽汰(2年)、4番・内山壮真(2年)に注目。
・日本航空石川に19―1で大勝した決勝では、1番・花牟礼優(2年)が2本、内山と中田達也(1年)が各1本塁打の活躍。
・投手陣は、荻原吟哉(2年)、寺西成騎(2年)の両右腕が交互に先発し、全4試合で総失点9。
・荻原は、スライダーが切れて制球力が高い。寺西は、186センチ、84キロの本格派。
・遊撃手だった内山が、捕手に転向。



明治神宮大会ベンチ入りメンバー

<背番号・名前・投打・学年>
1 荻原吟哉 右/右 2年
2 内山壮真 右/右 2年
3 今井秀輔 右/右 2年
4 街道陸 右/左 2年
5 知田爽汰 右/左 2年
6 出村夢太 右/左 1年
7 中田達也 右/両 1年
8 吉田竣希 右/右 1年
9 花牟禮優 右/左 2年
10 寺西成騎 右/右 2年
11 野口練 左/左 1年
12 高木宏望 右/左 2年
13 倉知由幸 右/左 2年
14 林大陸 右/左 2年
15 中谷大翔 右/右 1年
16 松本笙 右/右 2年
17 笠井昴己 右/左 2年 → 安土慶 左/左 2年へ変更
18 田岡宏基 右/右 2年



注目選手:「日本一の4番に」内山壮真(捕手・2年)

・身長172センチ、体重72キロ、パンチ力と勝負強さを持つ。
・1年生の夏から「3番・遊撃手」として甲子園で活躍、18秋から4番。
・19秋の北信越大会では打率4割7分1厘、8打点。
・富山県上市町出身、父の影響で小学生まで空手道場へ。
・「空手の突きと野球のミートの瞬間の股関節の使い方は同じ」
・星稜中では、捕手でU15日本代表。
・1学年上に、山瀬慎之助がいたため、遊撃手に。19秋から捕手に戻り、主将も務める。
・目標は「日本一の4番打者」

<出場校ベンチ入りメンバー・地区大会結果>
白樺学園北海道大会・結果
仙台育英東北大会・結果
健大高崎関東大会・結果
国士舘東京大会・結果
星稜北信越大会・結果
中京大中京東海大会・結果
天理近畿大会・結果
倉敷商業中国大会・結果
明徳義塾四国大会・結果
明豊九州大会・結果



優勝予想アンケート(高校)

明治神宮大会・優勝予想<高校>

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...




特集・秋季北信越大会2019

2019年の秋季北信越大会は、10月12日(土)から石川県を舞台に開催される。

◉組み合わせ日程・結果(更新中)

来春2020年のセンバツは、北海道=1、東北=2、関東・東京=6、東海=2、北信越=2、近畿=6、中国・四国=5、九州=4、明治神宮大会枠=1、21世紀枠=3の合計32チーム(例年通り)が出場。

◉ベンチ入りメンバー(出場校一覧)
長野大会 ①上田西②佐久長聖③長野日大
新潟大会 ①北越②新潟産大附③加茂暁星
富山大会 ①高岡向陵②高岡商業③高岡第一
石川大会 ①星稜②航空石川③金沢商④津幡
福井大会 ①敦賀気比②敦賀③北陸
楽天トラベルで周辺ホテル予約



星稜/夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

背番号 選手名 投/打 学年/出身中学
1 奥川恭伸 右/右 3年/宇ノ気中
2 山瀬慎之助 右/右 3年/宇ノ気中【主将】
3 福本陽生 右/右 3年/東京・緑丘中
4 山本伊織 右/左 3年/神奈川・高津中
5 知田爽汰 右/左 2年/星稜中
6 内山壮真 右/右 2年/星稜中
7 有松和輝 右/右 3年/星稜中
8 東海林航介 右/左 3年/星稜中
9 岡田大響 左/左 3年/星稜中
10 寺沢孝多 左/左 3年/星稜中
11 荻原吟哉 右/右 2年/星稜中
12 竹村紘人 右/左 3年/野田中
13 大高正寛 右/右 3年/星稜中
14 寺西成騎 右/右 2年/根上中
15 鈴木快明 右/右 3年/布水中
16 新保温己 右/右 3年/星稜中
17 高木宏望 右/左 2年/星稜中
18 今井秀輔 右/右 2年/紫錦台中



夏の甲子園・星稜チーム紹介

石川:星稜(私立)2年連続20度目

<地方大会のチーム成績>
全5試合 失点9 打率.309
本塁11 盗塁5 失策3

◉チームの特長:最速158キロを誇る笑顔のエース奥川恭伸。決勝では14奪三振するなど重圧をはねのけ、準決勝に続き号泣。夏の甲子園へ戻ってくる。

東海林航介・内山壮真(2年)などを中心に打撃力強化を図り、石川大会新の11本塁打を記録。内山は打率.429で出塁率は6割とチームの得点源。




昨夏の済美戦で満塁弾を浴びるも、炎の投球を魅せた左腕エース寺沢孝多、2年生の荻原吟哉寺西成騎ら投手陣に厚さ。

小学生からバッテリーを組む奥川・山瀬慎之助を中心に石川県勢初の全国制覇を狙う。春の北信越大会王者。

◉学校紹介:1962年(昭37)創立の私立校。63年から現校名。生徒数1739人(女子879人)。野球部も62年創部。部員数77人。甲子園出場は春13度、夏20度目。主なOBは元ヤンキース松井秀喜、サッカー元日本代表本田圭佑ら。所在地は金沢市小坂町南206。鍋谷正二校長。



スポンサー リンク