【夏の甲子園】星稜 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

星稜/夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号 選手名 投/打 学年/出身中学
1 奥川恭伸 右/右 3年/宇ノ気中
2 山瀬慎之助 右/右 3年/宇ノ気中【主将】
3 福本陽生 右/右 3年/東京・緑丘中
4 山本伊織 右/左 3年/神奈川・高津中
5 知田爽汰 右/左 2年/星稜中
6 内山壮真 右/右 2年/星稜中
7 有松和輝 右/右 3年/星稜中
8 東海林航介 右/左 3年/星稜中
9 岡田大響 左/左 3年/星稜中
10 寺沢孝多 左/左 3年/星稜中
11 荻原吟哉 右/右 2年/星稜中
12 竹村紘人 右/左 3年/野田中
13 大高正寛 右/右 3年/星稜中
14 寺西成騎 右/右 2年/根上中
15 鈴木快明 右/右 3年/布水中
16 新保温己 右/右 3年/星稜中
17 高木宏望 右/左 2年/星稜中
18 今井秀輔 右/右 2年/紫錦台中



星稜チーム紹介

石川:星稜(私立)2年連続20度目

<地方大会のチーム成績>
全5試合 失点9 打率.309
本塁11 盗塁5 失策3

◉チームの特長:最速158キロを誇る笑顔のエース奥川恭伸。決勝では14奪三振するなど重圧をはねのけ、準決勝に続き号泣。夏の甲子園へ戻ってくる。

東海林航介・内山壮真(2年)などを中心に打撃力強化を図り、石川大会新の11本塁打を記録。内山は打率.429で出塁率は6割とチームの得点源。




昨夏の済美戦で満塁弾を浴びるも、炎の投球を魅せた左腕エース寺沢孝多、2年生の荻原吟哉寺西成騎ら投手陣に厚さ。

小学生からバッテリーを組む奥川・山瀬慎之助を中心に石川県勢初の全国制覇を狙う。春の北信越大会王者。

◉学校紹介:1962年(昭37)創立の私立校。63年から現校名。生徒数1739人(女子879人)。野球部も62年創部。部員数77人。甲子園出場は春13度、夏20度目。主なOBは元ヤンキース松井秀喜、サッカー元日本代表本田圭佑ら。所在地は金沢市小坂町南206。鍋谷正二校長。



星稜 17-1 仙台育英 8月18日◇準々決勝

星稜は1995年に準優勝して以来の4強進出。

星稜は2回、仙台育英の1年生バッテリーを攻め、1死満塁から東海林航介のタイムリーで先制。さらに満塁から今井秀輔が、仙台育英先発の伊藤樹(1年)から左翼へ満塁本塁打を放ち、この回5点。

一方の仙台育英は、星稜の先発荻原吟哉に対し、1回裏一死三塁の先制機をつかんだが、後続が倒れ無得点に終わった。

星稜は3回に1死満塁として、再び今井が2点適時二塁打を放ち、さらに犠飛でこの回3点を追加した。

仙台育英は4回、4番の小濃塁が右翼へ今大会2本目となるソロ本塁打を放ち1点を返した。

星稜は今井のバットが好調で、7回にも適時三塁打。この試合7打点目を挙げた。その後も手を緩めず仙台育英から22安打で17点を奪った。



星稜  4-1 智弁和歌山 8月17日(3回戦)

星稜が智弁和歌山とのタイブレークを制しサヨナラ勝ち。準優勝した95年以来24年ぶりの8強進出。

12回を終え1-1で今大会初のタイブレークへ突入。13回は送りバントが決まらずともに無得点。14回表を無失点に抑えるとその裏、6番福本がサヨナラ3ランを放った。

エース奥川恭伸は13回、165球を完投。23三振を奪った。石川代表は和歌山代表に夏の甲子園7度目の対戦で初勝利。



星稜 6-3 立命館宇治 8月13日◇2回戦

星稜の奥川恭伸が、救援登板。5-2と3点差に迫られた6回2死一、二塁、3番手投手としてマウンドへ。8回裏の奥川は、空振り三振、四球、右飛、見逃し三振で無失点投球。1死無走者から5番荒井豪太(2年)の打席で、内角低めの直球を投じ、1回戦を1キロ更新する球速154キロをマークした。フォークボールも140キロを計測。

9回の星稜は、左腕の寺沢孝多がマウンド。先頭打者に四球を与えるも後続を三振、二ゴロ、左飛に抑え3回戦進出を決めた。



星稜 1-0 旭川大高 8月7日(1回戦)

星稜・奥川恭伸が令和初の甲子園で完封一番乗り。旭川大高を3安打に抑え、94球と余力を持って投げた。最速153キロで9奪三振。94球の完封劇。初回にこの日最速153キロを出し、3者連続三振で発進。「ギアを上げました。球場の雰囲気をこっちに持って来られたのはよかった」。

大船渡(岩手)・佐々木朗希からもLINEでメッセージを受け取った。「甲子園頑張れよ」「頑張ってくるよ」。石川で戦ったライバル(仲間)も甲子園に駆けつけた。



(参考)センバツ 星稜(石川)2年連続13回目

センバツ優勝候補筆頭の2019年・最注目チーム「星稜」。

最も注目したいのは、星稜の奥川恭伸だ。

2年生で唯一、U18高校日本代表に選出され、根尾昂や藤原恭大、吉田輝星らと日の丸を背負った。夏の第100回記念大会の開幕戦を引き当て、その大舞台で自己最速150キロを記録するなどスター性は十分。履正社戦で、自己最速更新の151キロを記録。

2回戦・習志野/1-3で敗れる、打線援護できず

星稜1-3習志野(終了)
習志000 100 101=3
星稜010 000 000=1
【星】奥川(149、10K)
【習】岩沢、飯塚
【本】兼子(習)

習志野が優勝候補・星稜に競り勝ち、センバツでは初のベスト8進出を決めた。

試合は、星稜のエース奥川と習志野のエース飯塚(2番手)の投げ合い、接戦となった。1点をリードした習志野は、迎えた9回表、兼子が奥川からソロアーチを放ち、3-1と試合を決めた。

星稜は好投を続けた奥川を打線で援護できなかった。

【第6日 3月28日(木)】
智弁和歌山 13-2 熊本西 (結果)
高松商 2-6 市和歌山 (結果)
習志野 3-1 星稜 (結果)
※第2試合から2回戦
※開門時間:8時予定(=当日券発売)



初戦・履正社戦/奥川・17奪三振、MAX151キロ

星稜・奥川恭伸はセンバツ初戦の履正社戦で、3安打完封、毎回の17三振を奪う好投。MAXは自己最速を1キロ更新する151キロを記録した。

試合後、奥川は、「押し引きの投球ができたのが良かった。自分の考えどおりの投球ができたことが嬉しい。これまで沢山経験させてもらって、勝った時もあれば負ける時もあり、負けの経験から学ぶことも沢山あった。終盤ピンチになっても、腕を振って投げることができたのは今までの経験が生きたからだと思う」

また、奥川には、U18高校日本代表でチームメートだった吉田輝星と柿木蓮からもエール。吉田は、「いいボールを投げていた。高2の球じゃなかった。星稜、優勝出来るんじゃないですか」とコメント。柿木は、1週間前に奥川へ激励メールしたといい「頑張ります」と返信があった語った。

【第1日 3月23日(土)】
市立呉2-3x市立和歌山 延長11回 (結果)
高松商8-0春日部共栄 (結果)
星稜3-0履正社 (結果)
※開門時間:6時40分 3試合目41,000人


チームの特徴

【主な成績】
・石川大会優勝、北信越大会優勝
・明治神宮大会準優勝

【チームデータ】
・部員数:50人(マネ0)
・11勝1敗1分け
・[率].286[本]7[防]1.06[盗]21
・スポーツ紙評価:A・A・A
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・世代ナンバーワン右腕・奥川恭伸の圧倒的存在感。最速150キロを1年夏の甲子園開幕戦のマウンドで記録
・奥川は、防御率2位(0.60)、奪三振率3位(12.23)、被安打率4位(5.37)、与えた四死球率1位(0.75)と圧倒的な力。
捕手・山瀬慎之助は小学生時代から奥川とバッテリー。名前は巨人阿部に由来。
・炎の左腕エース寺沢孝多、済美戦の逆転満塁弾の悔しさを忘れない。
・次世代のダブルエース寺西成騎と萩原吟哉が奥川の後に控える。

【打撃力】
・新2年生の多くは「星稜中学」で全国制覇
・元U15の内山壮真、172センチ72キロと小柄も新チームの4番。空手が得意で小学校時代には富山県大会を4度優勝。
・リードオフマン東海林航介は5.9秒の俊足。好きなタレントは「エマワトソン」
・全国制覇した星稜中時代の4番打者 有松和輝が怪我から復活。
・エース奥川が秋はチーム最多18打点と得点源

【トピックス】
・背番号17でベンチ入りの吉本有佑は、生徒会長。
・星稜中時代に全国制覇した時の主将・中西さんは腰痛から高校では野球部には入らず、現在は生徒会副会長。
・セカンドの山本伊織は、学業でトップに君臨


星稜・奥川恭伸、世代ナンバーワン右腕

最も注目したいのは、星稜の奥川恭伸だ。

2年生で唯一、U18高校日本代表に選出され、根尾昂や藤原恭大、吉田輝星らと日の丸を背負った。夏の第100回記念大会の開幕戦を引き当て、その大舞台で自己最速150キロを記録するなどスター性は十分。また、マウンドに立つその姿は、笑顔にあふれ、観る者たちを惹きつける魅力を持つ。

この奥川のボールを受けるのは、山瀬慎之助だ。奥川と山瀬は、石川県の宇ノ気中で全国制覇。

星稜・山瀬慎之助、小学4年生から奥川の女房役

「世代最強」と注目される新チームを率いる主将。名前の由来は、巨人・阿部慎之助である。

U18日本代表に選出されたエース奥川恭伸を通じ、春夏甲子園連覇を果たした大阪桐蔭の中川卓也前主将と連絡を取り合った。主将としてのチーム作りの心得、日々の練習、私生活のことなどを、何度もLINEを通じて質問したという。

「私生活の1つ1つからランニングまで『日本一』にこだわってやることが大切。決して特別なことじゃないが、それを実行しているのが大阪桐蔭」だと痛感したという。



星稜・内山壮真、U15ベストナイン

キーマンの2年生。U15侍ジャパンでは、捕手としてU15アジア選手権優勝に貢献し、自身も本塁打王とベストナインにも輝いた逸材である。星稜中では16年夏と17年春に全日本少年軟式大会で日本一に輝く。

18年秋の新チームから、4番打者として期待をかけられる。

天性の運動センスの原点は、「空手」だ。全国空手道選手権で日本一に輝いたこともある父・彰博さんの影響で2歳から道場に通い、小学校時代には富山県大会を4度優勝。

内山は、U18日本代表だった奥川に頼み、根尾昂や小園海斗と話をした。小園からは守備のフットワークや、右足と左足を交互に「ケン・ケン・パ」のリズムを踏む練習法を教わり、根尾からはコンビニでも栄養のある食べ物を選ぶなど、私生活の過ごし方を学んだという。

左腕・寺沢孝多・センター東海林航平

あの夏の済美戦で好投し高校野球ファンを沸かせた左腕・寺沢孝多(3年)は、星稜中で全国制覇した経験を持つ。

同じく、星稜中で全国制覇経験したセンター東海林航介(新3年)は、50メートル5秒9。パンチ力もある。



星稜・寺西成騎、U15日本代表投手

2018夏の甲子園では、1年生ながらベンチ入りメンバー入りし、甲子園のマウンドを経験。

中学時代は、U15日本代表として活躍。高校での最速は143キロ(甲子園の開幕戦マウンドで自己最速を記録)。根上中学校時代では軟式で141キロを記録。

18年1月にはテレビの企画で阪神・福留孝介から三振を奪うなど話題となった。石川・能美市生まれ。

新2年生右腕・荻原吟哉

投手・荻原吟哉と当時捕手・内山壮真は、星稜中学出身で全国制覇を経験。

明治神宮大会の準決勝・高松商業戦では、9回からマウンド。また決勝戦の札幌大谷戦では先発のマウンドに上がった。

決勝で敗れると「奥川さんのそばにいて、どう吸収していくかだと思います。…一冬越えて、荻原は打てる気がしないと思われる、高校野球を代表するようなピッチャーになりたい」と語った。

ちなみに、札幌大谷との決勝戦の朝、荻原は山瀬捕手に「お守り」を渡された。ピンチでお守りを開くと、そこに書かれていたのは「うんち」という落書きとイラスト。「山瀬さんはチームをいつも盛り上げてくれる」と荻原はコメントしている。



星稜・山本伊織、学業でトップに君臨

全国制覇を目指す星稜に強力な頭脳の存在。セカンドを守る山本伊織は、大学進学を目標とするPコースに在籍し、学業成績は入学時からずっとトップに君臨している文武両道を貫く選手。

エースの奥川は「伊織は話しているレベルが違う。歴史とかも流れで覚えていて、『何を話しているんだろう』とついていけない」と語るほどだ。

星稜・有松和輝、中学時代 全国制覇チームの4番打者

星稜に頼もしい選手が戻ってきた。星稜中時代に4番・捕手として全国制覇を果たした有松和輝だ。高校入学時は捕手、しかし1年生の夏に痛めていた右肘を手術。リハビリを経て、キャッチボールを再開したのは、2018年の星稜がセンバツで躍動している頃だった。いよいよ怪我から復帰した全国制覇の4番が帰ってくる。

星稜中時代の主将・中西選手は現在、生徒会副会長

センバツ出場のメンバー18名中11名が星稜中で全国制覇したメンバーだ。この星稜中時代に主将を務めた中西恒晴は、腰を痛め、高校では野球部には入らずに学校生活を歩んでいる。将来の夢は、スポーツトレーナー。現在は、星稜中学の学生コーチを務める。また、現在は生徒会副会長として、センバツでの応援の指揮をとる。

スポンサー リンク