【試合結果】至学館(愛知) 0-7 三重(三重) 8回コールド 準々決勝 2020年秋季東海大会

【試合結果】至学館(愛知) 0-7 三重(三重) 8回コールド 準々決勝 2020年秋季東海大会

2020年の高校野球・秋季東海大会の準々決勝は、三重高校が7-0(8回コールド)で至学館に勝利。

序盤、三重がビッグイニングを作った。2回裏、6番・池田の3塁打と7番・原田のタイムリーで2点、9番・服部の犠牲フライで1点、3番・森のタイムリーで2点を挙げ、5-0とリード。

さらに5回裏には、2番・梅田の安打で1点を追加。8回裏には、8番・尾崎が2死満塁からタイムリーを放ち、8-0と試合を決めた。

三重は、至学館が5投手を継投する中で14安打を放ち試合を優位に進めた。投げては、近藤と尾崎がヒット7安打を浴びながら、至学館打線を無失点に抑えた。

10月25日(日) 準々決勝
至学館(愛3) 0-7 三重(三1)(8回コ)※準々
至学館|000|000|000|=0 
三重|050|010|010|=7
——————————————————–
(至学館)石川、清水、古田、山本、小谷、石川―山岡聖
(三重)近藤、尾崎―服部
・3塁打:池田、佐脇(三重)
・2塁打:宝田、品川(三重)

スポンサー リンク