【注目選手】明徳義塾・新沢颯真 「入部当時から4番候補」by馬淵監督の強打者

明徳義塾・新沢颯真 「入部当時から4番候補」by馬淵監督の強打者

センバツ甲子園2020に出場する明徳義塾・新沢颯真(3年)は、名将・馬淵史郎監督が「入部したときから4番候補」と評価するスラッガーだ。

2019年の秋の公式戦では、高知中央戦での満塁ホームランなどを含む計16打点を挙げたチームの得点源。センバツ舞台で、持ち前の強打力を魅せる。

また、新沢は、子どもたちの情報セキュリティーとモラルの意識向上を目的とした「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」の標語部門で高知県県優秀賞を2020年2月に受賞。

作品は「送信が 自分の未来を 左右する」。SNSなどでの安易な投稿の怖さをわかりやすく表現。夏休みの宿題で標語を考えたという。



明徳義塾・新沢颯真 プロフィール・出身・経歴

読み方:しんざわそうま
誕生日:2002年10月7日
50mタイム:6.7秒
出身中学:葛城市立新庄
所属チーム:橿原ボーイズ
趣味:読書
好きな野球選手:村上宗隆
好きな球団:広島
将来の夢:幸せな家庭を築く
好きな食べ物:寿司
苦手な食べ物:茄子
好きなタレント:サンドウィッチマン
ニックネーム:ぼーちゃん
打率:.458
本塁打:1

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク