【注目進路】仙台育英の尾崎拓海、早稲田へ進学!眼窩底骨折を乗り越え!

【注目進路】仙台育英の尾崎拓海、早稲田へ進学!眼窩底骨折を乗り越え!

仙台育英の尾崎拓海捕手が早大に合格した。日刊スポーツが報じた。

強肩強打の捕手で、出身の東京・保谷中では調布シニアに所属。日本ハムにドラフト1位指名された清宮とはチームメート。

父は、大阪桐蔭の野球部で捕手。仙台育英では昨秋から正捕手で4番を任された。しかし、その後に眼窩底骨折。夏の甲子園では、広陵戦で先発。

【スポンサード リンク】


「暗い部屋から抜けた」仙台育英の元4番、甲子園で復活

2017年8月20日20時34分
朝日新聞

仙台育英の尾崎拓海君(3年)は中学時代から注目された強打者で、高校でも4番・捕手とチームの中心だった。ボールが目を直撃する事故でベンチに退いたが、20日の甲子園で今夏初めて、先発出場した。

広陵(広島)との準々決勝の二回裏。打席に入った尾崎君は7球目を中前に運び、笑顔で一塁を駆け抜けた。1月以来、ずっと閉じ込められていた「暗い部屋から抜け、視界が開けた」気がした。

選手生活が一変したのは、冬休みとインフルエンザが続き、1カ月ぶりだった練習の初日。至近距離からの速球に体が反応できなかった。数分後に意識が戻ると体は血まみれで、左目が開かない。深刻な眼窩(がんか)底骨折に加え、内出血もひどく、「救急車を呼ぶのが遅れていたら、失明していた」と医師に言われた。

【スポンサード リンク】


大阪桐蔭の野球部で捕手だった父の影響で6歳で野球を始め、中学は清宮幸太郎君(現・早稲田実業)と同じ東京のチームで中軸。仙台育英では昨秋から正捕手で4番を任された。だが、事故の後はボールがぶれて見え、左目の下に入れたプレートの影響で視界が狭い。2カ月のブランクで、体力も落ちた。

復帰後は朝練でバットを振り、夜も筋力トレーニングを重ねたが、結果はついてこなかった。宮城大会は代打の2打席だけ。チームは優勝し、ずっと夢だった甲子園をつかみとったのに、素直に喜べなかった。

仙台を出発する前夜、入院中に書いた野球ノートを読み返した。チームに必要なものは何か、戻ったらどんな練習をしようか。前向きな言葉が並んでいた。当時の自分に励まされた気がした。甲子園ではベンチから仲間に声援を送り続けた。

チームが大阪桐蔭を倒してから一夜明けた20日朝。佐々木順一朗監督がチームの前で「今日は尾崎でいく。そろそろ復活してもいい時だろ」と発表した。監督や仲間に恩返しをしようと、グラウンドに立った。

【スポンサード リンク】


六回も適時二塁打を放った。塁上でみんなが喜ぶ顔が見え、「夢のよう」だった。試合は4―10で敗れたが、終了後も尾崎君は晴れやかだった。「(けがを経て)薄れていた感謝の気持ちを実感した。野球ができるのは当たり前じゃない」。その気持ちを今後も大切にしたい。(山本逸生、石塚大樹)

【スポンサードリンク】