【夏の甲子園】筑陽学園 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

筑陽学園 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 西舘昂汰 3年 筑紫野(福岡)
2 進藤勇也 3年 内浜(福岡)
3 弥富紘介 3年 金武(福岡)
4 江原佑哉 3年 福岡・城南(福岡)<主将>
5 福島悠介 3年 筑陽学園(福岡)
6 中村敢晴 2年 大在(大分)
7 野田優人 3年 元岡(福岡)
8 石川湧喜 3年 田原(福岡)
9 福岡大真 3年 基里(佐賀)
10 西雄大 3年 田主丸(福岡)
11 菅井一輝 3年 太宰府東(福岡)
12 松波律樹 2年 粕屋(福岡)
13 中上翔一朗 3年 多々良中央(福岡)
14 小川将信 2年 三国(福岡)
15 比嘉翼 3年 あげな(沖縄)
16 中山颯太 2年 高生(福岡)
17 西村和葵 2年 当仁(福岡)
18 岩室諒 2年 福岡・田隈(福岡)



筑陽学園チーム紹介

福岡:筑陽学園(私立)16年ぶり2度目

<地方大会のチーム成績>
全7試合 失点12 打率.302
本塁打3 盗塁7 失策7

◉チームの特長:センバツ8強。福岡大会の準決勝・決勝で完投の西舘昂汰(甲子園では背番号10から1に)に加え、西雄大・菅井一輝の「3本の矢」に注目。

あの樟南エース福岡真一郎を父に持つ福岡大真は好打者。江口祐司監督(56)は、レギュラーのほとんどが在籍する3年生のクラスの担任。主なOBは、長野久義。

◉学校紹介:1923年(大12)に創立した九州家政女学院が前身。筑陽女子高に変更し、65年に太宰府高を統合して現校名に。生徒数は1443人(女子632人)。野球部は60年に創部で部員は70人。甲子園は春1度、夏は2度目。主なOBは長野久義(広島外野手)谷川昌希(阪神投手)ら。太宰府市朱雀5の6の1。新田光之助校長。



(参考)筑陽学園(福岡)センバツ初出場

センバツ準々決勝/東邦に7-2で敗れる

東邦000 205 000=7
筑陽000 100 100=2
【筑】西、菅井、西舘
【東】石川、奥田

東邦が筑陽学園に7ー2で快勝し、平成最初に優勝した89年以来30年ぶりの4強入り。

まず、4回表に2点を先制。その裏1点を返されたが6回にビッグイニングを作る。6安打を集中、打者10人を送る猛攻で5点を奪い、自慢の強打を見せた。先発したエース石川昂弥は、7回3安打2失点とこの試合も好投。

初出場の筑陽学園は5回まで接戦を演じたが、6回、東邦の強力打線に自慢の投手陣「三本の矢」がつかまった。

【第9日 3月31日(日)準々決勝】
習志野 4-3 市和歌山 (みどころ)
龍谷大平安 0-1x 明豊 11回 (みどころ)
東邦 7-2 筑陽学園 (みどころ)
智弁和歌山 3-4x 明石商 (みどころ)
※開門時間:7時 第2試合 41,000人



センバツ/強打の山梨学院に3-2で勝利

山梨学院2-3筑陽学園(終了)
筑陽100 000 110=3
山学100 000 010=2
【山】佐藤、相沢
【筑】西、菅井、西舘

筑陽学園が強打を誇る山梨学院に競り勝ち、甲子園初出場で8強入り。

強力打線を「三本の矢」であるエーの西・左腕の菅井・本格派右腕の西舘の継投で2点に抑え込んだ。初戦で2本塁打を放った「山梨のデスパイネ」こと野村健太は、先制タイムリーを3安打と奮闘も、敗れて甲子園を去る。

【第7日 3月29日(金)】
札幌大谷 1-2 明豊 (結果)
盛岡大付 1-9 龍谷大平安 (結果)
筑陽学園 3-2 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第2試合 21,000人



センバツ/福地山成美を3-2で下す

【3月26日】
筑陽学園3-2福知山成美(終了)
成美000 200 000=2
筑陽010 100 10X=3
【筑】西【成】小橋

筑陽学園が接戦で福知山成美を3-2で下す(春夏通じて甲子園での初勝利)。

背番号1の西雄大が9回2失点・無四球と好投した。秋の九州大会をすべて2点差以内で勝利してきた粘り強さを、甲子園でも発揮。福知山成美のエース小橋翔大は8回3失点と奮闘するも、打線があと一本が出なかった。

【第4日 3月26日(火)】
福知山成美 2-3 筑陽学園 (結果)
八戸学院光星 0-2 広陵 (結果)
富岡西 1-3 東邦 (結果)
※開門時間:8時 第2試合 29,000人


センバツ/チームの特徴

【主な成績】
・福岡大会優勝、九州大会優勝
・明治神宮大会4強(札幌大谷に2-5●)

【チームデータ】
・部員数:51人(マネ1)
・12勝1敗
・[率].317[本]6[防]1.39[盗]4
・スポーツ紙評価:A・A・A
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・注目は投手陣の「三本の矢」。背番号1エース西雄大、背番号11 左腕・菅井一輝、背番号10の本格派右腕の西舘昂汰
・背番号10 西舘昂汰は身長187センチ、自己最速145キロと大会注目右腕。
・西舘は、秋にチーム最多51回1/3を投げ、防御率0.88と今大会出場投手で3位。1試合平均の被安打数も6.14(8位)、与四死球数は1.40(5位)と抜群の安定感を持つ。

【打撃力】
・チーム打率は.317。柱は、4番の江原佑哉主将(背番号4)で打率.460を誇る。
キーマンは福岡大真(背番号9)。チーム最多の16打点。本塁打3本と得点源。

【トピックス】
・OBは、広島カープの長野久義。
・福岡大真(背番号9)の父は1994年夏の甲子園で準優勝を果たした樟南高校のエース福岡真一郎
・背番号10の本格派右腕の西舘昂汰の兄は、東京大学大学院生。



注目投手・西舘昂汰

筑陽学園・西舘昂汰はプロ注目の本格右腕だ。身長187センチにして、選抜直前の練習試合で自己最速を1キロ更新する145キロを記録した。

九州地区大会の準々決勝では、昨夏の甲子園に出場した興南(沖縄)相手に、延長13回のタイブレークの末、西舘が完封。

ちなみに兄は、東京大学大学院生。「兄みたいには勉強できないので野球を頑張ります」とプロを見据える。

福岡大真、父はあの樟南エース福岡真一郎

1994年夏の甲子園、準優勝を果たした樟南高校のエース福岡真一郎。このエース福岡の息子が福岡大真(新3年)だ。

注目を浴びる中、明治神宮大会でソロホームランを放つ活躍。

父からは「段ボールに収まらないくらい、ファンレターが来ていた」と“自慢話”を聞かされてきたという。それだけに「超えて黙らせたいです」とコメント。現在、父はチームのトレーニングコーチを務める。指導もあり、体重は入学時の体重から10キロアップの75キロになりパワーアップ。

スポンサー リンク