【注目の1年生】智辯学園・三田智也は投手と遊撃手の二刀流|元中学日本代表

智辯学園・三田智也は投手と遊撃手の二刀流

奈良県の名門・智辯学園に注目の1年生が存在する。

彼の名は、三田智也だ。

2018年秋季奈良大会の3回戦・西の京戦では、公式戦初となる先発投手として登板し、7回を被安打3の6奪三振、無失点と力投した。この三田は、春の県大会から主に遊撃手で先発。三田は投手としての才能も持ち、最速135キロのストレートを誇る。

投手とショートの二刀流と言えば、大阪桐蔭の根尾昂。三田は、「目標であり、手本にしています」とスポーツ紙に語っている。

中学時代は元ボーイズ日本代表

中学時代には、ボーイズリーグの日本代表で活躍し、世界少年野球大会の優勝に貢献した。日本代表でチームメイトだったのは、1年夏から花咲徳栄のレギュラーメンバーとして甲子園でも注目を浴びた井上朋也や、智弁和歌山の細川凌平がいる。

三田智也のプロフィール・出身

中学:前橋桜ボーイズ
世界少年野球大会日本代表 (2017)

スポンサー リンク