【日本ハム 4位】智辯和歌山 細川凌平 年俸520万・契約金3500万(実家は水上売店船)

智辯和歌山・細川凌平主将 矢沢永吉ファン

智辯和歌山・細川凌平は、2020年ドラフト会議で日本ハムから4位指名を受けた。入団交渉では、年俸520万・契約金3500万で合意。

楽天に進んだ黒川前主将から、名門のキャプテンを受け継いだ2020年チームの主将。1年生からレギュラーメンバーとして活躍するなど、抜群の野球センスを持つ。外野と内野をこなし、50m走のタイムは5.8秒の俊足を持ち、高校通算は23本塁打を記録する。

甲子園は、2018年夏と2019年春夏を経験。2年夏は、明徳義塾との3回戦で3ランを放つなど3試合で打率.429、1本塁打、3打点を記録している。中谷仁監督からの助言もあり、2年の秋季大会後に外野から遊撃に転向した。

京都・嵐山小2年時に軟式の「嵐山ガッツボーイズ」で野球を始め、嵯峨中では「京都東山ボーイズ」でプレー。3年時にボーイズリーグ日本代表として世界大会で優勝を果たしている。

普段「何でもノート」を活用するという。心に残った名言などをなんでも記載し、試合前には「(安打を)〇本打つ」などと書き込み、セルフイメージを高めながら試合に臨む。

実家は京都・亀岡で1919年創業の水上売店船「琴ケ瀬茶屋」を営む。保津川下りの船に横付けして、酒や食べ物を販売する仕事である。「プロで40歳ぐらいまで野球ができて、終わってから(家業を)頑張りたい」と語る。

好きな食べ物は「おひたし」。好きな言葉は「志高心強」。

父は30年来の矢沢永吉ファン。ベンチで汗を拭く時には「永ちゃんタオル」を利用する。お気に入りの曲は「トラベリン・バス」。



細川凌平(智弁和歌山)プロフィール・出身・経歴

読み方:ほそかわりょうへい
誕生日:2002年4月25日
50mタイム:5.8秒
出身中学:京都市立嵯峨中学校
所属チーム:京都東山ボーイズ
趣味:プロ野球の応援歌
好きな野球選手:西岡剛
好きな球団:阪神
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:おひたし
苦手な食べ物:梅干し
好きなタレント:真野恵里菜



日本ハム ドラフト会議2020

 [指名順位・名前・高校大学・守備]
1位  伊藤大海  苫小牧駒大    投
2位  五十幡亮汰 中大       外
3位  古川裕大  上武大      捕
4位  細川凌平  智弁和歌山    内
5位  根本悠楓  苫小牧中央    投
6位  今川優馬  JFE東日本   外
————育成———————————–
1位  松本遼大  花巻東      投
2位  斎藤伸治  東京情報大    投
【ドラフト会議2020年 新人選手の契約金/年俸】

スポンサー リンク