【注目選手】智辯和歌山・細川凌平、1年生ながらベンチ入り!元中学日本代表

智辯和歌山・細川凌平に注目せよ

智辯和歌山に最強1年生が入部した。その名は、細川凌平。

2017年世界少年野球大会に日本代表。世界大会でも圧巻の活躍を見せ「天才」との評価を受けた。

持ち前の勝負強いバッティングでセンバツ準優勝に導いた黒川史陽(2年生)と組む打線は、2018年夏以降の高校野球界を大きくわかせることになりそうだ。

細川は、18年春季大会ですでに1年生ながらベンチ入りし、初戦の和歌山高専戦に代打で出場。3打数2安打とその逸材っぷりをいかんなく発揮した。

「持ち味の足を生かして、夏の全国優勝に貢献したい」と、すでに全国制覇という高みを目指す大物ぶりだ。

さらに、攻守でスピードを生かすプレーは、今春センバツ準Vメンバーの上級生を脅かす存在となりそうだ。

高嶋監督は「今後もセンターでしょう。まだAクラスの投手は打てないんで、あと2カ月で数多く経験させないと。上級生は(レギュラーから)離れるんじゃないですか」と起爆剤としての成長を期待した。

スポンサー リンク