【日本ハム2位】中央大学 五十幡亮汰 年俸1100万円・契約金7000万円(サニーブラウンに勝った男)

中央大学 五十幡亮汰 サニーブラウンに勝った男(埼玉生まれ・佐野日大高校出身)

中央大学の五十幡亮汰は、2020年ドラフト会議で日本ハムから2位指名を受けた。入団交渉の結果、契約金7000万円・年俸1100万円で合意した。

「サニーブラウンに勝った男」として名の知れるスピードスターで。50mは5.6秒の俊足を持つ。

中学時代は「全日本中学校陸上競技選手権大会」では100mと200mの2冠を達成。同大会には、100mの日本記録保持者であるサニブラウンも出場していた。(100mは中学3年時に10秒79)

出身は、埼玉県行田市。東京神宮シニアから佐野日大、中央大学へと進学。1年春から主力に定着し、大学通算73試合で打率.273、2本塁打、19打点、26盗塁。

なお、小学3年の時、母恵子(当時30代)さんをがんで亡くしている。

【選手プロフィール】
中央大学・五十幡亮汰(いそばた・りょうた)
ポジション:外野手
出身地:埼玉県行田市
球歴:東京神宮シニアー佐野日大
生年月日:1998・11・27
身長/体重:172cm/67kg
投打:右左
50m:5.6秒
遠投:110m



日本ハム ドラフト会議2020

 [指名順位・名前・高校大学・守備]
1位  伊藤大海  苫小牧駒大    投
2位  五十幡亮汰 中大       外
3位  古川裕大  上武大      捕
4位  細川凌平  智弁和歌山    内
5位  根本悠楓  苫小牧中央    投
6位  今川優馬  JFE東日本   外
————育成———————————–
1位  松本遼大  花巻東      投
2位  斎藤伸治  東京情報大    投
【ドラフト会議2020年 新人選手の契約金/年俸】

スポンサー リンク