【注目選手】国士舘 黒澤孟朗「ボンズ打法」に注目/小柄な4番打者・骨折など苦難乗り越え復活だ

国士舘 黒澤孟朗「ボンズ打法」に注目

「ボンズ打法」が魅力的な国士舘の主砲・ 黒澤孟朗(3年=石川出身)。読み方は「くろさわたろう」だ。

小柄ながら4番を任されるパワーヒッター。

バッターボックスでは独特の構えを見せる。仲間たちからは「ボンズ打法」と呼ばれる。

ちなみにニックネームも「ボンズ」

この打法は、中学時代に身につけたという。大阪桐蔭時代からの憧れである西武・森友哉を参考に打撃フォームを改造。下半身が弱かった時、試行錯誤した末に今の構えになったという。

「低く構え、上から来るボールを力強く打ち返す」



2019センバツ直前に骨折、驚異の復活

2019年のセンバツ直前の1月には、柔道寒稽古の授業で左足首脱臼骨折、靱帯損傷で全治3カ月の診断をうけた。

翌日の手術でボルトを入れて、骨を固定。2月上旬に自力歩行を始め、月末には実家で静養。

そして、3月のセンバツでは「4番で先発出場」を果たしたのである。

当時、黒澤は

「病院の先生やリハビリの方、家族、監督、コーチ、チームのみんなに感謝の気持ちでいっぱい。全力で走ってホームに返ってこれたのはよかった。でも、自分は長打が持ち味で、出せずに負けたのはくやしい。夏、戻ってきて打って、本当の恩返しがしたい」

とコメント。20年春の今でも、左足首にはプレートが入っている。



黒澤孟朗(国士舘)プロフィール・出身・経歴

読み方:くろさわたろう
誕生日:2002年7月18日
50mタイム:6.5秒
出身中学:金沢市立高尾台中学校
所属チーム:金沢ヤングブルーウェーブ
趣味:ゴルフ
好きな野球選手:岩下大輝
好きな球団:石川ミリオンスターズ
将来の夢:ゴルフ三昧
好きな食べ物:プロテインバー
苦手な食べ物:クレアチン
好きなタレント:長渕剛
ニックネーム:ボンズ
秋の打率:.321
秋の本塁打:0

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎組み合わせ日程・大会スケジュール
▶︎甲子園周辺ホテル予約 ▶︎チケット情報
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク