【ドラフト候補】木更津総合 根本太一(2年)投手|最速149キロ、横浜・及川とは元チームメート

木更津総合 根本太一(2年)最速149キロ

第100回大会に注目の2年生右腕が登場した。木更津総合の右腕・根本太一だ。

敦賀気比戦で8回から登板し、自己最速を1キロ更新する149キロをマークした。

「1球投げたら“ワァーッ”とすごい歓声で、球速を見たら148キロ。あとで149キロ出たと聞いて、150キロを、と思った。でも、クイックで体が開いて(制球が)不安定だった」

横浜高校の及川とは元チームメート

出身は地元千葉。

横浜高校の2年で最速152キロ左腕・及川雅貴(U18日本代表候補)とは、ロッテジュニア時代のチームメートだ。

LINEでも連絡を取り合う関係だという。

開会式では「150キロってどうやったら投げられるの?」と助言を求めるほどの仲だ。しかし及川は「わからない」と一蹴したという。

「スポンサーリンク」

2年生投手・注目の逸材たち

甲子園に出場している2年生には輝きを放つ投手が揃う。

まずは星稜の奥川。開幕試合を引き当て、その試合で150キロを記録した持っている男だ。

続いては、優勝候補の創成館にたいして16奪三振に抑えた創志学園の西純矢。

そして、横浜高校の及川(最速152キロ)を誇る。

さらには日大三の井上広輝、センバツでは最速147キロを記録している。

最速150キロを目指す。スカウト評価は

日本ハム・岩舘スカウトは「球質が強い。ひと冬越えたら、150キロを超えてくる」。楽天・長島スカウト部長は「あのボールを見たら『おぉ』となる。これからが楽しみ」と評価した。根本本人は、「150キロを出したい。将来は全国で一番になりたい」と語って居る。

根本太一の野球歴

10歳年上の兄の影響で小1で豊住ヤンガーズに入団。兄は、根本のためにトレーニングを学ぶなど、付ききりで教えてくれたという。いつも夜は2人で練習。「上半身が先に開いたり、膝が割れるのはダメだよ。プレートの中で体を使いきりなさい」。兄と二人三脚で歩み、中3で最速140キロを計測した。

中学時代は竜ケ崎リトルシニア。中2時には東関東選抜に選出され、日台国際大会で準優勝した。木更津総合では1年春の県大会からベンチ入り。
変化球は4種類。東千葉大会ではスライダー、カーブを使い、この日はスライダーのみ。「ツーシーム、スプリットはまだ使う必要がない」

「スポンサーリンク」

根本太一のプロフィール・出身など

  • 根本 太一(ねもと・たいち)
  • 2002年2月10日、千葉・成田市生まれ
  • 180センチ、78キロ
  • 右投右打
  • 好きな食べ物 刺し身。サーモンやマグロが好き。
  • 憧れの選手 エンゼルス・大谷翔平

【スポンサードリンク】