【注目進路】木更津総合 野尻幸輝、法政大学へ進学|目力が半端ない岐阜出身の二刀流・U18高校日本代表

木更津総合・野尻幸輝、岐阜出身の二刀流!

木更津総合に、岐阜出身の二刀流がいる。

彼の名は、野尻幸輝だ。法政大学への進学が決まった。

目力が半端ない。U18高校日本代表メンバーとして躍動。

千葉大会では背番号は5、サードが本職。しかしながら、夏の甲子園では、背番号1をつけチームの大黒柱として活躍した。千葉大会の予選では、サイクル安打を記録する二刀流。

岐阜県出身。

高校進学時には、大垣日大(岐阜)、愛工大名電、東邦(愛知)などの強豪校から誘われたが、関東地方でのプレーを希望して木更津総合へ進学。

あの、大阪桐蔭の二刀流・根尾は、高富中3年時のボーイズリーグ岐阜選抜のチームメートである。


法政大学へ進学

法政大学は12月4日、2019年度のスポーツ推薦入試合格者を以下の通り発表。野尻は法政大学へ進学する。

石田旭昇 東筑
扇谷莉 東邦
山本大雅 三重
大柿廉太郎 健大高崎
木下将吾 静岡
村上喬一朗 東福岡
海崎雄太 埼玉栄
河野賢伍 西武台千葉
斉藤大輝 横浜
高田桐利 広陵
野尻幸輝 木更津総合
松田憲之朗 龍谷大平安
樺嶋竜太郎 福岡大大濠
田中悠我 帝京
宮崎秀太 天理

▷早稲田大学スポーツ推薦一覧
▷日体大スポーツ推薦一覧
▷注目高校球児の進路一覧


甲子園:興南戦で活躍

木更津総合・野尻幸輝の出身(プロフィール)

2000(平成12)年10月6日生まれ。岐阜県山県市出身。

富岡小1年から富岡野球少年団で野球を始める。

高富中1年から硬式の関ボーイズでプレーし、3年時に岐阜選抜入り。

木更津総合では1年春に初ベンチ入り。

1年秋からレギュラー。

1メートル78、78キロ。

右投げ左打ち。家族は両親と兄。

スポンサー リンク