【試合結果】明徳義塾(高知) 9-2 鳴門(徳島) 7回コールド 準決勝 2020年秋季四国大会

【試合結果】明徳義塾(高知) 9-2 鳴門(徳島) 7回コールド 準決勝 2020年秋季四国大会

2020年の高校野球・秋季四国大会の準決勝は、明徳義塾が9-2(7回コールド)で鳴門に勝利し、センバツ出場が有力に。

先制は明徳義塾、2回裏に押出四球を2つ選び2点を先制。さらに満塁から3番・米崎のタイムリーで2点、2死1・3塁から5番・加藤の2塁打で2点を追加し、6-0と大量リードする。

一方の鳴門は3回表、二連打と犠打で1死2・3塁とし、内野ゴロの間に1点を返す。

明徳義塾は4回裏、5番・加藤の安打で1点、さらに6回裏には6番・岩城の2塁打で2点を追加し、9-1とした。鳴門は7回表に1点を返すも、ゲームセット。

明徳義塾の鉄腕エース代木大和は7回を一人で投げ抜き、鳴門の強力打線を相手に、被安打7・無死四球・5奪三振と好投した。

10月31日(土) 鳴門(徳1) 2-9 明徳義塾(高1)(7回コ) ※準決勝
鳴門・・|001|000|100|=2 
明徳義塾|060|102|x00|=9
————————————————
(鳴門)前田、杉山、冨田ー團
(明徳義塾)代木ー加藤
・2塁打:米崎、加藤、岩城(明徳義塾)

スポンサー リンク