《特集》明徳義塾 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

明徳義塾 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 明徳義塾 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季高知大会=優勝、秋季四国大会=優勝:エース代木大和(2年)が大黒柱だ。県大会は初戦・高知商業に6-0、準々決勝・中村に10-0(5回コ)、準決勝・高知中央に9-0(7回コ)と強打相手に3連続完封勝利。決勝は、エース森木大智を擁する高知高校との投手戦となり、異例の日没再試合(延長12回 1-1)に。再試合の末、高知高校を6-0で完封し優勝。四国大会は、初戦(準々決勝)で香川1位の英明に5-0で完封。続く準決勝・徳島1位の鳴門に9-2(7回コールド)、決勝は愛媛1位の聖カタリナ学園に5-1で勝利し優勝。

◆トップレベルの高い投手力:秋のチーム成績は、打率.326(20位)、平均得点6.4点(24位)、防御率0.54(2位)、平均失点0.5点(2位)、平均失策数0.5個(6位)と、守りの力が際立つ。制球力抜群の鉄腕左腕・代木大和(2年)が最少失点に抑え、平均犠打飛は4.13と2位で、堅実に攻撃を仕掛ける。秋レギュラー9人のうち4人が身長170センチ以下、5人が体重60キロ台と小柄。U18代表監督の馬淵監督が率いる。スポーツ6紙の評価は、Aが2つ、Bが4つ。

◆鉄腕サウスポー代木大和に注目:身長184cmのエース左腕・代木大和(2年)は、秋の公式戦で7試合62回を投げ、被安打42、奪三振54、与死四球12、失点はわずか4点、防御率.058を記録。最速は138キロながら制球力が極めて高く、投球数が少ないために連投・完投能力にも優れる。森木大智と投げたった高知大会の決勝では、互いに延長12回を投げ抜き、三振はどちらも12を記録。1日挟んで行われた決勝再試合では、森木は登板回避するも代木は先発し、6-0で完封完投。また、四国大会の決勝・聖カタリナ学園戦は、わずか99球の1失点で完投した。

◆経験豊富な米崎薫暉・加藤愛己に注目:攻撃面では、1年生からレギュラーの米崎薫暉主将(2年)と加藤愛己捕手(2年)がキーマンだ。秋の公式戦では、米崎はチーム1位の打率.500を記録、加藤はチーム1位の11打点を記録した。また、エース代木も勝負強く、チーム2位の7打点を叩き出した。代木と米崎・加藤の3名は、唯一下級生として2020甲子園交流試合にも出場するなど経験豊富だ。



明徳義塾 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更なし]

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 代木大和  左左 3年 愛媛 四国中央市立川之江南
02 加藤愛己  右右 3年 福岡 八女市立黒木
03 岩城龍ノ介 右左 3年 滋賀 甲賀市立城山 
04 池邉由伸  右左 2年 佐賀 佐賀市立昭栄
05 梅原雅斗  右右 3年 高知 明徳義塾
06 米崎薫暉  右右 3年 大阪 豊中市立第十五中 ◎主将
07 髙松紳志  左左 3年 京都 京都市立大枝 
08 森松幸亮  左左 3年 愛媛 松山市立雄新 
09 山蔭一颯  右左 3年 岡山 玉野市立宇野 
10 畑中仁太  右右 3年 高知 明徳義塾
11 井上航輝  右右 2年 大阪 富田林市立葛城
12 西川魁星  右右 3年 兵庫 西宮市立浜甲子園 
13 矢野勢也  右右 2年 福岡 朝倉市立南陵
14 江坂斗航  右右 3年 佐賀 佐賀市立城北
15 玉田大貴  右右 3年 北海 札幌市立新川 
16 平尾歩暉  右右 3年 兵庫 福崎東 
17 西岡颯   右右 3年 京都 山城 
18 田中晴太  左左 2年 兵庫 たつの市立新宮 
監督:馬淵史郎



秋季大会の主な成績・データ

<明徳義塾の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】2年連続20回目(夏の甲子園=20回)
【成績】高知大会=優勝、四国大会=優勝
【勝敗】8戦7勝1敗
【評価】A=2、B=4、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .326 / 20位 (.332)
【防御率】0.54 / 2位 (2.19)
【失点数】4点 / 1位 (22.3点)
 →平均 0.5点 / 2位 (2.4点)
【得点数】51点 / 24位 (67.4点)
 →平均 6.4点 / 24位 (7.3点)
【本塁打】0本 / 28位 (3.5本)
 →平均 0本 / 28位 (0.4本)
【盗塁数】1個 / 32位 (15.9個)
 →平均 0.1個 / 32位 (2個)
【失策数】4個 / 3位 (7.2個)
 →平均 0.5個 / 6位 (0.8個)
【部員数】64人(0人) (5位)
【生徒数】709人 (21位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月19日(金) 1回戦 [第1日目]
12:40 明徳義塾 0-1 仙台育英  [見所]
  明徳義塾|000|000|000|=0
  仙台育英|010|000|00x|=1

✍️試合結果コメント
仙台育英が、古川翼(1年)と伊藤樹(2年)の継投リレーで、明徳義塾打線を被安打1に抑え、1-0で完封勝利。先発の古川翼は3回2/3を投げて被安打1、エース伊藤樹は5回1/3を投げては無安打ピッチングと好投した。対する明徳義塾のエース代木大和は被安打10を浴びながらも、要所をしめ、外野の好守備にも助けられながら9回を投げ切り1失点。仙台育英が序盤2回に挙げた1点を守り切り、名門校同士の対決を制した。

✍️試合のみどころ
名門かつ優勝候補に名を連ねるチーム同士の対決は、大会屈指の好カードだ。ロースコアの接戦を予想する。高知高校・森木大智に投げ勝った明徳義塾の左腕・代木大和が、仙台育英打線をどう抑えるかに注目したい。仙台育英は、秋は1試合あたり9.1点(3位)を記録し、一発のある強打者も揃う。また、最速140キロ以上の好投手が複数揃い、相手打線に大量失点を許さない。監督対決にも注目だ。U18日本代表監督の名将・馬淵監督と若き指導者である須江監督の采配も、勝敗を分けるポイントとなりそうだ。

✍️注目ポイント(注目選手など)
仙台育英は、最速147キロの伊藤樹(2年)、古川翼(1年)、松田隆之介(2年)らを中心に最速140キロ超の好投手が複数揃う。打撃面では、4番・吉野蓮(2年)と5番・秋山俊(2年)が、ともに東北大会決勝で満塁本塁打を記録するなど長打力もある。一方の明徳義塾は、左腕エース・代木大和(2年)がキーマンだ。秋7試合62回を投げ、与死四球12、失点4点、防御率.058を記録するなど抜群の安定感を持つ。ドラフト候補・森木大智を擁する高知高校との決勝では、延長12回引き分け日没再試合を含む2試合を、全て1人で投げ抜きわずか1失点。攻撃は、打率.500を誇る米崎薫暉主将(2年)らが中心だ。



秋季四国大会の戦歴・試合結果

◆決勝戦
明徳義塾(高1) 5-1 聖カタリナ(愛1)

 明徳義塾|010|010|030|=5  
 聖カタリナ|000|100|000|=1
————————————————
(明徳義塾)代木ー加藤
(聖カタリナ)仲田、櫻井ー石川
・3塁打:代木(明徳義塾)
・2塁打:森松(明徳義塾)高岡、堀越(聖カタ)

————————————————
明徳義塾が聖カタリナ学園との投手戦を5-1で制し、優勝。明徳義塾は2回表、相手守備のフィルダースチョイスから1点を先制。一方の聖カタリナ学園は4回裏、5番・堀越が2塁打を放ち、1-1の同点に追いつく。追いつかれた明徳義塾は5回表、死球で出たランナーを犠打で送ると、4番・森松の2塁打で1点を挙げ、2-1と勝ち越す。8回表、明徳義塾は連打でチャンスを広げると、7番・代木の3塁打などで3点を挙げ、5-1とした。明徳義塾のエース代木大和は、四国大会の3試合を全て一人で投げ抜いた(県大会からの8試合中7試合で完投)。この試合も投球数99数で完投、被安打5・四球1・奪三振4と安定感抜群の投球を見せた。一方の聖カタリナ学園は、控えの仲田隆晟が6回を3安打2失点と好投し試合を作った。7回からは前日までの2試合で合計330球を投じてきたエース桜井頼之介に継投するも、その直後に3点を奪われた。今大会の決勝に進出した明徳義塾・聖カタリナ学園は、ともにエース代木・櫻井の両エースの好投が光るチームだった。




◆準決勝
鳴門(徳1) 2-9 明徳義塾(高1)(7回コ)

 鳴門・・|001|000|100|=2 
 明徳義塾|060|102|x00|=9
————————————————
(鳴門)前田、杉山、冨田ー團
(明徳義塾)代木ー加藤
・2塁打:米崎、加藤、岩城(明徳義塾)

————————————————
明徳義塾が9-2(7回コールド)で鳴門に勝利し、センバツ出場が有力に。先制は明徳義塾、2回裏に押出四球を2つ選び2点を先制。さらに満塁から3番・米崎のタイムリーで2点、2死1・3塁から5番・加藤の2塁打で2点を追加し、6-0と大量リードする。一方の鳴門は3回表、二連打と犠打で1死2・3塁とし、内野ゴロの間に1点を返す。明徳義塾は4回裏、5番・加藤の安打で1点、さらに6回裏には6番・岩城の2塁打で2点を追加し、9-1とした。鳴門は7回表に1点を返すも、ゲームセット。明徳義塾の鉄腕エース代木大和は7回を一人で投げ抜き、鳴門の強力打線を相手に、被安打7・無死四球・5奪三振と好投した。

◆準々決勝
英明(香1) 0-5 明徳義塾(高1)

 英明・・|000|000|000|=0 
 明徳義塾|011|000|30x|=5
——————————————————–
(英明)石河―河野
(明徳義塾)代木―加藤
・3塁打:代木(明)
・2塁打:井上、山蔭(明徳義塾)

——————————————————–
明徳義塾が5-0で香川1位の英明に完封勝利した。先制したのは明徳義塾。2回裏に9番・梅原のタイムリーで1点を先制すると、3回裏には2死満塁から押出を選び1点を追加。膠着状態が続いて迎えた7回裏には、前の打者が敬遠され勝負打者となった7番・エース代木が3塁打を放ち2点を追加、さらに8番・山蔭のタイムリーで1点を挙げ、5-0。明徳義塾のエース代木は、被安打5・8奪三振・1死球の完封。県大会では4試合を完投し自責点1(高知高校との決勝戦1試合目で与えた1点のみ)の力を、四国大会でも見せた。



秋季高知大会での戦歴・試合結果

【秋季四国大会=高知(3枠)】秋季高知大会の結果

①明徳義塾の戦歴・試合結果
・決勝戦再試合 明徳義塾 6-0 高知
・決勝戦 明徳義塾 1-1 高知(12)
・準決勝 明徳義塾 9-0 高知中央(7)
・準々決勝 明徳義塾 10-0 中村(5)
・2回戦 明徳義塾 6-0 高知商

②高知高校の戦歴・試合結果
・決勝戦 高知 0-6 明徳義塾
・決勝戦 高知 1-1 明徳義塾(12)
・準決勝 高知 10-1 土佐塾(7)
・準々決勝 高知 7-0 岡豊(8)
・2回戦 高知 8-1 土佐(7)

③高知中央の戦歴・試合結果
・3位決定戦 高知中央 8-5 土佐塾
・準決勝 高知中央 0-9 明徳義塾(7)
・準々決勝 高知中央 7-0 追手前(8)
・2回戦 高知中央 2-1 高知農業



甲子園交流試合メンバー2020年

【背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校】
01 新地智也  左左 3年 広島 福山市立城西中
02 鈴木大照  右右 3年 大阪 河内長野市立千代田中(主)
03 新沢颯真  右左 3年 奈良 葛城市立新庄中
04 今釘勝   右左 3年 京都 京都市立御池中
05 竹下慶   右左 3年 佐賀 小城市立小城中 
06 合田涼真  右右 3年 愛媛 四国中央市立三島南中 
07 元屋敷大誠 右右 3年 三重 御浜町立阿田和中
08 奥野翔琉  右左 3年 高知 私立明徳義塾中
09 寺崎元輝  右左 3年 大阪 八尾市立八尾東中
10 寺尾虎太朗 右左 3年 高知 私立明徳義塾中
11 高須孝志朗 右左 3年 兵庫 尼崎市立小田中
12 代木大和  左左 2年 愛媛 四国中央市立川之江南中 
13 米崎薫暉  右右 2年 大阪 豊中市立第十五中 
14 加藤愛己  右右 2年 福岡 八女市立黒木中 
15 筒井太一  右右 3年 愛媛 伊予市立伊予中
16 玉城琉   右右 3年 大阪 大阪市立新北野中
17 山中裕介  右左 3年 大阪 岸和田市立久米田中
18 辰巳翔太  右右 3年 高知 私立明徳義塾中
19 高木駿   右右 3年 高知 私立明徳義塾中
20 堀尾晃希  右左 3年 高知 私立明徳義塾中

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手