《選手名簿》鳴門高校 野球部メンバー 2021年

鳴門高校 野球部 メンバー 2021年

鳴門高校 野球部 メンバーを特集!2021年春季四国大会におけるベンチ入りメンバー[学年・出身中学]および春季県大会における戦歴・結果は、以下の通り。

[背番号 名前 投打 学年 出身中学校]
01 冨田遼弥  左/左 2年 藍住中
02 土肥憲将  右/右 2年 石井中
03 藤中温人  右/右 2年 三好中
04 松尾恵成  右/左 3年 江原中
05 上田隼翔  右/左 2年 八木中
06 岸本拓也  右/右 3年 上板中
07 大塚海斗  右/右 3年 土成中
08 杉山敬基  左/左 3年 市場中
09 井川欧莉  左/左 2年 三好中
10 前田一輝  右/右 2年 小松島南中
11 原田祐一朗 右/右 3年 北島中
12 畠山竜弥  右/右 3年 瀬戸中
13 三浦鉄昇  右/右 2年 鳴門第一中
14 團将進   右/左 3年 上板中
15 坂東大地  右/右 3年 白鳥中
16 花補佐准一 右/左 3年 上板中
17 久保田涼  右/右 3年 吉備中
18 手塚一翔  右/右 3年 上板中
19 由谷豪太良 右/右 2年 太地中
20 岡崎凜   右/右 3年 小松島南
※春季四国大会の日程・結果



春季四国大会の戦歴・結果 2021年

4月24日(土) 鳴門 2-3 高知 ※1回戦
鳴門|000|200|000|=2
高知|100|200|00x|=3
投手:鳴門=冨田→岡崎
投手:高知=杉村→高橋→森木
———————————
高知が鳴門に3-2で勝利。ヒットは高知が3本、鳴門が4本。高知が少ない攻撃機会を得点につなげた。投げてはエース森木大智が5回からマウンドにあがり被安打1・奪三振6と好投、鳴門打線を抑え込んだ。《試合経過》高知は1回裏、5番城田のスクイズで1点を先制。鳴門は4回表、9番三浦と1番井川の連続安打で2-1と逆転。しかし4回裏、高知は7番岡本の犠牲フライで2-2の同点、さらに相手失策から1点を挙げて3-2と逆転。これが決勝点となった。



春季徳島大会の戦歴・試合結果

◆2021年春季徳島大会の戦歴・結果
・決勝戦 鳴門 5x-4 徳島商業(13)
・準決勝 鳴門 6-1 脇町
・準々決勝 鳴門 3-1 小松島
・1回戦 鳴門 4-1 生光学園

◆2020年秋季徳島大会の戦歴・結果
・決勝戦 鳴門 4-2 鳴門渦潮
・準決勝 鳴門 11-1 名西(5)
・準々決勝 鳴門 12-1 小松島(5)
・2回戦 鳴門 15-13 徳島商業(10)
・1回戦 鳴門 20-1 板野(5)



春季四国大会 高校野球 2021年

【2021年 春季四国大会 日程・開催県】
・日程:4月24日(土) 25日(日) 5月1日(土)
・会場:香川(レクザム、レグザム丸亀)
・宿泊:香川のホテルを予約(楽天トラベル)
・組み合わせ抽選会:4月23日(金)
・観戦:一般入場不可、関係者のみ入場可能
・出場校一覧(8チーム=各県2チーム
 香川:①英明、②藤井
 徳島:①鳴門、②徳島商業
 愛媛:①新田、②聖カタリナ学園
 高知:①明徳義塾、②高知
 ※愛媛:順位決定戦が中止=抽選で順位決定



直近の四国大会での成績・戦歴

秋季四国大会の戦歴・結果 2020年

10月31日(土) 鳴門 2-9 明徳義塾 (7回コ) ※準決勝
鳴門・・|001|000|100|=2 
明徳義塾|060|102|x00|=9
————————————————
(鳴門)前田、杉山、冨田ー團
(明徳義塾)代木ー加藤
・2塁打:米崎、加藤、岩城(明徳義塾)

————————————————
明徳義塾が9-2(7回コールド)で鳴門に勝利し、センバツ出場が有力に。先制は明徳義塾、2回裏に押出四球を2つ選び2点を先制。さらに満塁から3番・米崎のタイムリーで2点、2死1・3塁から5番・加藤の2塁打で2点を追加し、6-0と大量リードする。一方の鳴門は3回表、二連打と犠打で1死2・3塁とし、内野ゴロの間に1点を返す。明徳義塾は4回裏、5番・加藤の安打で1点、さらに6回裏には6番・岩城の2塁打で2点を追加し、9-1とした。鳴門は7回表に1点を返すも、ゲームセット。明徳義塾の鉄腕エース代木大和は7回を一人で投げ抜き、鳴門の強力打線を相手に、被安打7・無死四球・5奪三振と好投した。

10月25日(日) 鳴門 8-4 高知中央※準々決勝
鳴門・・|500|020|010|=8 
高知中央|200|001|100|=4
——————————————————–
(鳴門)前田、冨田、杉山―団
(高知中央)板谷、吉岡―小松
・2塁打:大塚、冨田、井川、藤中(鳴門)八山(高知中央)

——————————————————–
鳴門が8-4で高知中央に勝利した。鳴門は初回、2死から安打と失策・四球で満塁とすると、6番・大塚海斗の2塁打で3点、さらに9番・三浦のタイムリーで一挙5点を先制する。高知中央は1回裏、無死満塁で4番・八山が2塁打を放ち2点を返す。5回表、鳴門は8番・冨田の2塁打で1点、9番・三浦のタイムリーで1点を追加し、7-2とリードを広げる。高知中央は、6回裏に3番・板谷がタイムリーを放ち1点、7回裏にも1点を返し3点差に迫る。しかし鳴門は8回表、5番・藤中の2塁打で1点をあげ8-4と突き放した。鳴門は、前田・冨田・杉山の3投手が3回ずつを継投し、鳴門の10安打を上回る13安打を浴びながらも粘投し、序盤のリードを守り切った。

徳島県の高校球児 進路・進学先 

徳島県
徳島商業 鳴門 鳴門渦潮 富岡西 生光学園
城北 徳島市立 徳島北