【夏の甲子園】鳴門高校 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

鳴門高校 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 西野知輝(3年)鳴門市一(徳島)
2 原田力輝(2年)羽ノ浦(徳島)
3 塩唐松宏将(3年)津名(兵庫)<主>
4 車谷幹太(3年)白橿(奈良)
5 藤中壮太(2年)三好(徳島)
6 田口史樹(2年)北島(徳島)
7 矢竹敏征(3年)生光学園(徳島)
8 宮崎龍司(3年)鳴門市一(徳島)
9 浦和博(3年)津田(徳島)
10 竹内勇輝(3年)相生(徳島)
11 赤尾爽輝(3年)縄手(大阪)
12 岸本拓也(1年)上板(徳島)
13 納田源一郎(2年)藍住(徳島)
14 大塚海斗(1年)土成(徳島)
15 松永陸也(3年)上板(徳島)
16 鈴木彩人(2年)盾津(大阪)
17 太田尋生(3年)鳴門市一(徳島)
18 松崎立聖(3年)加茂谷(徳島)



鳴門高校チーム紹介

徳島:鳴門(県立)2年連続13度目

<地方大会のチーム成績>
全5試合 失点7 打率.289
本塁打2 盗塁1 失策3

◉チームの特長:7人が昨夏の甲子園経験者。ノーシードから2年連続の夏の甲子園。技巧派の左腕エース・西野知輝は、全5試合44回を一人で投げ抜く。失策3と堅守。

注目打者は4番・浦和博、高校通算31本塁打、打率は.611を誇る。

優勝インタビューで塩唐松宏将主将は「甲子園でも元気はつらつとした笑顔のある野球で勝ちたいです」とコメント。元気ハツラツオロナミンCでも有名な大塚製薬の源流は、鳴門。

◉学校紹介:1909年(明42)創立の県立校。生徒数は917人(女子517人)。野球部は11年創部で部員49人(マネジャー6人)。甲子園は春8度、夏13度。主なOBは元ヤクルトの秦真司、元西武の潮崎哲也、元日本ハムの大貝恭史。徳島県鳴門市撫養町斎田字岩崎135の1。山村啓治校長。



鳴門 10-4 花巻東 8月9日(1回戦)

2年連続出場の鳴門(徳島)が、8強に進出した16年夏以来の初戦突破。鳴門は初回、制球の定まらない花巻東先発の左腕中森至を攻める。安打と2四球で2死満塁の好機をつくり、6番藤中壮太(2年)が走者一掃の左越え三塁打で3点を先制。

3回には、花巻東のエース右腕西舘勇陽から7番納田源一郎(2年)が犠飛を放って追加点。5回にも8番原田力輝(りきと=2年)の2点中前適時打などで3点を加えた。投げては、徳島大会全5試合を1人で投げ抜いたエース左腕の西野和輝が粘り強い投球で完投。

スポンサー リンク