【ドラフト2018】旭川大高のエース沼田翔平、巨人が育成3位で指名!

旭川大高エース沼田翔平、巨人が育成3位で指名!

最速146キロの右腕・旭川大高 沼田翔平(投手)は巨人に育成3位で指名された。

【巨人 入団選手の背番号】
1位 高橋優貴投手 12
2位 増田陸内野手 61
3位 直江大輔投手 54
4位 横川凱投手 62
5位 松井義弥内野手 65
6位 戸郷翔征投手 68
育成1位 山下航汰外野手 009
育成2位 平井快青投手 012
育成3位 沼田翔平投手 016
育成4位 黒田響生内野手 021

年俸240万・支度金200万で仮契約

旭川大高の沼田翔平が11月13日、支度金200万円、年俸240万円(いずれも推定)で仮契約を結んだ。背番号は「016」に決定した。

11月23日の東京ドームで行われるファン感謝祭で、ユニホーム姿を初披露する。「1年目は体作り。将来は菅野さんのような、勝たせる投手になりたい」とコメントした。

「スポンサーリンク」

巨人の指名挨拶を受けてコメント

11月1日に巨人からの指名を受けて沼田は

「ここからが大切。まだ実感はわかないが、やるべき事をやっていきたい。「いずれは球界を代表する、一握りの選手になりたい」

とプロへの意気込みを語った。

ドラフト会議翌日に「もやし」

巨人から指名を受けた翌日、3年生のチームメートから大量のもやしが贈られたという。175センチ、64キロの細身の沼田に対し「お前はもやしだから」という仲間からの祝福。沼田は「体作りは大切。時間をかけて質の良い体を作りたい。理想は70から75キロくらいです」と“脱もやしっ子”を宣言。

柏田スカウトのコメント

「男前ですね。春に糸を引くようなボールを投げていて一目ぼれした」とコメント。

沼田の潜在能力については、「素質は素晴らしく、ボールを強く叩けるのは持って生まれたもの」と高く評価。

「体は大きくなる。筋力、体力、持久力をつけることが大切。プロの食事とトレーニングをすれば、びっくりするように変わる。ワクワクします」と期待を語った。

<巨人>ドラフト結果一覧
◆支配下
1位 高橋 優貴(八戸学院大)投手
2位 増田 陸(明秀日立高)内野手
3位 直江 大輔(松商学園高)投手
4位 横川 凱(大阪桐蔭高)投手
5位 松井 義弥(折尾愛真高)内野手
6位 戸郷 翔征(聖心ウルスラ高)投手
以降 選択終了
◆育成
1位 山下 航汰(健大高崎高)内野手
2位 平井 快晴(岐阜第一高)投手
3位 沼田 翔平(旭川大高)投手
4位 黒田 響生(敦賀気比高)内野手

「スポンサーリンク」

巨人がドラフト育成3巡目で指名

沼田はまず「巨人は強いチーム。信じられない」とコメント。

その後、恩師への感謝の言葉がまずあった。

「端場(雅治)監督やコーチがここまで成長させてくれた。甲子園は連れて行ってもらった場所。」

「対戦したい打者? ソフトバンクの柳田選手。いずれは球界を代表にするピッチャーになりたい。」

運命の日から一夜明け

「周りから『おめでとう』と言われ、うれしい気持ちが一番。全然実感は沸かないが、気が引き締まる思い」と胸中を明かした。

前夜は祝福のメールが100人以上から届き、電話も夜遅くまで鳴りやまず。プロ野球選手になる“すごさ”を、肌で感じた。

「スポンサーリンク」

旭川大高 沼田翔平、プロ志望を公言

夏の甲子園、佐久長聖と甲子園史上初のタイブレーク(14回)の末、4―5で敗れた旭川大高のエース沼田翔平(3年)が、プロ志望届を出したいとコメントした。

8回4失点(自責0)の好投。最速は146キロを誇る。スカウトからは「北海道ナンバーワン右腕」と評価されていた。

沼田は「(プロ志望届を)出したいです」とコメント。

高校時代については、「つらいことの方が多かったが、最後こういう形になり良い3年間だった。育成でもいいから、プロにたどり着きたい」とコメントした。

「スポンサーリンク」

最速146キロ!北海道ナンバー1とスカウト

日本ハム・白井スカウトが「スター性は大事。良い顔だし、北海道の高校生でナンバーワン」と絶賛する投手がいる。旭川大高校・沼田翔平(3年生)だ。

春季大会の旭川商業戦では、最速146キロのストレートなどで完封勝利。

ネット裏には、なんとプロ9球団のスカウトが集結した。2016年夏。北海が甲子園で準優勝し、聖地を意識し始めた。「甲子園しか頭にない。行けるレベルになりたい」と語る。

イケメン・甘いマスクの剛腕でブレイク

2017年秋には、145キロを計測。「スピードは出ていたけど、ボール球だった」。この冬に取り組んだのは重心移動。右足内側に体重を乗せ、ゆったりとしたフォームから重い球を投げ込んだ。

「今はベース上に行くし、指にかかる」。巨人・柏田スカウトは「足場が悪く指も滑る。悪天候にも動じない相当なレベル」と評価。

沼田翔平のプロフィール

ぬまた・しょうへい
2000年6月24日、旭川市生まれ。
旭川神居中1年から野球を始める。
高校では1年春から背番号14でベンチ入り。
175センチ、63キロ。
家族は両親、兄。

スポンサー リンク