【試合結果】大阪桐蔭(大阪) 12-5 京都国際(京都) 7回コールド 準決勝 2020年秋季近畿大会

【試合結果】大阪桐蔭(大阪) 12-5 京都国際(京都) 7回コールド 準決勝 2020年秋季近畿大会

2020年の高校野球・秋季近畿大会の準決勝は、大阪桐蔭が京都国際に12-5(7回コールド)で逆転勝利し、決勝進出。

先制したのは、京都国際。1回表に大阪桐蔭の先発・川井を攻め、2連打のあとに4番・森下が2塁打を放ち2点を先制。さらに満塁から押出四球で1点を追加し、3-0とする。

6回裏、大阪桐蔭は3番・宮下の犠牲フライで1点を返すと、さらに2死満塁にチャンスを作り、6番・花田旭が逆転となる満塁ホームランを放ち、5-3とする。さらにエラーと9番・松尾の3塁打で1点を加え、7-3とリードする。

一方の京都国際は7回表、大阪桐蔭の3番手・西川を攻め、5番・辻井と6番・松下の連続タイムリーで2点を返す。

しかし大阪桐蔭は7回裏、4番・池田の犠牲フライで1点を挙げると、さらに押出と失策で2点を追加。さらに満塁から1番・繁永の2塁打で2点を加え、10点差とした。

京都国際は、先発の平野順大(1年)が大阪桐蔭打線を5回終了時点まで1安打に抑える好投をみせたが、6回以降に大阪桐蔭打線に捉えられた。

10月31日(土) 京都国際(京3) 5-12 大阪桐蔭(大1)(7回コ) ※準決勝
京都国際|300|000|200|=5  
大阪桐蔭|000|007|500|=12
————————————————
(京都国際)平野、森下―中川
(大阪桐蔭)川井、竹中、西川―田近
・本塁打:花田(大阪桐蔭)
・3塁打:松尾(大阪桐蔭)
・2塁打:森下、平野2(京都国際)

スポンサー リンク