大阪桐蔭 野球部ベンチ入りメンバー 2020年甲子園センバツ交流試合|甲子園に飢えているby西谷監督

甲子園交流試合2020 大阪桐蔭 特集!

大阪桐蔭 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を特集する。

「このチームは甲子園に飢えている」と西谷監督は語る。中川世代が春夏連覇してから、聖地の舞台にたった選手はいない。

ごんちゃんこと西野力矢の打撃陣、そしてエー藤江星河を筆頭に全員が最速140キロを超える投手陣に注目したい。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果
 [交流試合 8月17日(月)]
 大阪桐蔭 4-2 東海大相模 [大阪|神奈川]

テレビ番組 ABC「2020高校野球 僕らの夏」やNHK「#高校最後の夏だから 僕らの夏」などが放送予定

「プロ志望届」提出者一覧を毎日更新中。2020年春の全国球児の進学先《高校別》を特集!

・47都道府県の独自代替大会(結果)はこちら。センバツ甲子園交流試合(日程・結果)が開催中!



ベンチ入りメンバー

【監督】西谷浩一
<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
1 藤江星河 左/左 3年 長崎・諫早市立諫早中
2 吉安遼哉 右/左 3年 大阪・大阪市立港南中
3 船曳烈士 右/右 3年 兵庫・たつの市立龍野西中
4 加藤巧也 右/右 3年 岡山・岡山市立京山中
5 西野力矢 右/右 3年 和歌山・紀の川市立粉河中
6 伊東光亮 右/左 3年 広島・広島市立五日市南中
7 上野海斗 右/右 3年 熊本・菊陽町立武蔵ヶ丘中
8 池田陵真 右/右 2年 大阪・和泉市立和泉中
9 仲三河優太 右/左 3年 栃木・栃木市立太平中
10 申原理来 右/右 3年 兵庫・神戸市立西代中
11 関戸康介 右/右 2年 長崎・佐世保市立広田中
12 清水大晟 右/右 3年 三重・伊賀市立青山中
13 柳野友哉 右/右 3年 兵庫・芦屋市立山手中
14 藪井駿之裕 右/右 3年 大阪・摂津市立第五中(主将)
15 松浦慶斗 左/左 2年 北海道・旭川市立明星中
16 前田健伸 左/左 2年 山口・下松市立末武中
17 岩本賢志 左/左 3年 兵庫・丹波市立柏原中(三田シニア) 
18 浅野駿 右/左 3年 大阪・大阪市立野田中
19 増田和希 右/右 3年 大阪・熊取町立熊取北中(松原ボーイズ)
20 宮下隼輔 右/右 2年 愛知・大府市立大府南中(東海中央ボーイズ)




【登録外の野球部 全メンバー一覧】
投 阿部瑚太朗 3年 愛知・刈谷市立朝日中(東海中央ボーイズ) 
竹中勇登 右/右 2年 岡山県・浅口市立金光中(倉敷ビガーズ)
投 又吉将太 3年 大阪市立大正北中(大阪西成シニア) 
投 三好遼也 3年 愛知・豊川市立南部中(愛知豊橋シニア)
投 西川音羽 2年 広島・三原市立宮浦中(三原中央シニア)
樋上颯太 2年 滋賀・野洲市立中主中(湖南ボーイズ) 
坂玲哉 2年 滋賀・甲賀市立水口中(湖南ボーイズ) 
捕 田近介人 2年 愛知・名古屋市立猪子石中(東海ボーイズ) 
捕 山本颯大 2年 柏原市立堅下北中(河南シニア) 
内 芦川真央 3年 和歌山・御坊市立御坊中(日高マリナーズボーイズ) 
内 小谷太誠 2年 鳥取・鳥取市立桜ヶ丘中(鳥取中央シニア) 
内 繁永晟 2年 福岡・福岡市立築城中(飯塚ボーイズ) 
内 中森暁大 2年 池田市立池田中(池田ボーイズ) 
内 平尾仁 3年 京都・宇治市立木幡中(大津瀬田ボーイズ) 
内 石川雄大 2年 岸和田市立岸城中(忠岡ボーイズ) 
内 藤原夏暉 2年 和泉市立南池田中(大阪和泉ボーイズ) 
外 古藤遥人 3年 京都・京都市立上京中(京都嵐山ライオンズボーイズ) 
外 大嶽玄貴 3年 岐阜・多治見市立陶都中(名古屋富士ボーイズ) 
外 藤田翔太 2年 兵庫・加古川市立志方中(神戸中央シニア) 
外 道端良介 3年 河内長野市立西中(南大阪BBC ) 
外 野間翔一郎 2年 山口・周南市立周陽中(山口東シニア) 
花田旭 2年 東大阪市立新喜多中(西淀ボーイズ)
外 山下来球 2年 大阪市立瑞光中(大淀ボーイズ) ほか



注目選手(打者・投手)

・「このチームは甲子園に飢えている」と西谷監督は語る。今のメンバーは、まだ誰ひとり甲子園でのプレー経験がない。藪井駿之裕が主将としてチームを率いる。

・このチームもタレント揃いだ。秋は11試合で124得点、チーム打率は4割を超えと屈指の攻撃力を持つ。

・注目の筆頭は「ごんちゃん」こと、西野力矢だ。高校通算24本塁打を誇る長距離砲(春時点)。秋季近畿大会の明石商業戦では、中森俊介から本塁打を放つなどの活躍。秋は打率・本塁打数・打点でチーム三冠王に輝いた。ちなみに、カラオケがうまいとチームでは評判でもある。

・主軸の任される仲三河優太は、中学時代に小山ボーイズで最速139キロ右腕としてジャイアンツカップで準優勝、U15代表ではエースを任された逸材だ。船曳烈士もパンチ力と高い打撃センスを持ち、高校通算22本塁打を誇る(数字は春時点)。

・エース藤江星河は、最速141キロ左腕。長崎・諫早ボーイズ時代には、ボーイズ日本代表として活躍。同世代の日本代表には、チームメイトの仲三河優太、横山陽樹(作新学院)、井上朋也(花咲徳栄)印出太一(中京大中京)細川凌平(智辯和歌山)らがいる。

・大きな注目を集めそうなのは、2年生の大型左腕・松浦慶斗だ。長身ながら体幹がぶれず、美しいフォームで力のあるボールを内外に投げ込む。次世代のエース候補として期待がかかる。北海道出身の松浦は、従兄弟にソフトバンク・古谷優人(16年ドラフト2位)を持つ。

・投手陣はこのほか、3年生右腕の申原理来、中学時代に146キロを記録した関戸康介(2年=明徳義塾中出身)にも注目したい。

・2019年入学世代(現在の2年生)には、U15日本代表が5人揃う。U15日本代表では主将を務め、世界一を経験した池田陵真(2年)は、将来が楽しみな選手の一人だ。次世代の大阪桐蔭を引っ張る存在としても期待がかかる。すでに高校2年生とは思えない鍛えあげられたパンパンな体から、強烈な打球を放つ。



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】近畿準優勝、大阪優勝
【評価】A=5、B=0、C=0(スポーツ紙5紙)
【打率】.410★3位
【防御率】3.84
【得点】124点★3位 (11.3点)★3位
【本塁打】14本★2位 (1.3本)★3位
【盗塁数】9 (0.9)
【エラー】1★1位 (0.1)★1位
【部員数】43人/全校生徒1918人★2位
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

戦歴・秋の試合結果

◉秋季近畿大会=準優勝
大阪桐蔭 4-12 天理(決勝)
大阪桐蔭 6x-5 智辯学園 (9回サヨナラ)(準決勝)
大阪桐蔭 4-3 明石商業(準々決勝)
大阪桐蔭 19-1 立命館守山(5回コ)

◉秋季大阪大会=優勝
大阪桐蔭 9-6 履正社(延長10回)(決勝)
大阪桐蔭 13-2 初芝立命館(5回コ)(準決勝)
大阪桐蔭 11-0 上宮(6回コ)(準々決勝)
大阪桐蔭 9-1 近大附(7回コ)
大阪桐蔭 12-0 大産大附(5回コ)
大阪桐蔭 13-2 岸和田(5回コ)
大阪桐蔭 24-0 渋谷(5回コ)



出場校・ベンチ入りメンバー

※高校名(秋成績)・センバツ出場回数

【21世紀枠:3校】21世紀枠一覧
帯広農業(北海道4強):初出場
磐城(東北8強):3回目
平田(中国8強):初出場

【北海道:1校】北海道大会
白樺学園:初出場(優勝、神宮4強)

【東北:2校】東北大会
仙台育英:13回目(優勝)
鶴岡東:2回目(準優勝)

【関東・東京:6校】関東東京大会
健大高崎:4回目(優勝、神宮準優勝)
山梨学院:4回目(準優勝)
東海大相模:11回目(4強)
桐生第一:6回目(4強)
国士舘:10回目(優勝)
花咲徳栄:5回目(8強)

【東海:2校】東海大会
中京大中京:31回目(優勝、神宮優勝)
県立岐阜商業:19回目(準優勝)

【明治神宮枠 東海:1校】神宮大会
加藤学園:初出場 




【北信越:2校】北信越大会
星稜:14回目(優勝)
日本航空石川:2回目(準優勝)

【近畿:6校】近畿大会
天理:24回目(優勝、神宮4強)
大阪桐蔭:11回目(準優勝)
履正社:9回目(4強)
智辯学園:13回目(4強)
明石商業:3回目(8強)
智辯和歌山:14回目(8強)

【中国・四国:5校】中国四国大会
倉敷商業:4回目(優勝)
鳥取城北:2回目(準優勝)
明徳義塾:19回目(優勝)
尽誠学園:7回目(準優勝)
広島新庄:2回目(4強)

【九州:4校】九州大会
明豊:4回目(優勝)
大分商業:6回目(準優勝)
創成館:4回目(4強)
鹿児島城西:初出場(4強)

スポンサー リンク