《特集》大阪桐蔭 野球部メンバー徹底分析(センバツ2021)

大阪桐蔭 野球部 メンバーを特集 

※特集:①センバツ日程 ②優勝候補アンケート

センバツ2021年 大阪桐蔭 野球部ベンチ入りメンバーおよび秋季大会の結果・戦歴などを特集する。

秋季大阪大会=優勝。近畿大会=準優勝:大阪大会の準決勝までの5試合は、近大付・箕面学園・興国などに全試合コールド勝ち。準決勝・履正社戦は8-3、決勝・東海大仰星戦は8-1で勝利し、優勝。近畿大会では、初戦・長田に8-0、続く準々決勝では天理・達孝太を攻略し11-4、準決勝は京都国際に12-5と、3試合連続コールド。決勝は智辯学園に3-7で敗れて、準優勝。

◆優勝候補としての注目度もトップクラス:全国でも頭ひとつ抜けた戦力が揃い、公式戦成績ではほぼ全てでトップクラス入りする西の横綱・大阪桐蔭。秋は、打率.375(4位)、平均得点10.5点(2位)、防御率2.39(22位)、平均失点2.1点(13位)、総本塁打数11本(2位)、平均本塁打数1本(2位)、平均盗塁数3.2個(4位)、平均失策数0.5個(6位)を記録。スポーツ6紙の評価はオールAで、優勝候補の筆頭格として注目される。

◆JAPAN主将の池田陵真に注目:U15日本代表でも主将を務めた池田陵真(2年)がタレント集団を率いる。圧倒的な存在感を放つ筋肉パンパンのガタイから、強烈な打球を打ち返す4番打者。秋は打率.515・19打点を記録し、いずれもチーム1位。本塁打も3本を記録した。また、パンチ力のある強打者が揃う。宮下隼輔(2年)は、近畿大会・天理戦で勝ち越しの3ラン本塁打を放つなど、秋はチーム1位の4本塁打を記録。また、花田旭(2年)は、近畿大会の準決勝・京都国際戦で、3点差を追いかける展開の6回裏に、逆転満塁本塁打を記録した。

◆世代No.1左腕の松浦慶斗:最速150キロを誇る世代No.1サウスポー松浦慶斗(2年)に注目。西谷監督も絶大な信頼を寄せるエース。大阪大会の準決勝・履正社戦、決勝・東海大大阪仰星戦では、2試合連続で完投。近畿大会では初戦で先発、勝てば選抜当確となる準々決勝の天理戦で完投勝利した。また、甲子園交流試合でも2-2の8回から登板するなど、勝負どころとなる試合(局面)でマウンドを託される。宮城・石巻市生まれ。東日本大震災で被災し、その後は北海道へ転居。父は、北の名門・北海高校で甲子園出場経験がある。

◆関戸康介・竹中勇登・川井泰志ら好投手が揃う:最速154キロの右腕・関戸康介(2年)にも熱視線が送られる。明徳義塾中学時代は最速146キロを計測し注目を集め、軟式で中学3年の夏に全国大会準優勝を経験。ホップするように伸び上がるストレートは魅力たっぷりだ。また、ともにU15日本代表を経験した右腕・竹中勇登(2年)、左腕・川井泰志(1年)など、上位進出には欠かせない好投手が何人も控える。



大阪桐蔭 ベンチ入りメンバー

※センバツ登録選手は例年3月10日前後公表
※以下:秋季近畿大会ベンチ入りメンバー

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 松浦慶斗 左左 3年 北海道・旭川市立明星中(旭川大雪ボーイズ)
02 田近介人 右右 3年 愛知・名古屋市立猪子石中(東海ボーイズ)  
03 前田健伸 左左 3年 山口・下松市立末武中(山口東リトルシニア)
04 繁永晟 右右 3年 福岡・福岡市立築城中(飯塚ボーイズ) 
05 宮下隼輔 右右 3年 愛知・大府市立大府南中(東海中央ボーイズ)
06 藤原夏暉 右両 3年 大阪・和泉市立南池田中(大阪和泉ボーイズ)  
07 野間翔一郎 左左 3年 山口・周南市立周陽中(山口東シニア) 
08 池田陵真 右右 3年 大阪・和泉市立和泉中(忠岡ボーイズ)◎主将
09 花田旭 右右 3年 大阪・東大阪市立新喜多中(西淀ボーイズ) 
10 関戸康介 右右 3年 長崎・佐世保市立広田中(明徳義塾中学)
11 竹中勇登 右右 3年 岡山・浅口市立金光中(倉敷ビガーズ) 
12 松尾汐恩 右右 2年 京都・精華(京田辺ボーイズ)
13 海老根優大 右右 2年 千葉・こてはし台(京葉ボーイズ)
14 川井泰志 左左 2年 群馬・桐生中央中(桐生ボーイズ)
15 西川音羽 右右 3年 広島・三原市立宮浦中(三原中央シニア) 
16 藤田翔太 右左 3年 兵庫・加古川市立志方中(神戸中央シニア)  
17 石川雄大 右右 3年 大阪・岸和田市立岸城中(忠岡ボーイズ) 
18 小谷太誠 右左 3年 鳥取・鳥取市立桜ヶ丘中(鳥取中央シニア)  
監督:西谷浩一
記録員:樋上颯太 3年



秋季大会の主な成績・データ

<大阪桐蔭の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】2年連続12回目(夏の甲子園=10回)
【成績】大阪大会=優勝、近畿大会=準優勝
【勝敗】11戦10勝1敗
【評価】A=6、B=0、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .375 / 4位 (.332)
【防御率】2.39 / 22位 (2.19)
【失点数】23点 / 17位 (22.3点)
 →平均 2.1点 / 13位 (2.4点)
【得点数】115点 / 1位 (67.4点)
 →平均 10.5点 / 2位 (7.3点)
【本塁打】11本 / 2位 (3.5本)
 →平均 1本 / 2位 (0.4本)
【盗塁数】35個 / 3位 (15.9個)
 →平均 3.2個 / 4位 (2個)
【失策数】6個 / 11位 (7.2個)
 →平均 0.5個 / 6位 (0.8個)
【部員数】40人(0人) (22位)
【生徒数】1877人 (2位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

[特集]センバツ全32出場校一覧



秋季近畿大会の戦歴・試合結果

◆決勝戦
智辯学園(奈良2) 7-3 大阪桐蔭(大阪1)

 智辯学園|201|011|101|=7
 大阪桐蔭|001|100|100|=3
————————————————
(智辯学園)西村―安藤
(大阪桐蔭)松浦、関戸、竹中―田近
・本塁打:山下、前川(智辯学園)前田(大阪桐蔭)
・2塁打:三垣、垪和(智辯学園)宮下(大阪桐蔭)

————————————————
智辯学園が7-3で大阪桐蔭に勝利し、優勝。試合は智辯学園が序盤から得点を重ね、左腕エース西村王雅が9安打を浴びながらも要所を締め、強打の大阪桐蔭打線に集中打を許さなかった。智辯学園は初回、ヒットと四球で走者を出すと5番・三垣の2塁打で2点を先制。3回表には4番・キャプテン山下がソロ本塁打を放ち、3-0とする。大阪桐蔭は、3回裏に3番・宮下の2塁打で1点を返すと、4回裏には5番・前田のソロ本塁打で1点を挙げ、2-3と1点差に追い上げる。しかし智辯学園は5回表、またも5番・三垣がタイムリーを放ち、4-2と突き放した。大阪桐蔭は6回表に先発の松浦から関戸へ継投。智辯学園は、5回表に8番・安藤の犠牲フライで1点を追加すると、7回表には3番・前川右京のソロ本塁打で6-2と突き放す。7回裏、大阪桐蔭は4番・池田主将のタイムリーで1点を返し6-3。しかし、智辯学園は9回表、4番・キャプテン山下のタイムリーで7-3とし、試合を決めた。今大会、智辯学園は左腕エース西村王雅が滋賀学園・龍谷大平安・大阪桐蔭戦を、右腕エース小畠一心が市立和歌山戦をそれぞれ一人で投げ抜き、躍進の原動力となった。4番・山下陽佑主将は、準決勝までの打率が.700を記録し、決勝ではソロ本塁打と9回にはダメ押しとなるタイムリーを放つなど、結果でもチームを引っ張った。また、6番・三垣飛馬は準決勝までチーム最多5打点と活躍し、決勝戦でも先制2塁打などで3打点を挙げ、勝負強さが際立った。3番・前川右京は今大会はやや低調だったが、大一番の決勝ではソロ本塁打(高校通算29本目)を放つなど存在感を示した。一方の大阪桐蔭は、長田・天理・京都国際の3試合を全てコールドで撃破するなど、破壊力は抜群。4番・池田主将を中心に強打者が揃い、準々決勝・天理戦で3番・宮下が3ラン、準決勝・京都国際戦で6番・花田旭が逆転満塁弾を放つなど日替わりスターが誕生した。信頼感があるエース松浦を中心に、関戸・竹中らが控える投手陣は全国屈指。一冬越えた春、甲子園でさらに成長を遂げた姿に注目したい。




◆準決勝
京都国際(京3) 5-12 大阪桐蔭(大1)(7回コ)

 京都国際|300|000|200|=5  
 大阪桐蔭|000|007|500|=12
————————————————
(京都国際)平野、森下―中川
(大阪桐蔭)川井、竹中、西川―田近
・本塁打:花田(大阪桐蔭)
・3塁打:松尾(大阪桐蔭)
・2塁打:森下、平野2(京都国際)

————————————————
大阪桐蔭が京都国際に12-5(7回コールド)で逆転勝利し、決勝進出。先制したのは、京都国際。1回表に大阪桐蔭の先発・川井を攻め、2連打のあとに4番・森下が2塁打を放ち2点を先制。さらに満塁から押出四球で1点を追加し、3-0とする。6回裏、大阪桐蔭は3番・宮下の犠牲フライで1点を返すと、さらに2死満塁にチャンスを作り、6番・花田旭が逆転となる満塁ホームランを放ち、5-3とする。さらにエラーと9番・松尾の3塁打で1点を加え、7-3とリードする。一方の京都国際は7回表、大阪桐蔭の3番手・西川を攻め、5番・辻井と6番・松下の連続タイムリーで2点を返す。しかし大阪桐蔭は7回裏、4番・池田の犠牲フライで1点を挙げると、さらに押出と失策で2点を追加。さらに満塁から1番・繁永の2塁打で2点を加え、10点差とした。京都国際は、先発の平野順大(1年)が大阪桐蔭打線を5回終了時点まで1安打に抑える好投をみせたが、6回以降に大阪桐蔭打線に捉えられた。

◆準々決勝
大阪桐蔭(大1) 11-4 天理(奈2)(7回コ)

 大阪桐蔭|004|100|600|=11
 天理・・|100|002|100|=4

——————————————————–
(大阪桐蔭)松浦―田近
(天理)達―政所
・本塁打:宮下(大阪桐蔭)
・3塁打:内山(天理)
・2塁打:藤原、前田、田近(大阪桐蔭)瀬、堀内(天理)
——————————————————–
昨年の秋季近畿大会・決勝戦と同一の対戦カードとなった準決勝の一戦は、大阪桐蔭が11-4(7回コールド)で天理に勝利。大阪桐蔭はセンバツ出場が有力に。昨年抑えられた天理のエース達に対して、大阪桐蔭打線が序盤と終盤にたたみ掛けた。天理が1回裏に瀬の2塁打で1点を先制し迎えた4回表、大阪桐蔭は2番・野間のタイムリーで同点に追いつくと、3番・宮下が3ラン本塁打を放ち4-1。さらに5回には、7番・藤原の2塁打で1点を追加する。一方の天理は6回裏、連打で2者が出塁すると、2番・堀内の2塁打で2点を返し、5-3と追い上げる。しかし大阪桐蔭は7回表、2死1・3塁から4番・池田主将のタイムリーで1点、5番・前田のタイムリーで1点、6番・花田のタイムリーで1点、さらに8番・田近の2塁打で3点と、この回に一挙6点をあげ、11-3とする。天理は7回裏に無死満塁のチャンスを作るも、得点は1点にとどまりゲームセット。大阪桐蔭は昨年決勝で天理に12-4で敗れたが、今秋は11-4のスコアで勝利。大阪桐蔭のエース松浦は、6・7回に連打を浴びるものの、被安打7・2奪三振・1死球と力投した。対する天理のエース達者は、11安打を浴びるものの、奪三振は7回で11つを記録するなど力を見せた。

◆1回戦
長田高校(兵3) 0-8 大阪桐蔭(大1)(7回コ)

 長田高校|000|000|000|=0 
 大阪桐蔭|530|000|x00|=8
————————————————
(長田)松田―大西
(大阪桐蔭)松浦、竹中、関戸、川井、西川―田近
・3塁打:藤原、松尾(大阪桐蔭)
・2塁打:野間、池田(大阪桐蔭)
————————————————
大阪桐蔭が序盤に猛攻を見せ、8-0の7回コールドで長田に勝利。大阪桐蔭は1回裏、長田の先発・松田宰(1年)の立ち上がりを攻め、4番・池田陵真主将の犠牲フライと5番・前田健伸の安打で2点、さらに7番・藤原夏暉の3塁打で2点、続く8番・田近介人の安打で1点を挙げ、初回に一挙5点を先制。2回裏には、2番・野間翔一郎の2塁打で1点、4番・池田陵真の2塁打で1点、さらに捕逸で1点をを加え、8-0とリードした。大阪桐蔭は、松浦慶斗が先発し、3回からは竹中勇登、5回からは関戸康介、6回から川井泰志、7回から西川音羽に継投するなど、5投手が登板。70年ぶりの近畿大会出場となった長田高校の先発・松田宰(つかさ・1年)は、序盤に安打を浴びるも、3回〜6回までは強力打線をヒット1本に抑えるなど力を見せた。



秋季大阪大会の戦歴・試合結果

【秋季近畿大会=大阪(3枠)】秋季大阪大会結果

①大阪桐蔭の戦歴・試合結果
・決勝戦 大阪桐蔭 8-1 東海大大阪仰星
・準決勝 大阪桐蔭 8-3 履正社
・準々決 大阪桐蔭 15-1 興国(5)
・5回戦 大阪桐蔭 8-1 箕面学園(8)
・4回戦 大阪桐蔭 24-0 千里(5)
・3回戦 大阪桐蔭 10-0 近大付(6)
・2回戦 大阪桐蔭 8-1 渋谷(7)

②東海大大阪仰星の戦歴・試合結果
・決勝戦 東海大仰星 1-8 大阪桐蔭
・準決勝 東海大仰星 11-1 山田(6)
・準々決 東海大仰星 8-1 八尾(7)
・5回戦 東海大仰星 5-1 大冠
・4回戦 東海大仰星 3-1 大阪
・3回戦 東海大仰星 12-5 大阪学芸(7)
・2回戦 東海大仰星 11-0 今宮工科(5)
・1回戦 東海大仰星 8-0 春日丘(7)

③山田高校の戦歴・試合結果
・3位決定戦 山田 2-1 履正社
・準決勝 山田 1-11 東海大大阪仰星(6)
・準々決 山田 5-4 大産大付
・5回戦 山田 7-4 上宮
・4回戦 山田 4-2 浪速
・3回戦 山田 – 清教学園※山田の不戦勝
・2回戦 山田 7-5 桃山学院(10)



センバツ甲子園交流試合メンバー2020年

【甲子園交流試合ベンチ入りメンバー】
【背番号・選手名・学年・出身中学校】
01 藤江星河 3年 長崎・諫早市立諫早中
02 吉安遼哉 3年 大阪・大阪市立港南中
03 船曳烈士 3年 兵庫・たつの市立龍野西中
04 加藤巧也 3年 岡山・岡山市立京山中
05 西野力矢 3年 和歌山・紀の川市立粉河中
06 伊東光亮 3年 広島・広島市立五日市南中
07 上野海斗 3年 熊本・菊陽町立武蔵ヶ丘中
08 池田陵真 2年 大阪・和泉市立和泉中
09 仲三河優太 3年 栃木・栃木市立太平中
10 申原理来 3年 兵庫・神戸市立西代中
11 関戸康介 2年 長崎・佐世保市立広田中(明徳義塾中学)
12 清水大晟 3年 三重・伊賀市立青山中
13 柳野友哉 3年 兵庫・芦屋市立山手中
14 藪井駿之裕 3年 大阪・摂津市立第五中(主将)
15 松浦慶斗 2年 北海道・旭川市立明星中
16 前田健伸 2年 山口・下松市立末武中
17 岩本賢志 3年 兵庫・丹波市立柏原中
18 浅野駿 3年 大阪・大阪市立野田中
19 増田和希 3年 大阪・熊取町立熊取北中
20 宮下隼輔 2年 愛知・大府市立大府南中

【甲子園交流試合の登録外メンバー】
投 阿部瑚太朗 3年 愛知・刈谷市立朝日中
竹中勇登 2年 岡山県・浅口市立金光中
投 又吉将太 3年 大阪市立大正北中
投 三好遼也 3年 愛知・豊川市立南部中
投 西川音羽 2年 広島・三原市立宮浦中
樋上颯太 2年 滋賀・野洲市立中主中
坂玲哉 2年 滋賀・甲賀市立水口中
捕 田近介人 2年 愛知・名古屋市立猪子石中
捕 山本颯大 2年 柏原市立堅下北中
内 芦川真央 3年 和歌山・御坊市立御坊中
内 小谷太誠 2年 鳥取・鳥取市立桜ヶ丘中
内 繁永晟 2年 福岡・福岡市立築城中
内 中森暁大 2年 池田市立池田中
内 平尾仁 3年 京都・宇治市立木幡中
内 石川雄大 2年 岸和田市立岸城中
内 藤原夏暉 2年 和泉市立南池田中
外 古藤遥人 3年 京都・京都市立上京中
外 大嶽玄貴 3年 岐阜・多治見市立陶都中
外 藤田翔太 2年 兵庫・加古川市立志方中
外 道端良介 3年 河内長野市立西中
外 野間翔一郎 2年 山口・周南市立周陽中
花田旭 2年 東大阪市立新喜多中
外 山下来球 2年 大阪市立瑞光中   ほか

※特集:①センバツ日程 ②優勝候補アンケート