【ソフトバンク5位】履正社 田上奏大 年俸550万・契約金3000万(叔父は元ソフトバンク)

履正社 田上奏大 最速151キロ右腕・叔父は元ソフトバンク

履正社の田上奏大は、2020年ドラフト会議でソフトバンクから5位指名を受けた。入団交渉の結果、契約金3000万・年俸550万で合意。

最速151キロの右腕投手で、履正社では1年生の秋からベンチ入りし、主に外野手として活躍。

将来を見据えて本格的に「投手」としての練習を始めたのは、2020年に入ってから。

母・由香さんが2020年9月に乳がんの手術を行った。手術後も体調が優れない母を見て、「大学に進んだらお金もかかるし、プロならお金をもらえる。負担は掛けると思うけど、楽はさせてあげられるかなと」と、プロへの挑戦を決意。

その後、ドラフト会議でソフトバンクから5位の指名を受けると、「母子家庭で育ててもらったので、親孝行したい。楽をさせてあげたい」とコメントしている。

小学生時代にはオリックスジュニアに選出、住之江中時代は西成ボーイズでプレーした。履正社では、2年生の春夏甲子園と2020年の甲子園交流試合に出場。2019年夏の甲子園では、控えとしてベンチ入りし、全国制覇メンバーに。

母の弟で中日ドラゴンズやソフトバンクで活躍した田上秀則氏(現大産大付高校の野球部監督)を叔父に持つ。

【選手プロフィール】
履正社・田上奏大(たのうえ・そうた)
ポジション:投手
出身地:大阪府大阪市
球歴:住之江中ー履正社高校
生年月日:2002・11・26
身長/体重:185cm/83kg
投打:右左



ソフトバンク ドラフト会議2020

 [指名順位・名前・高校大学・守備]
1位  井上朋也  花咲徳栄     内
2位  笹川吉康  横浜商      外
3位  牧原巧汰  日大藤沢     捕
4位  川原田純平 青森山田     内
5位  田上奏大  履正社      投
————育成———————————–
1位  佐藤宏樹  慶大       投
2位  中道佑哉  八戸学院大    投
3位  桑原秀侍  神村学園     投
4位  早真之介  京都国際     外
5位  緒方理貢  駒大       内
6位  居谷匠真  明豊       捕
7位  大城真乃  宜野座      投
8位  中村亮太  東農大北海道オホーツク 投
【ドラフト会議2020年 新人選手の契約金/年俸】

スポンサー リンク