【逸材揃う】東海大相模のスーパー1年生・西川僚祐 諸隈惟大 山村崇嘉に注目せよ

東海大相模・西川僚祐、1年で高校通算30発と清宮超え

東海大相模の1年生・西川僚祐(にしかわりょうすけ)は、19・20年の高校野球界でブレイクを予感させる逸材。なんと、高校1年生(18年末時点)にして、高校通算本塁打数は30発と放つスラッガーだ。

高校史上最多は「111本の早実・清宮幸太郎」。清宮は、高1の年末時点で22本で、すでに8本上回るペース。西川は「東海大相模で歴代1位の大田泰示さんの通算65本は、確実に超えたい」と意気込む。

中学時代の活躍も凄まじい。千葉・佐倉シニアでは、主将を務め、17年の日本選手権で優勝、優秀選手賞に輝く。「高校でも全国優勝を狙えるチームに行きたい」と東海大相模への入学を決めた。

1年生として迎えた2018年。夏の大会を前に、毎年恒例の「大阪桐蔭」との練習試合では、4番で起用され、貴重な経験を与えられた有望株。

西川僚祐(にしかわ・りょうすけ)プロフィール

2002年(平14)4月19日生まれ
千葉県船橋市出身
古和釜中時代は佐倉シニアに所属。中3時には主将としてジャイアンツカップで全国制覇
186センチ、94キロ
右投げ右打ち
好きな食べ物は、すし、菓子、アイス
あこがれの選手は、ソフトバンク柳田

「スポンサーリンク」

東海大相模・諸隈惟大、山村崇嘉

諸隈惟大は、左腕からキレのいいストレート、スライダーを武器に打ち取る総合力の高い投手で、17年夏のジャイアンツカップでチームを優勝に導いた逸材。打撃センスも抜群。

山村は、将来を担う1年生。名門・武蔵府中シニア出身。侍ジャパンU-15でも完成度の高いピッチングと力強い打撃を魅せた。

横浜高校・度会隆輝、父は元ヤクルト

1年生ながら、第100回夏の甲子園にベンチ入りし、代打として活躍した度会隆輝。ヤクルトで活躍した度会博文氏を父に持つ内野手。読み仮名は、「わたらいりゅうき」と読む。千葉の佐倉シニア出身。

17年11月のU-15アジアチャレンジマッチでは、3番打者として活躍。大会最優秀選手にも選ばれた。

横浜高校・木下幹也、横浜の看板選手の期待

世田谷西シニアでエース兼中軸打者だった木下幹也(もとや)。

84センチ83キロという堂々とした体躯に加え、シニア時代にはチームメイトの誰もが認める野球への真摯な姿勢でチームを引っ張った。17年夏のシニア日本選手権では度会らを擁する佐倉シニアを破って日本一。

横浜高校・松本隆之介、大型左腕

18年4月15日(日)の春季大会で1年生ながらマウンドに。最速145キロを記録し、話題を集めた。

身長は186センチの大型左腕。中学時代は、戸塚リトルシニアのエースとして注目。すらりとした手足の長いいかにも投手らしい体つきで、マウンドに立った時から速いボールを投げそうな雰囲気は十分。

スポンサー リンク