【ロッテ 5位】東海大相模 西川僚祐 高校通算55本塁打の右のスラッガー

東海大相模・西川僚祐 高校通算55本塁打の長距離砲 

東海大相模の西川僚祐は、2020年ドラフト会議で千葉ロッテから5位指名を受けた。

ビッグな体を持つ右の大型スラッガーである。高校通算本塁打は、55本を誇る。ちなみに、東海大相模で歴代1位は大田泰示の65本。高校史上最多本塁打数は早実・清宮幸太郎の111本である。

センバツ出場がかかる2019年の秋公式戦は、9試合で打率.529、4本塁打、17打点の項目で「チーム三冠王」に輝いた。

西川僚祐の父はハンドボール、母がバスケットボールの元選手として活躍。生まれた時は、逆子で誕生。小学校に入学するときには、すでに135cmあったという。

千葉県船橋市出身。中学時代は、佐倉シニア主将としてジャイアンツカップで優勝した経験を持つ。



西川僚祐(東海大相模)プロフィール・出身・経歴

読み方:にしかわりょうすけ
誕生日:2002年4月19日
50mタイム:6.5秒
出身中学:船橋市立古和釜中学校
所属チーム:佐倉シニア
趣味:寝ること
好きな野球選手:なし
好きな球団:ヤンキース
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:焼肉
苦手な食べ物:なし
好きなタレント:明石家さんま
ニックネーム:りょうすけ



ロッテ ドラフト会議2020

 [指名順位・名前・高校大学・守備]
1位  鈴木昭汰  法大       投
2位  中森俊介  明石商      投
3位  小川龍成  国学院大     内
4位  河村説人  星槎道都大    投
5位  西川僚祐  東海大相模    外
————育成———————————–
1位  谷川唯人  立正大淞南    捕
2位  小沼健太  BC茨城     投
3位  山本大斗  開星       外
4位  佐藤奨真  専大       投
【ドラフト会議2020年 新人選手の契約金/年俸】

スポンサー リンク