【男子・日程】全国都道府県対抗駅伝 2021年1月17日(日) 中止と発表

男子・都道府県対抗駅伝 2021年

※日本陸上競技連盟は、男女共に中止と発表(9月18日)

2021年の都道府県対抗駅伝(男女)は、男子が2021日1月17日(日)、女子が1月24日(日)の日程で開催予定だった。

<開催中止の理由>
「都道府県対抗駅伝は、ほかの駅伝大会と異なり、普段は別々の所属先で活動、生活している競技者、スタッフが集まって各都道府県の混合チームを編成し、全国各地から大会開催地への移動も必要となる。混合チームの選手および関係者の感染対策の管理が難しく、感染者または濃厚接触者がいることが判明した場合の影響が大きいと考えられるため」と説明。



男子・都道府県対抗駅伝 2020年

2020年の全国都道府県対抗男子駅伝は、長野が2時間17分12秒(記録は速報値)の大会新記録で3年ぶり8度目の優勝。

最終7区(13キロ)で、首位でタスキを受けた早稲田大学・中谷雄飛(2年)が社会人ランナーの強豪から逃げ切った。2009年に長野がマークした2時間18分43秒を1分31秒も更新するハイペースなレースとなった。

2位は兵庫。3位は埼玉。7区で1位の長野と21秒差の4位でスタートした埼玉は、前マラソン日本記録保持者の設楽悠太が3位まで追い上げた。

前回、初優勝した福島は、箱根駅伝2区で区間新記録をマークした東洋大の相沢晃(4年)が区間記録に1秒と迫る区間賞で12人をゴボウ抜きしたが、14位だった。

<女子:2020結果>女子は、京都が2時間16分15秒で、3年ぶり17度目の優勝。宮城が10秒差の2位。3位には東京。2連覇を目指した愛知は20位。



男子の結果順位 2020年

最終7区=13.0キロ

【ゴール地点】長野・中谷が逃げ切り、大会新記録の2時間17分11秒をマークして3年ぶり8度目の優勝。兵庫が2位、埼玉が3位。6位の茨城までが大会新を記録。区間賞は37分10秒の福島・相沢晃(東洋大)。

(1)長野  2時間17分11秒
(2)兵庫  2時間17分28秒
(3)埼玉  2時間17分34秒
(4)佐賀  2時間18分24秒
(5)静岡  2時間18分36秒
(6)茨城  2時間18分41秒
(7)熊本  2時間18分44秒
(8)三重  2時間18分50秒
(9)宮城  2時間18分50秒
(10)千葉  2時間19分10秒
(11)福岡  2時間19分17秒
(12)愛知  2時間19分35秒
(13)京都  2時間19分38秒
(14)福島  2時間19分42秒
(15)群馬  2時間19分43秒
(16)広島  2時間19分53秒
(17)北海道 2時間19分55秒
(18)鳥取  2時間20分25秒
(19)東京  2時間20分28秒
(20)滋賀  2時間20分28秒
(21)鹿児島 2時間20分28秒
(22)長崎  2時間20分33秒
(23)山口  2時間20分38秒
(24)秋田  2時間20分39秒
(25)宮崎  2時間20分50秒
(26)栃木  2時間21分18秒
(27)福井  2時間21分21秒
(28)山形  2時間21分22秒
(29)岡山  2時間21分27秒
(30)大阪  2時間21分30秒
(31)富山  2時間21分33秒
(32)岐阜  2時間21分34秒
(33)神奈川 2時間21分41秒
(34)山梨  2時間21分46秒
(35)新潟  2時間21分53秒
(36)愛媛  2時間22分15秒
(37)大分  2時間22分19秒
(38)和歌山 2時間22分34秒
(39)青森  2時間23分47秒
(40)徳島  2時間23分59秒
(41)石川  2時間24分01秒
(42)奈良  2時間24分34秒
(43)島根  2時間24分45秒
(44)岩手  2時間25分41秒
(45)高知  2時間25分50秒
(46)香川  2時間26分38秒
(47)沖縄  2時間27分25秒



男子・コースおよび区間距離

全国男子駅伝では、1・4・5区を高校生、2・6区を中学生、3、7区を社会人・大学生が走る。平和記念公園前を出発、平和大通り、宮島街道を西進し、JR前空駅東(廿日市市大野)を折り返し、平和大通り、城南通りを経由、平和記念公園前を決勝とする7区間、48.0kmのコース

<7区間:48.0km>
第1区:7.0km 平和記念公園前 – 広電井口駅東(高校生)
第2区:3.0km 広電井口駅東 – 海老園交差点(中学生)
第3区:8.5km 海老園交差点 – 宮島口ロータリー(社会人・大学生)
第4区:5.0km 宮島口ロータリー-(JR前空駅東折り返し)-JR阿品駅南(高校生)
第5区:8.5km JR阿品駅南 – 広島工大高前(高校生)
第6区:3.0km 広島工大高前 – 草津橋(中学生)
第7区:13.0km 草津橋-(平和大通り-城南通り経由)-平和記念公園前(社会人・大学生)



男子・歴代優勝チーム一覧

<大会・優勝・優勝タイム>
※第4回大会までは7区間47km
※第5回大会以降は7区間48km
1 1996年 広島 2時間17分34秒
2 1997年 京都 2時間16分36秒
3 1998年 福岡 2時間18分15秒
4 1999年 兵庫 2時間16分50秒
5 2000年 鹿児島 2時間19分52秒
6 2001年 愛知 2時間20分07秒
7 2002年 福岡 2時間19分54秒
8 2003年 福岡 2時間19分06秒
9 2004年 長野 2時間20分08秒
10 2005年 長野 2時間20分02秒
11 2006年 長野 2時間20分23秒
12 2007年 兵庫 2時間19分40秒
13 2008年 長野 2時間21分06秒
14 2009年 長野 2時間18分43秒
15 2010年 兵庫 2時間20分02秒
16 2011年 栃木 2時間19分31秒
17 2012年 兵庫 2時間20分19秒
18 2013年 兵庫 2時間19分51秒
19 2014年 長野 2時間19分20秒
20 2015年 埼玉 2時間19分14秒
21 2016年 愛知 2時間20分13秒
22 2017年 長野 2時間19分9秒
23 2018年 埼玉 2時間19分10秒
24 2019年 福島 2時間19分43秒
25 2020年 長野 2時間17分11秒



テレビ・ラジオ中継予定

<女子>2020年1月12日(日)生中継
・NHK総合テレビ 12時15分~
・NHKラジオ第1 12時15分~

<男子>2020年1月19日(日)生中継
・テレビ NHK総合 12時15分~
・ラジオ RCC発 全国38局ネット 12時15分~

インターネット中継(無料)

<男女ともにNHK特別サイトがライブ配信>
・1ch … 1号車の映像
・2ch … 2号車の映像
・3ch … バイクの映像
・4ch … 中継所の映像

スポンサー リンク