【スラッガー】県立岐阜商業・廣部嵩典 兄の就平は秀岳館で活躍/兄弟揃って鍛治舎監督と甲子園へ

県立岐阜商業・廣部嵩典 兄の就平は秀岳館で活躍/期待のスラッガー

県立岐阜商業・広部嵩典は、将来性豊かな注目のスラッガーとして注目したい。身長165センチながら、そのガッチリとした体格からのフルスイングで、本塁打を量産中だ。

あの森友哉(大阪桐蔭-西武ライオンズ)を彷彿とさせる、豪快なスイングには目を奪われる。好きな野球選手は、森友哉という。

「鍛治舎監督」と「広部」といえば、ピンと来る人も多いかもしれない。兄は、熊本・秀岳館で3季連続甲子園4強に進出した広部就平(現在は中部学院大学で活躍中)である。

※鍛治舍巧監督は、秀岳館(熊本)に2014年4月に就任し、3年目の16年春から4季連続甲子園出場。16年春から17年春まで3大会連続で4強進出



廣部嵩典(県立岐阜商業)プロフィール・出身・経歴

読み方:ひろべたかのり
誕生日:2003年5月14日
50mタイム:6.5秒
出身中学:岐阜市立東長良中学校
趣味:映画鑑賞
好きな野球選手:森友哉
好きな球団:巨人
将来の夢:野球に関わる仕事
好きな食べ物:焼肉
苦手な食べ物:ウインナー
好きなタレント:出川哲朗
ニックネーム:べーちゃん

スポンサー リンク