【注目選手 2019年版】高校野球界で活躍が期待される「1・2年生ベストナイン」

2019年 活躍期待の「1・2年生ベストナイン」

日刊スポーツが、スカウトなどから取材した内容から、2019年・第101回大会で活躍が期待される「1、2年生ベストナイン」を選出。2018年の夏の甲子園は大阪桐蔭が優勝。この大会は、創志学園の西純矢、星稜の奥川恭伸などの下級生の活躍も目立つ大会だった。

1、2年生ベストナイン

投手 創志学園 西純矢(2年)
最速150キロの直球、変化球のキレともに超高校級で、来秋ドラフト1位候補。

捕手 近江 有馬諒(2年)
4投手をリードし、インサイドワークと冷静な判断は◎。打撃ではサヨナラ打も放った。

一塁手 横浜 内海貴斗(2年)
名門で5番を任され、ランニング本塁打をマーク。長打と確実性備える。

二塁手 智弁和歌山・黒川史陽
今夏は初戦敗退で1安打も、センバツで発揮した勝負強さはピカイチ。

三塁手 常葉大菊川(静岡)伊藤勝仁(2年)
3試合連続マルチ安打を放ち、近江戦では左翼に1発を放った。

遊撃手 花咲徳栄 韮沢雄也(2年)
4番野村の前の3番を任され、抜群のバットコントロールで2試合連続安打。

外野手 山梨学院・野村健太(2年)
高知商戦で左翼席中段付近への特大の1発をマーク。右の長距離砲で期待。

外野手 花咲徳栄・井上朋也(1年)
初戦の鳴門戦で決勝打。夏の甲子園の時点で高校通算9本塁打を放ち、世代屈指の大砲。

外野手 作新学院(栃木)横山陽樹(1年)
甲子園からベンチ入り。1番で起用され、大阪桐蔭・柿木から2安打を放った。

「スポンサーリンク」

その他の注目選手・投手・捕手・内野手・外野手

投手・右腕
星稜・奥川恭伸(2年)
星稜・寺西成騎(1年)
日大三・井上広輝(2年)
日大三・広沢優(2年)
木更津総合・根本太一(2年)
木更津総合・篠木健太郎(1年)
佐久長聖・北畑玲央(2年)
羽黒・篠田怜汰(2年)
明石商・中森俊介(1年)

投手・左腕
近江・林優樹(2年)
横浜・及川雅貴(2年)
興南・宮城大弥(2年)
鳴門(徳島)西野知輝(2年)

捕手
星稜・山瀬慎之助(2年)
日大三・佐藤英雄(2年)
智弁和歌山・東妻純平(2年)
浦和学院・畑敦巳(2年)
慶応・善波力(2年)
二松学舎大付・山田将義(1年)
山梨学院・栗田勇雅(1年)

内野手
浦和学院・中前祐也(2年)
智弁和歌山・西川晋太郎(2年)
興南・勝連大稀(2年)
星稜・内山壮真(1年)
近江・土田龍空(1年)
高知商・西村貫輔(1年)

外野手
花咲徳栄・橋本吏功(2年)
龍谷大平安・水谷祥平(2年)
木更津総合・太田翔梧(2年)
明石商・来田涼斗(1年)
済美(愛媛)山田響(1年)

スポンサー リンク