【ドラフト候補】大阪桐蔭 池田陵真 U15日本代表主将で世界一、次世代のTOINを引っ張る逸材【2021年ドラフト候補】

大阪桐蔭 池田陵真 U15日本代表主将で世界一

タレント集団の大阪桐蔭メンバーで、とりわけ輝きと存在感を放つのが池田陵真(2年)だ。

2019年に大阪桐蔭に入学した現在の2年生には、U15日本代表(2018)が5人揃う。当時日本代表では、キャプテンを務め、チームを世界一に導いた。中学時代の守備位置は、捕手。W杯では、外野手として起用。アピールポイントは「フルスイング、長打力、足の速さ」という。

2020年夏は、2年生ながらレギュラーメンバーとして活躍し、その鍛え上げられたパンパンな肉体から鋭いライナーを飛ばす。次世代の大阪桐蔭を引っ張る存在として、今後より一層注目を集めそうな逸材である。



池田陵真(大阪桐蔭)プロフィール・出身・経歴

読み方:いけだりょうま
誕生日:2003年8月24日
50mタイム:6.3秒
出身中学:和泉市立和泉中学校
所属チーム:忠岡ボーイズ
趣味:筋トレ
好きな野球選手:森友哉
好きな球団:西武
将来の夢:一億円プレイヤー
好きな食べ物:いちご
苦手な食べ物:きのこ
好きなタレント:中条あやみ
ニックネーム:池D

スポンサー リンク