【ドラフト候補】大阪桐蔭 池田陵真 U15日本代表主将で世界一、次世代のTOINを引っ張る逸材【2021年ドラフト候補】

大阪桐蔭 池田陵真 U15日本代表主将で世界一

タレント集団の大阪桐蔭メンバーで、輝きを放つのが池田陵真(2年)だ。

2018年のU15日本代表メンバーでは、キャプテンを務め、チームを世界一に導いた。中学時代の守備位置は、捕手。W杯では、外野手で起用された。アピールポイントは「フルスイング、長打力、足の速さ」。

2019年に大阪桐蔭に入学した1年生には、U15日本代表が5人揃う。この中にあって、1年生の秋からレギュラーメンバーとして活躍する池田陵真は、次世代の大阪桐蔭を引っ張る存在としても、今後より一層注目を集めそうな逸材。

2021年のドラフト候補としても、プロ野球界から熱視線を送られそうだ。

前田健太を輩出した忠岡ボーイズ出身(大阪)出身。



池田陵真(大阪桐蔭)プロフィール・出身・経歴

読み方:いけだりょうま
誕生日:2003年8月24日
50mタイム:6.3秒
出身中学:和泉市立和泉中学校
所属チーム:忠岡ボーイズ
趣味:筋トレ
好きな野球選手:森友哉
好きな球団:西武
将来の夢:一億円プレイヤー
好きな食べ物:いちご
苦手な食べ物:きのこ
好きなタレント:中条あやみ
ニックネーム:池D
秋の打率:.472
秋の本塁打:0

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎組み合わせ日程・大会スケジュール
▶︎甲子園周辺ホテル予約 ▶︎チケット情報
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク