【阪神 2位】JR東日本 伊藤将司 横浜高校時代は松井裕樹に投げ勝ち甲子園へ(国際武道大学出身)

JR東日本 伊藤将司 横浜高校時代は松井裕樹に投げ勝ち甲子園へ(国際武道大学出身)

JR東日本の伊藤将司は、2020年ドラフト会議で阪神タイガースから2位指名を受けた。最速146キロをストレートを持ち、制球力が高さが光るサウスポーとして注目される。

千葉県横芝光町出身で、名門・横浜高校に進学。横浜高校時代の2年夏には、準々決勝で桐光学園・松井裕樹(楽天イーグルス)に投げ勝ち、夏の甲子園に出場した。また、横浜高校時代には神奈川大会で19者連続奪三振を記録している。

当時のチームメートでは浅間、高浜が高卒で日本ハム入りし、祖父が元監督の渡辺佳も明治大学から楽天入りしている。

その後、国際武道大学へ進学し、大学3年春に千葉県大学リーグで奪三振王に輝いた。また、全日本大学選手権では3・4年時に準優勝し、2・3年時には大学日本代表に選出された経験を持つ。

【選手プロフィール】
JR東日本・伊藤将司(いとう・まさし)
ポジション:投手
出身地:千葉県横芝光町
球歴:横芝中ー横浜ー国際武道大
生年月日:1996・5・8
身長/体重:178cm/85kg
投打:左左
50m:8.0秒
遠投:110m
目標:柳裕也



阪神 ドラフト会議2020

 [指名順位・名前・高校大学・守備]
1位  佐藤輝明  近大       内
2位  伊藤将司  JR東日本    投
3位  佐藤蓮   上武大      投
4位  栄枝裕貴  立命大      捕
5位  村上頌樹  東洋大      投
6位  中野拓夢  三菱自動車岡崎  内 
7位  高寺望夢  上田西      内
8位  石井大智  四国IL高知   投
————育成———————————–
1位  岩田将貴  九産大      投
【ドラフト会議2020年 新人選手の契約金/年俸】

スポンサー リンク