【注目選手】旭川大雪ボーイズ出身・松浦慶斗が大阪桐蔭へ進学、最速138キロ左腕

旭川大雪ボーイズ・松浦慶斗が大阪桐蔭へ、最速138キロ

北の大地から大阪桐蔭 野球部へ2019年春に進学するのは、旭川大雪ボーイズ出身の左腕・松浦慶斗だ。

身長184センチ・88キロの最速138キロ左腕。

父の松浦吉仁氏は、北海高校で2度甲子園に出場。その後、社会人野球の日本製紙で活躍後、同社石巻野球部監督も務めたという。

松浦慶斗は、2003年7月1日、宮城・石巻市生まれ。小学校2年で北海道の旭川市へ移った。

小学6年生時代には、日本ハムファイターズジュニア入りし、中学1年で日本代表としてカル・リプケン12歳以下世界大会に出場、決勝の米国戦など3戦に登板し、世界制覇した。

長身左腕にして、武器は最速138キロのストレート。さらには、カーブ、スライダー、フォーク、スプリットと多彩な変化球を持つという。

【動画】松浦慶斗・旭川大雪ボーイズ


「スポンサーリンク」

松浦慶斗(まつうら・けいと)プロフィール

2003年7月1日、宮城・石巻市生まれ。小学2年生で旭川へ。
左投左打。184センチ、88キロ。血液型A。
旭川明星中学出身
父は北海高校で二度甲子園、元日本製紙石巻野球部監督
母の妹の古谷理江さんの次男は福岡ソフトバンク・古谷優人投手。
江陵高時代に最速154キロを計測し、16年ドラフトで2位指名。

「スポンサーリンク」

スポンサー リンク