【ドラフト候補】大阪桐蔭 松浦慶斗 世代No.サウスポー(父は北海高校出身)

大阪桐蔭 松浦慶斗 世代No.サウスポー(父は北海高校出身)

センバツ2021 大阪桐蔭 松浦慶斗(3年)は、美しくしなやかな投球フォームから最速150キロのストレートを誇る大型サウスポー投手。ドラフト会議では、上位指名候補としてリストアップされる大阪桐蔭のエース。

※学年=2021年度(大阪桐蔭メンバー特集

【注目のポイント】
・最速150キロを誇る世代No.1サウスポー。勝負どころとなる試合(局面)でマウンドを託される機会が多く、西谷監督が絶大な信頼を寄せる。

・センバツ2021につながる秋季大阪大会では、準決勝・履正社戦、決勝・東海大大阪仰星戦で2試合連続完投勝利。近畿大会では大事な初戦で先発し、その後は、勝てば選抜当確となる準々決勝の天理戦でも完投勝利をおさめた。

・2年生で出場した甲子園交流試合(東海大相模戦)では、2-2の8回から登板(甲子園初マウンド)。2回無安打無失点の投球で、8回裏のチームの勝ち越しを呼び込む好投を見せた。

・宮城県石巻市生まれ。石巻門脇小学校1年生の時に、東日本大震災で被災。その後、父の仕事の関係で、小学校2年時に北海道の旭川市へ転居した。

・小学校6年生時には、日本ハムジュニアに選出。中学1年では日本代表として、カル・リプケン12歳以下の世界大会に出場。決勝・米国戦など3戦に登板し、世界制覇に貢献した。

・父の松浦吉仁(よしと)さんは、北の名門・北海高校で1988年春、1989年夏に甲子園出場。その後、社会人野球・日本製紙で活躍後、同社石巻野球部の監督も務めた。また、母の妹の古谷理江さんの次男は、ソフトバンク・古谷優人投手である。



松浦慶斗のプロフィール

・身長体重:185/94
・血液型:A
・誕生日:03.7.1
・50mタイム:6.2
・遠投:90
・出身中学:旭川市立明星
・出身チーム:旭川大雪ボーイズ
・趣味:漫画
・好きな選手・球団:仲三河優太・日本ハム
・将来の夢:1億円プレイヤー
・好きな食べ物:オムライス
・嫌いな食べ物:にんじん
・好きなタレント:小芝風花
・ニックネーム:う〜ら