【ドラフト候補】横浜高校・松本隆之介・最速152キロの大型長身左腕|U18日本代表候補選出も

横浜高校の長身左腕・松本隆之介 最速152キロ

※ドラフト会議に向けてプロ志望届を提出(9月4日)

名門・横浜高校の大型左腕・松本隆之介(3年)。2019年夏から7キロアップの84キロに増量し、2020年夏前には、最速は152キロに到達するなど、プロ注目のドラフト候補だ。

戸塚リトルシニア出身。横浜高校では、1年生春からマウンドを経験し、当時最速145キロを投げ、大きな注目を集めた。

2019年のU18高校日本代表の1次候補として、2年生ながら選出された逸材。1次候補合宿では、大船渡・佐々木から「体重を増やした方がいい」とのアドバイスを受け、増量。結果、2019年6月には自己最速の147キロをマーク。

2020年6月6日(土)には、松本に加えて、チームメイト3名:木下幹也(右腕)・度会隆輝(野手)に対して、阪神、西武などプロ3球団のスカウトが視察している。



高校最後の夏・準々決勝 横浜 6-7 三浦学苑

夏の神奈川大会(独自大会)準々決勝:横浜 6-7 三浦学苑(2020年8月16日)

最後の夏は、準々決勝・三浦学苑戦で、6点差をひっくり返され逆転負けのゲームとなった。松本は、5回4安打1失点の好投を見せたが、その後、6回から152キロ右腕・木下幹也投手(3年)が救援も6回に5失点で追いつかれ、7回に失策が絡んで決勝点を許した。

松本隆之介プロフィール(出身・誕生日など)

松本隆之介(まつもと・りゅうのすけ):2002年7月31日生まれ、神奈川県出身。

小1から野球を始める。中学時代は戸塚シニアで全国大会出場。横浜では1年春からベンチ入り。2年春に甲子園出場し、同年高校日本代表1次候補入り。1メートル88、84キロ。左投げ左打ち。

スポンサー リンク