【ドラフト候補】県立岐阜商業 高木翔斗 強肩捕手・投手も兼ねる二刀流

県立岐阜商業 高木翔斗 強肩捕手・投手も兼ねる二刀流

センバツ2021年 県立岐阜商業・高木翔斗(3年)は、チームの主将・捕手・4番を務めるキーマンだ。大型強肩捕手として、ドラフト候補としても注目される。

※学年=2021年度(県立岐阜商業メンバー特集

【注目のポイント】
・身長186センチ、体重90キロの体格を持ち、高校1年生秋から正捕手2年時には、”投手”としてマウンドに立つ機会もあるなど強肩”を持つ。

・2020年夏に行われた大阪桐蔭との練習試合で、左腕・松浦慶斗から2本塁打を放ち、プロ野球スカウトを驚愕させた。スイングスピードは、高校トップクラスの149キロを計測する。

・鍛冶舎監督「体が強いし、ケガもない。性格も素直で、飲み込みも早く将来性があります。大舞台にも強く、これからどこまで伸びるのか本当に楽しみです」と評価する。

・小学6年生の時は「中日ドラゴンズジュニア」に選出され、NPB12球団ジュニアトーナメントでは優勝。中学時代は、軟式クラブチームの岐阜フェニックスに所属した。



高木翔斗のプロフィール

・身長体重:186/90
・血液型:O
・誕生日:03.8.12
・50mタイム:6.8
・遠投:95
・出身中学:垂井町立北
・出身チーム:岐阜フェニックス
・趣味:温泉巡り
・好きな選手・球団:亀井善行・巨人
・将来の夢:プロ野球選手
・好きな食べ物:海鮮丼
・嫌いな食べ物:パプリカ
・好きなタレント:陣内智則
・ニックネーム:しょうと