【ドラフト候補】明石商業・来田涼斗「恐怖のリードオフマン」強打・俊足・強肩の高校野球界の新スター

明石商業 来田涼斗「恐怖のリードオフマン」

2020年に最も熱い視線が注がれる男、明石商業・来田涼斗(3年・主将)。

リードオフマン・来田が打席に入ると、「キタがキタ」とついつい呟いてしまいたくなるほど、そのオーラ・存在感の強さは、スター性に溢れる

50m5.9秒の俊足と強肩、抜群の打撃センスを併せ持ち、センバツ前の高校通算本塁打数は29本を誇る。

プロ野球界もドラフト上位候補としてリストアップする走攻守の3拍子が揃った好選手だ。



鮮烈な記録と記憶、スター性溢れる男

ドラフト上位候補にあがるエース中森俊介(3年)と来田は、2019年の明石商業・春夏甲子園4強の立役者だ。

2019年春のセンバツ・智辯和歌山戦では、先頭打者弾とサヨナラ弾を放つなど、高校野球ファンに鮮烈な記憶を残した。

来田は、センバツで2本塁打、甲子園通算3本塁打を放っており、今回のセンバツでは、PL学園・清原、上宮・元木のセンバツ個人通算最多本塁打記録(4本)の更新にも期待がかかる。



兄の背中を追って1年生からリードオフマン

入学時、明石商業の野球部員は129人。この大所帯の中で1年春から1番を任された。

当時、狭間善徳監督は「1年生から1番はなかなかいない。将来のある子。経験を積んでくれたら。足も速い」と期待を示していた。狭間監督いわく、入学前には県内外の「48校から誘いが来た」と話す逸材だ。

兄の背中を追って明石商の門を叩いた。渉悟さん=日体大=の最後の夏、県大会決勝敗退を見届け「兄ちゃん、俺、明商行くわ」と当時まだ甲子園出場1度の明石商行きを宣言した。

神戸市生まれ。有瀬小1年から軟式の「明舞ネオボーイズ」で始め、長坂中では硬式「神戸ドラゴンズ」でプレー。2年夏に全国大会優勝。明石商では1年春からベンチ入り。



来田涼斗(明石商業)プロフィール・出身・経歴

読み方:きたりょうと
誕生日:2002年10月16日
50mタイム:5.9秒
出身中学:神戸市立長坂中学校
所属チーム:神戸ドラゴンズ
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:柳田悠岐
好きな球団:日本ハム
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:カレーライス
苦手な食べ物:トマト
好きなタレント:有田哲平
ニックネーム:りょーと
秋の打率:.409
秋の本塁打:0

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎組み合わせ日程・大会スケジュール
▶︎甲子園周辺ホテル予約 ▶︎チケット情報
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク