【オリックス 3位】明石商業 来田涼斗「恐怖のリードオフマン」強打俊足強肩とスター性あり

明石商業 来田涼斗「恐怖のリードオフマン」

明石商業の来田涼斗(3年・主将)2020年ドラフト会議でオリックスから3位指名を受けた。

リードオフマンの来田が打席に入ると、「キタがキタ」とついつい呟いてしまいたくなるほど、そのオーラ・存在感の強さは、スター性に溢れる。

50m5.9秒の俊足と強肩、抜群の打撃センスとパワーを併せ持ち、高校通算本塁打数は34本を誇る。

高校野球ファンの誰もが強烈な印象を刻まれているのが、2019年センバツの智辯和歌山戦の先頭打者弾とサヨナラ弾だ。

当時実況アナウンサーの名実況も記憶に新しい。

「出たーー!サヨナラホームラーン!来田のホームランに始まって、来田のホームランでこの試合が終わります。すごい2年生、来田やりました。サヨナラホームラン、明石商業、初のベスト4進出です。恐るべし、スーパー2年生 来田

明石商業では、1年夏から3季連続で甲子園に出場し、9試合で打率.371、3本塁打、9打点を記録。センバツでは2本塁打、甲子園通算では合計「3本塁打」を放っている。



兄の背中を追って1年生からレギュラーで活躍

小学時代には「オリックスJr」でプレー、長坂中では「神戸ドラゴンズ」で中学2年夏に全国優勝を果たしている。

高校進学にあたり「明石商業」を選んだのには兄の存在がある。来田渉悟さん(日体大へ進学)の最後の夏、兵庫県大会の決勝での敗退を見届け、「兄ちゃん、俺、明商行くわ」と宣言したという。

その後、明石商業へ入学。狭間監督いわく、入学前には県内外の「48校から誘いが来た」という。

入学当時、明石商業の野球部員は129人。この大所帯の中で、1年春から1番を任されてきた。当時、狭間善徳監督は「1年生から1番はなかなかいない。将来のある子。経験を積んでくれたら。足も速い」と期待をかけていた。



来田涼斗(明石商業)プロフィール・出身・経歴

読み方:きたりょうと
誕生日:2002年10月16日
50mタイム:5.9秒
出身中学:神戸市立長坂中学校
所属チーム:神戸ドラゴンズ
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:柳田悠岐
好きな球団:日本ハム
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:カレーライス
苦手な食べ物:トマト
好きなタレント:有田哲平
ニックネーム:りょーと

【オリックスドラフト会議2020年】
 [指名順位・名前・高校大学・守備]
1位  山下舜平大 福大大濠     投
2位  元謙太   中京       外
3位  来田涼斗  明石商      外
4位  中川颯   立大       投
5位  中川拓真  豊橋中央     捕
6位  阿部翔太  日本生命     投
————育成———————————–
1位  川瀬堅斗  大分商      投
2位  辻垣高良  学法福島     投
3位  宇田川優希 仙台大      投
4位  釣寿生   京都国際高    捕
5位  佐野如一  仙台大      外
6位  古長拓   BC福島     内

【ドラフト会議2020年 指名結果一覧】

スポンサー リンク