【ドラフト候補】大分商業 川瀬堅斗 最速147キロを誇る超本格右腕/兄はソフトバンク川瀬晃

ドラフト候補 大分商業 川瀬堅斗

2020年のドラフト候補・大分商業の川瀬堅斗(3年・主将)。

センバツ屈指の好投手として、プロ野球界も大きな関心を寄せる本格派右腕だ。

最速は147キロ。身長183センチ、80キロの体格を持ち、力強いピッチングが持ち味。

2019年の秋の九州大会では、決勝戦前までの1回戦から4日間で3戦連続で完投。計28回・459球で30奪三振、防御率1.93と安定感がある。

ちなみに、川瀬は、中3秋に交通事故で頭蓋骨骨折などの大けがを負い、生死の淵をさまよったという。1年前の秋には、腰の疲労骨折を経験。



兄はソフトバンクの川瀬晃(大分商業OB)

兄に、ソフトバンク内野手の川瀬晃(大分商業OB)を持つ。川瀬は、5歳年上の兄・晃の兄の背中を追って、小学生時代に大分商業のグラウンドの訪れ、渡邉監督から「大商に来て一緒に甲子園に行こう」とラブコールを送られた。

また、2019ドラフト会議で、広島カープからドラフト1位指名された森下暢仁投手(大分商業→明治大学)の後輩にあたる。兄・晃と同学年でエースだった森下からは、過去に直接投球のアドバイスを受けるなどしてきた。



川瀬堅斗(大分商業)プロフィール・出身・経歴

読み方:かわせけんと
誕生日:2002年6月18日
50mタイム:7.0秒
出身中学:大分市立賀来中学校
所属チーム:湯布院ボーイズ
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:森下暢仁
好きな球団:ソフトバンク
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:麺類
苦手な食べ物:茄子
好きなタレント:有田哲平
ニックネーム:けんと
秋の打率:.406
秋の本塁打:0

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)



47都道府県の試合日程・結果・特集ページ

▶︎高校球児の進路・進学先 2020年(更新中)
▶︎夏の甲子園2020年・日程スケジュール
東北大会 関東大会 北信越大会 東海大会
近畿大会 中国大会 四国大会 九州大会
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井 静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 鳥取 広島 島根 山口 香川 愛媛 徳島 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スポンサー リンク