【オリックス育成1位】大分商業 川瀬堅斗 年俸240万・支度金300万(兄はソフトバンク川瀬晃)

大分商業 川瀬堅斗 オリックスドラフト育成1位

大分商業の川瀬堅斗(主将)は、2020年ドラフト会議でオリックスから育成1位指名を受けた。年俸240万・支度金300万・背番号011で合意。

身長183センチ・80キロの体格を持ち、最速147キロの力のあるストレートが持ち味の本格右腕である。

5歳年上の兄は、ソフトバンク内野手の川瀬晃。兄も大分商業出身で、同級生には、2019ドラフト会議で広島カープからドラフト1位指名された森下暢仁(大分商業→明治大学)がいる。森下からは、過去に直接投球のアドバイスを受けたことも。

センバツ出場がかかる2019年の秋季九州大会では、決勝戦前までの1回戦から4日間で3戦連続で完投。計28回459球をなげ、30奪三振・防御率1.93と安定感を見せた。

中3秋に交通事故で頭蓋骨骨折などの大けがを負い、生死の淵をさまよったことがある。



川瀬堅斗(大分商業)プロフィール・出身・経歴

読み方:かわせけんと
誕生日:2002年6月18日
50mタイム:7.0秒
出身中学:大分市立賀来中学校
所属チーム:湯布院ボーイズ
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:森下暢仁
好きな球団:ソフトバンク
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:麺類
苦手な食べ物:茄子
好きなタレント:有田哲平
ニックネーム:けんと



オリックス ドラフト会議2020

 [順位・背番号・名前・契約金/年俸・守備・出身]
1位  山下舜平大 8000万/700万(投・福大大濠)背番号12
2位  元謙太   6000万/650万(外・中京)背番号27
3位  来田涼斗  5000万/500万(外・明石商)背番号38
4位  中川颯   5000万/900万(投・立大)背番号37
5位  中川拓真  3000万/450万(捕・豊橋中央)背番号62
6位  阿部翔太  2500万/880万(投・日本生命)背番号45
————育成———————————–
1位  川瀬堅斗  300万/240万(投・大分商)背番号011
2位  辻垣高良  300万/240万(投・学法福島)背番号012
3位  宇田川優希 300万/240万(投・仙台大)背番号013
4位  釣寿生   300万/240万(捕・京都国際高)背番号014
5位  佐野如一  300万/240万(外・仙台大)背番号015
6位  古長拓   300万/240万(内・BC福島)背番号016

【ドラフト会議2020年 新人選手の契約金/年俸】

スポンサー リンク