【ヤクルト1位】慶應大学 木澤尚文 年俸1400万・契約金9千万・背番号20(千葉出身・慶應義塾高校)

慶應大学 木澤尚文 ケガを克服し最速155キロ(千葉県出身・慶應義塾高校)

慶應大学・木澤尚文(きざわ・なおふみ)は、2020年ドラフト会議でヤクルトスワローズから1位指名を受けた。入団交渉の結果、契約金9000万・年俸1400万・背番号20に決まった。

慶應義塾高校時代は、3年の春に右肘を故障し、進学後も怪我のリハビリで苦しんだ。その後、高校時代は143キロだった最速を、155キロまで伸ばした。

千葉県船橋市出身で、小6年時にロッテジュニアに選出され、藤平(横浜高校ー楽天)らと12球団ジュニアトーナメントを制覇した経験を持つ。中学時代は「八千代中央シニア」に所属。その後、慶應義塾高校から慶應大学に進学した。

【選手プロフィール】
慶應大学・木澤尚文(きざわ・なおふみ)
ボジション:投手
出身地:千葉県船橋市
球歴:八千代中央シニアー慶応
生年月日:1998・4・25
身長/体重:182cm/81kg
投打:右右
50m:6.1秒
遠投:100m
目標:千賀滉大



ヤクルト ドラフト会議2020

 [順位・背番号・名前・契約金/年俸・守備・出身]
1位 20 木沢尚文    9000万/1400万(投・慶大)
2位 21 山野太一    7000万/1100万(投・東北福祉大)
3位 33 内山壮真    5000万/580万(捕・星稜)
4位 06 元山飛優    4000万/750万(内・東北福祉大)
5位 00 並木秀尊    3300万/750万(外・独協大)
6位 67 嘉手苅浩太 2300万/500万(投・日本航空石川)
————育成———————————–
1位 019 下慎之介  320万/280万(投・健大高崎)
2位 023 赤羽由紘  320万/280万(内・BC信濃)
3位 022 松井聖   320万/280万(捕・BC信濃)
4位 017 丸山翔大  320万/280万(投・西日本工大)

【ドラフト会議2020年 新人選手の契約金/年俸】

スポンサー リンク