【ドラフト候補】智辯和歌山エース小林樹斗 最速148キロ右腕/好きな選手は奥川恭伸(星稜)

智辯和歌山エース小林樹斗 最速148キロ右腕/好きな選手は奥川恭伸(星稜)

2020年のセンバツ甲子園に出場する智辯和歌山。2017年夏、18年春夏、19年春夏に続いて6季連続の出場となる。

下級生時代から甲子園経験豊富なエースは、小林樹斗(たつと・3年)だ。最速148キロを誇る。

変化球は、2種類のスライダー、スプリット、カーブ、チェンジアップを持つ。背筋力は200キロを計測し、スクワットで170キロを持ち上げる下半身の強さを持つ。

2019年のセンバツ準々決勝では、明石商業の来田涼斗にサヨナラ本塁打。夏の甲子園では、星稜戦で先発も1点を失い途中登板という経験を持つ。

秋は本調子ではなく、登板機会もチームで2番目だったが、一冬超えての成長した姿を聖地のマウンドで魅せる。

好きなプロ野球選手は、2019夏の甲子園で激闘をともに演じた星稜の奥川恭伸。



小林樹斗(智弁和歌山)プロフィール・出身・経歴

読み方:こばやしたつと
誕生日:2003年1月16日
50mタイム:6.4秒
出身中学:美浜町立松洋中学校
所属チーム:野球部
趣味:釣り
好きな野球選手:奥川恭伸
好きな球団:阪神
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:ピザ
苦手な食べ物:エビとカニ
好きなタレント:橋本環奈
ニックネーム:ロケットランチャー
秋の打率:.571
秋の本塁打:1

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)



47都道府県の試合日程・結果・特集ページ

▶︎高校球児の進路・進学先 2020年(更新中)
▶︎夏の甲子園2020年・日程スケジュール
東北大会 関東大会 北信越大会 東海大会
近畿大会 中国大会 四国大会 九州大会
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井 静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 鳥取 広島 島根 山口 香川 愛媛 徳島 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スポンサー リンク