【ドラフト候補】大阪桐蔭 宮下隼輔 中日ドラゴンズジュニア出身の好打者

大阪桐蔭 宮下隼輔 中日ドラゴンズジュニア出身の好打者

センバツ2021 大阪桐蔭 宮下隼輔(3年)は、元中日ドラゴンズジュニア出身の好打者(右打)である。

※学年=2021年度(大阪桐蔭メンバー特集

【注目のポイント】
・センバツ2021につながる秋の公式戦では、チーム最多となる本塁打4本を記録し、甲子園出場の立役者となった。

・2020年の秋季近畿大会・天理戦では、ドラフト候補のエース達孝太から勝ち越しの3ラン本塁打を記録した。(この本塁打が高校通算8本目となる)

・大阪桐蔭では、2020年甲子園交流試合に2年生ながらベンチ入りし、スタメン出場した。

・愛知県・吉田小学校時代には「中日ドラゴンズジュニア」に選出され、NPB12球団ジュニアトーナメントでは、日本一を経験。中学3年生のときには、ボーイズジャパンで準優勝した経歴を持つ。



宮下隼輔のプロフィール

・身長体重:175/80
・血液型:A
・誕生日:03.5.9
・50mタイム:6.3
・遠投:105
・出身中学:大付市立大付南
・出身チーム:東海中央ボーイズ
・趣味:漫画
・好きな選手・球団:高橋周平・中日
・将来の夢:プロ野球選手
・好きな食べ物:もんじゃ焼き
・嫌いな食べ物:しいたけ
・好きなタレント:上戸彩
・ニックネーム:テンさん