【ドラフト候補】中京大中京・中山礼都(らいと)守備位置はショート/走攻守の3拍子揃う野手

中京大中京・中山礼都(らいと)守備位置はショート

2020年のセンバツ甲子園に出場する中京大中京。名門のショートを任される男の名は、中山礼都(3年)。

「らいと」と読む。守備位置は「ショート」。

名前の由来は、その通り右翼手の「ライト」だ。中京大中京のOBである父の同世代に、イチローや松井ら、右翼手に好選手が多かったことから命名された。守備位置は、守りの要であるショートを任される。

2019年の秋公式戦では、19試合で33打点とチームトップを誇る。高校通算本塁打数は15本。50m6.1秒の俊足を持ち、三拍子揃った野手として注目。



中山礼都(中京大中京)プロフィール・出身・経歴

読み方:なかやまらいと
誕生日:2002年4月12日
50mタイム:6.1秒
出身中学:名古屋市立沢上中学校
所属チーム:東海ボーイズ
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:坂本勇人
好きな球団:なし
将来の夢:一流のプロ野球選手
好きな食べ物:おでん
苦手な食べ物:なし
好きなタレント:なし
ニックネーム:らいと
秋の打率:.413
秋の本塁打:1

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク